試聴する

赤い金魚

この曲の表示回数 10,580

あの娘が家に来て、僕のこと見てる。
魚眼レンズに映るとき僕は、きっと変な顔。

これでも、あの娘は、真っ赤な尾っぽを可愛く揺らしてる。
クチビルも赤…。

透き通ったガラスの金魚鉢は、ずっと空っぽだった。
あの時、あの娘が、偶然、僕のこと見つけてくれたのさ。

赤い赤い金魚。
水の泡の様に切ないkissをした。
「もう夏が終わるね」小さな声で言って、月の灯り見つめてる。

このまま、蒼い蒼い夜に、君が溶けてしまいそうで怖くなって、
また君を抱きしめてしまう。

プールにうかんだまあるい月が、ゆらゆら一緒に揺れてる。

赤い赤い金魚。
水の泡の様に切ないkissをした。
「ねぇ、夏が過ぎても、秋の風が吹いても、僕のそばにいてくれる?」

このまま、蒼い蒼い夜に、君が溶けてしまいそうで怖くなって、
また君を抱きしめてしまう。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:赤い金魚 歌手:小泉今日子

小泉今日子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-21
商品番号:VICL-822
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP