LIVE REPORT

EBiSSH ライヴレポート ライブレポート

EBiSSH ライヴレポート

【EBiSSH ライヴレポート】 『Merry EBiSSHmas! 2018 ~with FRIENDS~』 2018年12月2日 at マイナビBLITZ赤坂

2018年12月02日@マイナビBLITZ赤坂

撮影:笹森健一/取材:田中 大

2018.12.06

“Merry EBiSSHmas!”という元気いっぱいの声が響き渡り、EBiSSHのライヴから華麗にスタートしたクリスマスパーティー。お揃いのサンタ帽を被ったTETTA、REI、NAOYA、KOHKIが最初に届けてくれたのは、オリジナルのクリスマスソング「Christmas Time Again」だった。BAEBAE(EBiSSHファンの呼称)が掲げた赤色のペンライトの光が、まるでイルミネーションのように輝きながら揺れる風景が壮観。続いて「KIMI GA SUKI」も披露されて、会場内は完全にクリスマスムードで包まれていった。

サンタクロースのコスプレをしたBAEBAEがいるフロアーを眺めて、“サンタさんがたくさんいるよ!”と、はしゃいでいたメンバーたち。“(Apeaceの)シヒョクくんと超仲良いの。いつか韓国旅行にふたりで行きたい!”とApeaceとの共演をREIが大喜びした場面も経てEBiSSHのライヴはさらに続いた。BAEBAEが一斉に発する《YES!!》というコールが心地良い一体感を生み出していた「恋はタイミング」、温かいメロディーをじっくり堪能させてくれた「今日は家に帰らないで」、爽やかな熱気で会場全体を満たした「HI・KA・RI~君となら~」...多彩なナンバーを披露し終えると、EBiSSHの4人は一旦ステージを後にした。

凛々しい黒いスーツに身を包んだメンバーたちが現れて、「VEIL」からスタートしたApeaceのライヴ。ステージ全体を使ってフォーメーションを目まぐるしく変化させながら踊り、歌声を響かせる姿がとてもドラマチックだった。ラップ、ボイスパーカッション、ダンス、アカペラも交えた自己紹介でBAEBAEも魅了したインターバルを経て、強力なサウンドが鳴り響く「Brand new days」「Ur my life」「BUNG! BURN! LOVE」も届けられたが、メンバー各々の確かなスキルに裏打ちされたパフォーマンスが一丸となって炸裂する様がとにかく圧倒的。途中のMCで“韓国と日本の橋渡しをしたい”とメンバーたちが力強く語っていたが、まさにその願い通りの魅力が煌めくステージであった。

TETTA、REIにApeaceのホン・ソンホ、キム・ワンチョル、チェ・ヨンウォン、キム・ウォンシクが加わったコラボレーションで山下達郎の「クリスマス・イブ」が披露された後は、EBiSSHとApeaceのメンバー全員によるお楽しみコーナーが始まった。テーマは“クリスマスの胸キュンフレーズ”。“ケーキを1ホール食べてしまった彼女へのひと言”というユニークなテーマに挑んで、“食べちゃったの? ひとりで? マジか? いいよ。もう1個作るよ”というやさしさに満ちたフレーズで歓声を浴びたKOHKIが先陣を切り、その後も“初雪にはしゃぐ彼女にひと言”“クリスマスなのに遅くまで仕事をしている彼女にひと言”など、さまざまなテーマへのチャレンジが続いた。彼氏=チョン・ヨンウク&彼女=TETTA、彼氏=ジェイ.ディ&彼女=NAOYAなど、カップルによる即興劇も展開。観客はもちろん、EBiSSHやApeaceのメンバーたちも大盛り上がりしていた。

“ジングルベル!”という声を交わし合ったコール&レスポンスを経て突入した後半戦は、再びEBiSSHがエネルギッシュなパフォーマンスを繰り広げた。激しいジャンプを誘っていた「Just Like Me」、力強いコールが起こった「エビパレ」、ウィットに富んだ歌詞がメンバー各々の個性を際立たせていた「Let's EBiSSH」、壮大に高鳴るサウンドが会場全体を熱く染め上げた「KOi・Ni・OCHi・YO!」...強力なナンバーが連発されて本編は終了。鳴り止まない拍手と歓声に応えて行なわれたアンコールでは、EBiSSHとさとり少年団(SBC)による合同プロジェクト・ONE N' ONLYが登場した。色とりどりのスカジャンの衣装を身に纏っていたヴォーカルのEIKU、TETTA、REI、ダンサーのHAYATO、KENSHIN、KOHKI、NAOYAが最初に披露したのは、11月にリリースされたデビューシングルのタイトル曲「I'M SWAG」。パワフルなEDMサウンドをダイナミックに表現したメンバーたちの姿が、とても頼もしかった。

「Everything's Changing」を届けた後は、先程も盛り上がった胸キュンフレーズのコーナーをこの7人によって行なった。“お前らにもやってもらうからな”と言って、EIKU、HAYATO、KENSHINの3人に向かってテーマが書かれた紙が入っている箱を差し出したNAOYA。彼氏=HAYATO&彼女=KOHKI、彼氏=EIKU&彼女=TETTAというカップルによる即興劇が繰り広げられたりもしていたが、ONE N' ONLYの仲の良さが伝わってきて、とても心温まるものがあった。そして「Dark Knight」と「Sexy Beach Party Yes!!」も披露されてONE N' ONLYのライヴは終了したが、さらにお楽しみが待っていた。Apeaceのメンバーたちも加わってスタートしたのは、クリスマスソングのメドレー。「赤鼻のトナカイ」「ママがサンタにキスをした」「サンタが街にやってくる」を総勢19人で歌って笑顔を交わし合う、とても和やかなフィナーレとなった。

この日誕生日を迎えたチ・ヒョンソンのためにケーキが運び込まれて、みんなで「Happy Birthday to You」を歌って祝福。そして兵役のためにしばらく活動を休止することになっているハ・ゴンヒ、ソン・スンヒョク、ホン・ソンホにEBiSSHのメンバーたちから腕時計がプレゼントされて迎えた終演。共演を心から喜び合っていたステージ上の19人の姿は、心温まるものがあった。彼らから伝わってきた穏やかな幸福感は、会場に集まった全観客へのひと足早いクリスマスプレゼントとなったのではないだろうか。

撮影:笹森健一/取材:田中 大

EBiSSH

エビッシュ:スターダストプロモーション所属のEBiDAN(恵比寿学園男子部)から誕生した4人組ダンス&ヴォーカルユニット。2016年7月20日にShibuya eggmanにて初パフォーマンス、12月には初のワンマンライヴを開催。17年4月と8月に2度にわたり行なった東阪ワンマンライヴは全てソールドアウト。同年9月20日にシングル「恋はタイミング」でCDデビュー。

ONE N' ONLY

ワンエンオンリー:スターダストプロモーション所属のEBiDANから2017年にデビューしたEBiSSH、さとり少年団(SBC)の2組による合同プロジェクト。18年5月にYouTubeにて公開された「I'M SWAG」のMVは110万回再生、続いて8月に公開された第二弾楽曲「Sexy Beach Party Yes!!」は公開から3週間で200万回再生を突破! 日本国内のみならず東南アジアを中心にベトナム、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、アルゼンチン等でも話題に。同年10月に東名阪を回ったZeppツアーは大成功を収め、11月21日にデビューシングル「I'M SWAG」をリリースする。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    1.Christmas Time Again/EBiSSH

  2. 2

    2.KIMI GA SUKI/EBiSSH

  3. 3

    3.恋はタイミング/EBiSSH

  4. 4

    4.今日は家に帰らないで/EBiSSH

  5. 5

    5.HI・KA・RI~君となら~/EBiSSH

  6. 6

    6.VEIL/Apeace

  7. 7

    7.Brand New Day/Apeace

  8. 8

    8.Ur my life/Apeace

  9. 9

    9.BANG!BURN!LOVE/Apeace

  10. 10

    10.クリスマス・イブ(山下達郎カバー)/TETTA・REI+Apeace4名

  11. 11

    11.Just Like Me/EBiSSH

  12. 12

    12.エビパレ/EBiSSH

  13. 13

    13.Let's EBiSSH! /EBiSSH

  14. 14

    14.KOi・Ni・OCHi・YO!/EBiSSH

  15. 15

    <ENCORE>

  16. 16

    1.I'M SWAG/ONE N' ONLY

  17. 17

    2.Everything's Changing/ONE N' ONLY

  18. 18

    3.Dark Knight/ONE N' ONLY

  19. 19

    4.Sexy Beach Party Yes!!/ONE N' ONLY

  20. 20

    5.クリスマスメドレー(赤鼻のトナカイ・ママがサンタにキスをした・サンタが街にやってくる)/ONE N' ONLY×Apeace