百八つ

この曲の表示回数 9,009

薪をつめば夜鷹が目を付け
あくびをすれば夜中に目が醒め

一息ついた
木陰にしゃがみ
煙草をのんで
おならで出した

秋の入り日はウツクしけれども
飽きた頃にはもう毛布布団冬

炬燵の中で
蜜柑の皮が
乾いて縮む
今年も終る

明け まして おめでとう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:百八つ 歌手:ハンバート ハンバート

ハンバート ハンバートの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-11-10
商品番号:UPCH-1807
ユニバーサルJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP