本当に僕は、君だけの太陽になりたかったんだ。

この曲の表示回数 6,639

君だけの太陽になりたかった
まだそんな事だけを考えてるのに
幼い笑顔が僕の世界の中心で
手を振って 背を向けて 消えて行く

二人の日々を例えたなら
結び直した糸電話
何かあるたび 震え抱き締めるだけでは
伝わらない事ばかりだったんだ

季節は僕を また追い越して 冷たい風

長い夜が明けて行く 言葉に出来ない
君の夢を見た朝は あの場所へ行こう
僕達が歩くはずだったあの道を
照らすように 太陽が昇る

明日への手紙 真夜中の嘘 写真立ての青
夕方の月 貝殻と砂 残る音の影
逢いたくて 苦しくて
それでも君に届かないから 声に乗せて歌う

「いつまでも、君を愛している」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:本当に僕は、君だけの太陽になりたかったんだ。 歌手:GENERAL HEAD MOUNTAIN

GENERAL HEAD MOUNTAINの新着情報

  •  / ♪殺してくれないか終幕は
  • 揚羽蝶 / ♪それは行き場のない夜明け
  • 鍵穴 / ♪指先から覗き込んだ世界に
  • 菜々 / ♪明けて行く空瞳を閉じれば
  • 天照 / ♪天照世界が終わってしまう前に

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-11-17
商品番号:COCP-36519
コロムビアミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP