ひとつひとつの思い出の中に

この曲の表示回数 5,198

ひとつひとつの思い出の中に 君がいること それがうれしい
いくつもの季節を越えて いろんな涙と笑顔 抱きしめて

かなえられる夢 いくつ あるの
時は永遠じゃないと 知ってる

屋上で空を見た あの日
胸の鼓動 こみあげた気持ち

とまどいながら傷つきながら それでも失くせないものがある
いつの日か 誇れるものを 一緒に見つめよう この街角で

ちょっとしたことを つらく 思う
心がゆるんで 弱く なるとき

わかりあえることより 他に
強くなれるものなどないから

ひとつひとつの思い出の中に 君がいること それがうれしい
いくつもの季節を越えて いろんな涙と笑顔 抱きしめて

心がきしむ夜 君はいつも言ってくれる
あるがままでいいと 瞳 ゆるがせずに

とまどいながら傷つきながら それでも失くせないものがある
いつの日か 誇れるものを 一緒に見つめよう この街角で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとつひとつの思い出の中に 歌手:金田一一(松野太紀)

金田一一(松野太紀)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-08-26
商品番号:WPC6-8481
ダブリューイーエー・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP