LIVE REPORT

NOISEMAKER ライヴレポート ライブレポート

NOISEMAKER ライヴレポート

【NOISEMAKER ライヴレポート】 『NOISEMAKER presents RARA TOUR』2019年3月24日 at TSUTAYA O-EAST

2019年03月24日@TSUTAYA O-EAST

撮影:TAKASHI KONUMA/取材:荒金良介

2019.03.27

札幌発の4人組、NOISEMAKERの最新ミニアルバム『RARA』に伴うレコ発ファイナルは、自身最大キャパとなるTSUTAYA O-EASTで開催。場内に入ると、フロアーの四隅までびっしりと観客で埋まっており、新作の素晴らしさがリスナーにちゃんと届いていることを確信した。

この日はバンドと観客がエネルギーを交換し、その相乗効果で高め合う理想的なライヴを展開。「RARA AVIS」「NAME」で幕を開けると、ド頭から観客がジャンプで応え、凄まじい熱気が渦巻く。そのまま新作の曲順通りに「THIS IS ME」に移ると、ダイナミズムに富む演奏も相まり、ハンドクラップ、シンガロング、モッシュなどが勃発するカオスな盛り上がりを記録。以前と比べてもバンドは自信に満ちあふれ、観る者を力強く牽引するオーラを放っている。

新作収録の「One Day」や「Dharma Light」などもショー全体を底上げする役目として際立っていた。“このツアーは俺の中でターニングポイントになった。生きてれば十分立派だと思う”とAG(Vo)が言うと、本編ラストに「To Live Is」をプレイ。これまでになくさわやかな曲調は、新たなアンセムソングと言える輝きに満ち、全ての観客をやさしく包み込んでいく。生きていれば明るい未来が待ち受けているから...そんなポジティブなメッセージを投げ掛けてくれる名曲であった。

アンコールに応えると、「Wings feat. JESSE」の途中でJESSE(Vo/RIZE、The BONEZ)本人が飛び入りし、この日ついにライヴでの初コラボが実現! 会場の興奮はマックスに到達し、最終曲「Nothing To Lose」でその沸点を更新する歓喜の景色を作り上げて終了。そう言えば、ショーの途中に“馬鹿なことでも口にすれば現実になる”とAGは言っていたけれど、諦めずに自分たちの夢を信じて歩き続ければ、今日のような最高の景色が待っているのだ。この日は“通過点”とたびたび言っていたが、バンドにとっても観客にとっても忘れられない記念日になったのは間違いない。個人的にも胸が熱くなる瞬間が何度も訪れた史上最高のパフォーマンスだった。

撮影:TAKASHI KONUMA/取材:荒金良介

NOISEMAKER

ノイズメーカー:2003年に北海道札幌市にて結成。パンク、ロックに留まらず、ヒップホップやR&B、グランジ、オルタナなど、さまざなジャンルをクロスオーバーした自由度の高いサウンドに支持を集める。2015年3月にメジャー移籍し、その後のリリースツアーでは各地ソールドアウト公演も続出。また、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』をはじめ、『SUMMER SONIC』『OZZFEST JAPAN』『COUNTDOWN JAPAN』など大型フェスにも出演。その後、シンガポール、台湾などのフェスにも出演を果たし、海外からも大反響を得る。18年5月には故郷である札幌にて『KITAKAZE ROCK FES.』を開催した。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 4

    4.Change My Life

  2. 5

    5.Something New

  3. 7

    7.SADVENTURES

  4. 12

    12.The New Era

  5. 13

    13.Her Diamond

  6. 14

    14.DRIFTING CLOUDS

  7. 16

    <ENCORE>

  8. 17

    1.Wings feat. JESSE

  9. 18

    2.Nothing to Lose