LIVE REPORT

PRIZMAX ライヴレポート

PRIZMAX ライヴレポート

【PRIZMAX ライヴレポート】 『PRIZMAX Live Level 9 ~CIRCUS WINTER EDITION~』 2019年12月29日 at 豊洲PIT

2019年12月29日@豊洲PIT

撮影:笹森健一/取材:土屋恵介

2020.01.07

PRIZMAXが2019年12月29日(日)に東京・豊洲PITでワンマンライヴ『PRIZMAX Live Level 9 ~CIRCUS WINTER EDITION~』を開催した。同年3月に新メンバーのケビン、森 英寿、小川史記が加入し7人の新体制で活動を行なってきた彼ら。この豊洲PITは7月6日に7人での初ワンマン『PRIZMAX Live Level 8 ~CIRCUS~』を行った会場であり、そこでは進化を遂げたPRIZMAXをたっぷりと観せてくれた。本公演は12月18日に発売した両A面シングル「愛をクダサイ/ Beginning」を引っ提げての、まさに彼らの2019年の集大成のステージ。そして、長きにわたりPRIZMAXを支えてきた福本有希の卒業公演でもあるーー。

大勢のホリック(ファンの呼称)が詰め掛けた会場に、エレクトロサウンドが轟き「Light The Night」からダイナミックにライヴはスタート。7人は「DANCE(INTL VERSION)」で歌とダンスで観客を圧倒するなど、その成長を提示し、アコースティック曲「カフェオレ」では演技を織り交ぜながら心地良い歌を聴かせるのだった。また、ソロのパフォーマンスも行なわれ、福本有希は女性ダンサーと妖艶なダンスを披露し、森崎ウィンは「抱きしめて行く」を弾き語りで歌唱。さらに、彼らはSUPER★DRAGONの「Don't Let Me Down」をジャズグルーブ調にアレンジして届けた。

今回のライヴではふたりの女性ダンサーが参加したり、ベッドを使ったパフォーマンスや客席に降りたりと、その徹底したエンターテイナーぶりで観客を飽きさせない。そして、7人体制の最後のシングルから「愛をクダサイ」を感情たっぷりに歌い上げ、「Beginning」でハードかつダンサブルな世界を見せ付けて本編は終了。アンコールのMCでは卒業する福本から挨拶があり、“メンバー、スタッフ、何よりハニーたちと出会えたことがほんとに幸せです。僕は芸能界は辞めますが、ハニーたちのダーリンは辞めないので、これからも夢の中に出たらイチャイチャしてくれますか!”と最後まで王子キャラを突き通した。そんな福本が作詞、ケビンが作曲したバラード「絆」で、森崎が涙で歌えなくなって福本も涙する場面もあり、最後に7人でハグする姿に彼らの友情の深さを感じた。新たな道を前を向いて進んで行く、7人体制のPRIZMAXとして有終の美を飾るライヴだった。

撮影:笹森健一/取材:土屋恵介

PRIZMAX

プリズマックス:2002年結成。10年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加。13年3月に結成10周年を迎え、ダンス&ヴォーカルユニットとして「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビューを果たした。R&B、ヒップホップ、ファンクなどの要素を取り入れた音楽性から、国内外問わず多数のフェスから声が掛かるなど、活動の幅を広げている。19年、新メンバーを迎えて7人体制になったと同時に、グループ名を全て大文字表記の“PRIZMAX”に改名。新体制初の作品となるアルバム『FRNKSTN』を同年4月にリリース。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 3

    3. Are you ready?

  2. 4

    4. DANCE (INTL VERSION)

  3. 7

    7. 福本有希ソロコーナー

  4. 8

    8. Baby Be Mine

  5. 9

    9. 森崎ウィン/抱きしめて行く

  6. 14

    14. Don't Let Me Down

  7. 17

    17. 島田 翼ソロコーナー

  8. 18

    18. I want your love

  9. 19

    19. GO!

  10. 21

    21. Gradually~Someday

  11. 22

    22. 森英寿ソロコーナー/ I believe

  12. 24

    24. Ready

  13. 28

    28. Beginning

  14. 29

    <ENCORE>

  15. 31

    2. 絆