LIVE REPORT

グッドモーニングアメリカ ライヴレポート

グッドモーニングアメリカ ライヴレポート

【グッドモーニングアメリカ ライヴレポート】 『活動休止前ワンマンツアー 「また会えるよね」』 2020年1月17日 at TSUTAYA O-EAST

2020年01月17日@TSUTAYA O-EAST

撮影:watanabe'kool'syo/取材:田山雄士

2020.01.20

グッドモーニングアメリカの『活動休止前ワンマンツアー 「また会えるよね」』。その東京編、渋谷TSUTAYA O-EAST公演が1月17日(金)に行なわれた。O-EASTと言えば、グドモにとって数々の思い出深い公演を実施してきたハコだけれど、今回はまさかの活動休止前ラストツアー...本当にバンドというのは何が起こるか分からない。後悔を残すことなくその勇姿を目に焼き付けようと、会場には満員のオーディエンスが詰め掛けた。

まずはこれまでの感謝を伝えるアナウンスとともに、たなしん(Ba&Cho)が1Fフロアー後方から懐かしのロボットコスでイン。活休が決まっていようとあくまで自分たちらしく、4人は全身全霊のパフォーマンスを終始見せつけてくれた。1曲目「空ばかり見ていた」から会場の熱気は凄まじく、エモさひしめく特大シンガロングとクラウドサーフが爆誕! バンドも負けじと伸びやかなヴォーカルやタフなリズムで応酬する中、“ヤバすぎる!!”と渡邊幸一(Gu&Cho)は興奮して話し、“知ってる顔がいっぱいいて嬉しい。泣いたりしないスタンスでやっていくから”と金廣真悟(Vo&Gu)も込み上げた想いを覗かせる。

渡邊が語った通り、言いたいことは全て曲が表わしている。「言葉にならない」では《出会えて良かった》、「一陽来復」なら《思う様にいかない事ばかりさ》。そんな歌詞に胸打たれる瞬間の連続で、インディー初期のナンバーを含めた歴代の楽曲を畳み掛ける一方で、たなしんの“ファイヤー!”、ペギ(Dr&Cho)のMC(グドモは長く付き合ったけど結婚しないカップルみたいな感じ)が場を明るくもする。

そんな中、「そして今宵は語り合おう」で2015年の日本武道館公演の絶景を再現したスマホでのライトサプライズ、「未来へのスパイラル」では割れんばかりの大合唱がファンから餞のように贈られ、たまらない表情を見せたメンバー。“また戻ってきたときに笑顔で楽しくやれたらいいなと思ってます”という金廣の言葉、最新曲「フルスロットル」での前を向こうとする姿勢を信じて、いつか戻ってくる日を待ちたい。

撮影:watanabe'kool'syo/取材:田山雄士

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ:ギターロック、メロコアなどを融合した音楽性、圧倒的なライヴパフォーマンスによって急激に注目度を高め、13年5月に発表したメジャーデビュー作でもある1stフルアルバム『未来へのスパイラル』がオリコンチャート11位を記録。15年11月には初の日本武道館公演を成功させ、18年はバンド結成10周年アニバーサリー企画『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』を打ち立て、さまざまな企画にトライしている。

アクセスランキングDAILY

  1. I LOVE...

    Official髭男dism

  2. 紅蓮華

    LiSA

  3. Pretender

    Official髭男dism

  4. 白日

    King Gnu

  5. どろん

    King Gnu

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成