ラジオが鳴ってる

この曲の表示回数 4,633

ラジオが鳴ってる 一日が始まる
窓を開けたからやっと一人きりじゃない

強い悲しみが君の手を引いて
朝靄の街駆け抜けてゆく

その逃げ足はとても速いので
とうとう僕はその姿を見失った

ラジオが鳴ってる 君の名前を呼ぶ
窓を開けてみても君のいない春

ある晴れた朝 僕のドアを開け
帰ってきたのはボロボロの君

僕は急いでバスタブに湯を張って
君をつっこんでブラシで髪をとかした

思っていたよりも君は手強いんだね
ごめんねのかわりに二人 声をあげて笑った

ラジオが鳴ってる 一日が始まる
僕らが欲しいのは今日にふさわしいミュージック
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ラジオが鳴ってる 歌手:サンタラ

サンタラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/01/16
商品番号:QQCL-32
Palm Beach

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP