Midnight Sun

この曲の表示回数 8,965
歌手:

平松愛理


作詞:

平松愛理


作曲:

平松愛理


木陰もれる月の陽は
レモンがしぼった雫
流星の矢のナイフが
空を駆け砕いたの
いつも夜しか会えない
この恋を笑うような
禁断の果実

思いは星のよう 無限を越えていくの
静寂が深まれば もっと守ろうとするの
あなたといれば月夜の晩が水面に
はじけて私だけの
太陽になる

夜空が明るいことを
彼女には教えないで
これから悲しいことは
あの雲に浮かべよう
夜風で磨く涙は
いつの日か輝ける
秘密の宝石

嵐がきて空に稲妻がはしる日は
手をつなぐ約束思い出してくれればいい
こんなに人を愛せる気持ち ありがとう
心が溶けていくの
闇に抱かれて

思いは星のよう 無限を越えていくの
静寂が深まれば もっと守ろうとするの
二人がかわす愛ほど強く今夜を
照らすの 私たちの
太陽の場所
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Midnight Sun 歌手:平松愛理

平松愛理の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996/07/19
商品番号:PCCA-00981
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP