試聴する

冬の匂い

この曲の表示回数 8,292

いつもの街に枯葉が降る
いつもの通りに明かりが灯る
地下鉄の階段を上がる音
踏みしめるペダル軋む音

ねぇ誰かが誰かの帰りを待っている
ねぇみんな誰かのもとへ帰るのに

私はどうすればいい?
君の心はもう帰らないよ
君より先に気付いてしまったから
さよならはきっとこの足跡辿って
私について来る

何ひとつ忘れないように
大きく息を吸う 耳を塞いで
記憶よ どうか逃げ出さないで
もうあんな日々は二度とは来ない

肝心なことは誰も教えてくれなくて
覚悟もないままに季節は変わるのに

私はどうすればいい?
二人はもうあの頃とは違うよ
君がもしそれを怖れているなら
さよならはきっと私がその手を引いて
ここまで連れてくる

やさしい嘘をつくあの子は今はどこ?
幸せな居場所 どこかで見つけたんだね

冬の匂いがする
目を逸らさずにつないだ手ほどくよ
君より先に一歩踏み出すよ
明日ならきっとこの足跡辿って
二人について来る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬の匂い 歌手:サンタラ

サンタラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/09/26
商品番号:QQCL-29
Palm Beach

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP