この曲の表示回数 7,762

行き先さえ決まらないままに
街を歩いて
見たくもない半透明の空を
迎えに行こう

人波を泳げば
早まる足並みに流されては
辿り着いた この場所で
立ち尽くす僕の耳に

聞こえたのは雨
降り注ぐ日々と声
背丈よりも小さい傘に隠れては
言葉にさえ出来なかった
いつか見た夢と ただ美しい世界に続く
あの日の答えを探す僕が
水溜りに揺れては消えて繰り返す

また季節が巡ったなら
誰かが僕の元を去る
思い出せないあの歌の歌詞が
全てを物語る

雨上がりは まだ遠く
前髪を伝う水滴が 鼻先に零れる様な
どこまでも不確かな未来に
誰よりも早く 気付いた夜には
間違え続けた日々にまでも
名前を付けて部屋に飾ろう

素晴らしい答えだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:傘 歌手:GENERAL HEAD MOUNTAIN

GENERAL HEAD MOUNTAINの新着情報

  •  / ♪殺してくれないか終幕は
  • 揚羽蝶 / ♪それは行き場のない夜明け
  • 鍵穴 / ♪指先から覗き込んだ世界に
  • 菜々 / ♪明けて行く空瞳を閉じれば
  • 天照 / ♪天照世界が終わってしまう前に

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/11/04
商品番号:COCA-16300
コロムビアミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP