6月/June

この曲の表示回数 9,438

長く暗い列車に身をまかせ ぬかる様に進む一人ぼくをのせ
くもりマドをなぞる指がぬれてる 月曜日になぜかここをおとずれる
ため息とタバコの煙が重苦しく
ねむったかと思えばみみなりをおいていき
かならず決まって月曜日アメがふる 今日も雨がふってる重い 月曜日
ハイが落ちるのもわすれて 目をうばわれるマドひきこまれ
霧でふさがれた谷を見ていると すいこまれて行くほど美しい

雨がふっているマドの外 こい緑がぼくを 追い責めたてる
吹き出る汗のせいでもなにもなく
君のせいでもなく又ぼくじゃない
あじさいはゆれる きれいに咲く
くらい列車の中 雨の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:6月/June 歌手:bloodthirsty butchers

bloodthirsty butchersの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/03/10
商品番号:KICS-90587
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP