LIVE REPORT

BUCK-TICK ライヴレポート

BUCK-TICK ライヴレポート

【BUCK-TICK ライヴレポート】 『THE DAY IN QUESTION 2019』 2019年12月29日 at 国立代々木競技場第一体育館

2019年12月29日@国立代々木競技場第一体育館

撮影:田中聖太郎写真事務所/取材:大窪由香

2020.01.10

2001年の12月29日から毎年日本武道館で行なってきたBUCK-TICKの年末恒例ライヴ。通算20回目となる今年は『THE DAY IN QUESTION 2019』のファイナル公演であり、武道館が改修工事中のため、バンド史上初の国立代々木競技場第一体育館での開催となった。2019年は表立った活動は年始に昨年のツアー振替公演はあったものの、シングルのリリースと5月に行なった幕張メッセでの初単独公演2デイズのみだったため、作品を冠しないこの公演ではどんなセットリストで驚かせてくれるのかと、始まる前から期待は高まっていた。

『THE DAY IN QUESTION』と言えば、過去のレア曲を今のBUCK-TICKのサウンドで楽しめるという醍醐味があり、毎回イントロが演奏されるたびにワッと会場が沸き上がる印象があった。しかし、今回はそれが少し違ったかもしれない。彼らが1曲目に選んだのは重厚感あふれるゴシックナンバー「夢魔-The Nightmare」。以降も「唄」「獣たちの夜」など、ゴリゴリと畳み掛けてくるシリアスでヘヴイなバンドサウンドに序盤は終始圧倒されっぱなしだ。息つく暇を与えない。中盤は「細胞具ドリー:ソラミミ:PHANTOM」をはじめとするエレクトロニカナンバーや、「スピード」や「独壇場 Beauty-R.I.P.-」などのアッパーチューンで会場を盛り上げたが、その間に組み込まれたミドルチューンの冬曲「Snow white」と「SILENT NIGHT」はハイライトのひとつ。楽曲の世界観を描く映像とライティング、情感豊かなパフォーマンスが三位一体となって五感に染み渡った。アンコールでは最新楽曲「堕天使」も披露され、新旧織り交ぜたラインナップで展開したステージは実に濃厚だった。

特筆すべきは本編ラストの「FLAME」と大ラスの「LOVE ME」での多幸感だ。“みなさんどうか幸せに”とステージ上で櫻井敦司(Vo)は願う。その想いを乗せて放たれた歌は、やさしさと愛に満ちていた。そして、最後に今井 寿(Gu)がステージの去り際に“ピース”とひと言。彼らが最高のパフォーマンスで音楽を鳴らし続ける理由が、このエンディングに集約されているのだと実感した。そして、終演後、再び暗転したステージで2020年のスケジュールが発表されたが、夏に22ndアルバムをリリース、秋に全国ホールツアーそして、12月29日の東京・日本武道館公演も発表となった。

撮影:田中聖太郎写真事務所/取材:大窪由香

BUCK-TICK

バクチク:1987年にメジャーデビューを果たし、以降メンバーチェンジすることなく、日本のロックシーンの第一線で活躍し続ける。不動であり孤高であるその姿は、後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきた。89年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    1. 夢魔-The Nightmare

  2. 14

    14. 独壇場Beauty-R.I.P.-

  3. 16

    <ENCORE1>

  4. 17

    1. 堕天使

  5. 20

    <ENCORE2>

  6. 23

    3. 惡の華

関連ライブレポート