歩く

この曲の表示回数 42,915
歌手:

安藤裕子


作詞:

安藤裕子


作曲:

安藤裕子


心が きっと幼いんでしょう
あなたのこと知ろうともせず 見誤っていた
傷を付けることにだけ長けて
牙をむけば 安らぐように

走り出し 落ちかけた夕陽を追う
溶けるように連なった 景色を超えて
音のない部屋の中何かが欠けてる

そして

あなたの残したものを見つけ 胸に抱く
今日はこれに名を付け 抱いて眠ろうと
そして登る朝日に そっとキスを送り
いつも通りの笑顔で きっと始めようと

あなたが私に教えてくれた 多くのこと
今になって甦ってくる
顔が少し似始めたようで
鏡を見て 笑ってみせる

振り返り手を伸ばす 時を掴まえて
抱きしめて 抱きしめて 叫んでみても
揺るがない壁の中 私は泣いてる?

決して

あなたを忘れないと 強く胸に刻み
あなたの名を想っては 明日を迎えよう
やがて空は動いて そっと星を降らす
終わる今日を流して 夜は走り去る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:歩く 歌手:安藤裕子

安藤裕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-08
商品番号:CTCR-14683
cutting edge

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP