LIVE REPORT

INORAN ライヴレポート

INORAN ライヴレポート

【INORAN ライヴレポート】 『INORAN TOUR 2019 「COWBOY PUNI-SHIT」FINAL!!!! -B-DAY LIVE CODE929/2019-』 2019年9月29日 at TSUTAYA O-EAST

2019年09月29日@TSUTAYA O-EAST

撮影:RUI HASHIMOTO(SOUND SHOOTER)/取材:大前多恵

2019.10.09

アルバム『2019』を引っ提げた全国ツアーファイナルにしてバースデーライヴ『INORAN TOUR 2019「COWBOY PUNI-SHIT」FINAL!!!!-B-DAY LIVE CODE929/2019-』が9月29日(日)、TSUTAYA O-EASTで開催された。“1枚剥がして、本当のお前のリアルを自分自身で見る覚悟はあるか”と叫び、序盤からオーディエンスを焚き付けるINORAN。ヘヴィロックからメロウなバラードまで曲調はバリエーション豊かだが、INORANの熱さ、真剣さは全ての曲に一貫しており、その凄まじさは鬼気迫るほどだった。

冒頭3曲はニューアルバム『2019』の曲順通りだが、のっけからゲストに来門(ROS)を迎え、ふたりでバトルするようにパフォーマンス。型破りの幕開けにフロアーは熱狂した。“殻を破った自分が感じたものがリアル”“迷惑を掛けるぐらい自分を出したほうがいい”“俺は死ぬまで自分を信じて音楽をやる”など、MCの言葉も力強く、2階席の我々ライター陣にも手拍子を求めるひと幕も。クールな鑑賞者としてINORANのライヴ空間に居ることは誰ひとり不可能なのだった。

“俺をお前らのライトで照らしてくれ。今日は新月だから”と呼び掛け、観客がスマートフォンの光をかざす中、届けたのは『2019』の美しきリード曲「Starlight」。アコースティックギターを掻き鳴らしながら歌い始め、やがてバンドメンバーとストリングスの同期音源が加わって、壮大なサウンドスケープを描いていく。ひとりきりで表現し始め、次第にそれを支える人たちが増え、最終的には会場中が声を合わせてひとつになっていくーーその展開プロセスは、INORANの音楽人生をそのまま映し出しているように思えた。

u:zo(Ba)がバースデーソングを歌い出しケーキが運び込まれると、“これからの音楽人生、不器用だけど真っ直ぐに進む”とINORANは誓った。そして、LUNA SEAの活動が活発化する状況だが、“ソロを止めるつもりはないから、楽しみに待っててください”とも。アンコールでは「Made Of Fire」をパートチェンジでツアー初披露。Yukio Murata(Gu)がベース、u:zoがドラム、RYO YAMAGATA(Dr)がギターを構え、存分に遊ぶ4人。浮かんだ言葉は“青春”。INORANの少年のような笑顔は、今なお心に残っている。

撮影:RUI HASHIMOTO(SOUND SHOOTER)/取材:大前多恵

INORAN

イノラン:国内にとどまらず、世界に活動の場を拡げるLUNA SEAのギタリスト。1997年よりソロ活動を開始、現在迄にフルアルバム10枚以上をリリースする等精力的な活動を行なっている。LUNA SEA、ソロの他にもTourbillon、Muddy Apes等多岐に渡るプロジェクトで音楽活動を鋭意展開中。ソロ活動20周年を迎えた17年8月にセルフカバーベストアルバム『INTENSE/MELLOW』を、LUNA SEAが活動30周年を迎えた19年8月にはオリジナルフルアルバム『2019』をリリース。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    1. Gonna break it(w/来門)

  2. 2

    2. COWBOY PUNI-SHIT(w/来門)

  3. 3

    3. You’ll see(w/来門)

  4. 4

    4. Awaking myself

  5. 5

    5. 2limes

  6. 6

    6. Don’t Know What To Say...

  7. 8

    8. Beautiful Now

  8. 11

    11. Dr&Ba&Gu Session

  9. 15

    15. Rightaway

  10. 16

    16. I’m here for you

  11. 20

    <ENCORE>

  12. 21

    Made of Fire

関連ライブレポート

注目度ランキングRANKING

  1. DANDAN

    THE YELLOW MONKEY

  2. りんどう

    WANIMA

  3. Towards Tomorrow

    Saki

  4. Fake & True

    TWICE

  5. Raspberry Lover

    秦基博

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成