試聴する

僕の部屋の窓

この曲の表示回数 6,031

僕の部屋の窓には
太陽が来ないから

机のスタンドだけで 小説読んでた

僕は憶病だから
太陽が怖いから

ぼんやりと月が照らす 世界を見てる

君のことを考えてた
僕を 君を 全てを許してね
君はあの時 僕を見てた
なんにも出来ない僕を…。

僕の部屋の窓から
そっとお祈りをした

傷ついた君が何処かで 笑ってるように

僕の部屋の窓には
太陽が来ないから

退屈な教科書は もう必要ないんだ

僕は憶病だから
太陽が怖いから

ぼんやりと月が照らす この町が好き

君のことを考えてた
夜を 君を 全てを独り占め
思い出した 君はあの日
「ゴメンネ」と僕に言ったんだ

僕の部屋の窓にも
太陽が来るように

もう少しだけ僕が 強いといいな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:僕の部屋の窓 歌手:小泉今日子

小泉今日子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-21
商品番号:VICL-822
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP