LIVE REPORT

SOLEIL ライヴレポート ライブレポート

SOLEIL ライヴレポート

【SOLEIL ライヴレポート】 『My Name is SOLEIL release party!』 2018年3月25日 at Zher the ZOO YOYOGI

2018年03月25日@

撮影:ビクターエンタテインメント/取材:林なな

2018.04.04

“古き良き音楽”であると思われていた60年代のサウンドを、全編モノラル録音で収録したという1stアルバム『My Name is SOLEIL』でこの21世紀に復活させたのは紛れもなくSOLEILだ。この日、アルバム発売記念単独ライヴ『My Name is SOLEIL release party!』は、あふれんばかりに押し掛けたオーディエンスに大きな拍手と歓声で迎えられた。

メンバーが揃ってオンステージすると、それいゆ(Vo)はグロッケンの前に立った。サリー久保田(Ba)と中森泰弘(Gu)はベテラン中のベテランだが、フロントに立つそれいゆはまだ14歳の少女。最初こそ歌う姿や曲の合間の話し方に若干の緊張は見られたが、ライヴが進行するにつれて、それも無邪気な楽しさに満ちあふれていった。「ソレイユのテーマ」からステージをスタートさせると、「魔法を信じる?」「恋するギター」では親しみやすいサウンドとノリやすいテンポに身を任せ、会場全体が心地良さそうに体を揺らす。彼女が手にした“音楽”という魔法。その魔法は確かに存在するのだと、この光景が証明していたのは明らかだろう。

「Pinky Fluffy」「MARINE I LOVE YOU」をチャイルディッシュな甘い雰囲気全開で歌い上げたかと思えば、スカの匂いを感じさせる「さよなら 14歳」では先ほどよりもほんの少し大人びた歌声を聴かせる。アンコールの拍手に誘われ再びステージに現れると、それいゆはドラムを叩き、そのままセッションへとつないだ。ライヴのオーラスを飾るのはThe Teddy Bearsの楽曲「To Know Him Is to Love Him」のカバー。今から60年前にアメリカでリリースされた曲を難なく歌う彼女の姿は、“これから”を後押しするのには十分すぎるくらいの出来だった。ライヴ中盤で披露された「Are you happy?」の最後の一節には《恋したり 破れたり 未来は忙しそう/I’m happy!!》とある。この言葉通り、忙しくてキラキラした未来が先にはきっと待っているはずだ。このバンドが証明できることは、まだまだたくさんある。目の前の扉をこじ開けていってほしい。

撮影:ビクターエンタテインメント/取材:林なな

SOLEIL

たんきゅんデモクラシーのメンバーとして活動していた、それいゆ(Vo)が元ザ・ファントムギフト、les 5-4-3-2-1のサリー久保田(Ba)と、ヒックスヴィルや ましまろで活躍する中森泰弘(Gu)とともに結成。サリー久保田のプロデュースのもと、2017年9月13日にリリースしたシングル「Pinky Fluffy」は、白根賢一(Dr / GREAT3)、井谷享志(Perc)、星野みちる(Cho)、高浪慶太郎、飯泉裕子(マイクロスター)といった豪華メンバーが参加し、こだわりの全編モノラル録音サウンドと、1960年代の“スウィンギング・ロンドン”を彷彿させるビジュアルが話題となり、発売後間もなく完売し、現在はプレミアとなっている。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    1.ソレイユのテーマ

  2. 2

    2.魔法を信じる?

  3. 5

    5.恋のハッピー・デート

  4. 7

    7.キャプテン・スカーレット

  5. 8

    8.YOU LOVE ME /星野みちる (それいゆ:Dr)

  6. 9

    9.マジックアワー/星野みちる (それいゆ:Dr)

  7. 10

    10.Pinky Fluffy

  8. 15

    15.さよなら 14 歳

  9. 16

    16.ソレイユのテーマ

  10. 17

    <ENCORE>

  11. 18

    1.ドラムセッション (それいゆ:Dr)

  12. 19

    2.To Know Him Is To Love Him

twitter Facebok