鈴村健一の歌詞一覧リスト  79曲中 1-79曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
79曲中 1-79曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あいうえおんがくあいまいなへんじばっかじゃいやだ いいじゃないはっきりいえばさ うそはいけないとそだったから えぶりでい!そう!えぶりばでぃせい! おおごえあげなきゃ おいてかれるぞ かんじるまま かんじちゃえ きもちよくなって きあいいれろよ くうか くわれるかだ けものみちをすすむけつい ことばなんか こだわるなよ さわげばいい さあわめけよ しわくちゃでも しにかけても すごいあすへ すすんでくもんさ せーのでじゃんぷしよう そんじゃいこうじゅんびはいいかい たーげっとみうしなうなよ ちからづよくとべ つよくねがいつづければ てんかもとれるってきいたよ とんでもないゆめみたいだけれど なせばなるのですぞ にんげんごじゅうねん にんじょうぶかくね ぬかるみは ぬきあしで ねがえるやつも ねたふりでゆるせ のぞみはたかくもとう はでにきめるきみにはくしゅ ひーろーみたいに ひかりはなち ふりまくのさ ふぁいてぃんぐすぴりっつ へろへろでも へなちょこでも ほんきだせば ほんとうのじぶんだ  まじめがそんするじだいだ みっともなくてもいいさ むりするくらいがちょうどいい めざせよてっぺん もっとおおきなせかいへ もっとおおきなこころへ やしんというひとすじの やをはなて ゆいつむにの ゆめをえがけ よくばりほど よくそだつんだ ららららら ららららら りずむきざめ りせいをすてて るーれっとはしめすよ れいんぼーなみらいを ろけっとすたーとのよかん わくわくするみゅーじっく をこどうはきざんでいく ん~いいかんじ!鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠あいまいなへんじばっかじゃいやだ いいじゃないはっきりいえばさ うそはいけないとそだったから えぶりでい!そう!えぶりばでぃせい! おおごえあげなきゃ おいてかれるぞ かんじるまま かんじちゃえ きもちよくなって きあいいれろよ くうか くわれるかだ けものみちをすすむけつい ことばなんか こだわるなよ さわげばいい さあわめけよ しわくちゃでも しにかけても すごいあすへ すすんでくもんさ せーのでじゃんぷしよう そんじゃいこうじゅんびはいいかい たーげっとみうしなうなよ ちからづよくとべ つよくねがいつづければ てんかもとれるってきいたよ とんでもないゆめみたいだけれど なせばなるのですぞ にんげんごじゅうねん にんじょうぶかくね ぬかるみは ぬきあしで ねがえるやつも ねたふりでゆるせ のぞみはたかくもとう はでにきめるきみにはくしゅ ひーろーみたいに ひかりはなち ふりまくのさ ふぁいてぃんぐすぴりっつ へろへろでも へなちょこでも ほんきだせば ほんとうのじぶんだ  まじめがそんするじだいだ みっともなくてもいいさ むりするくらいがちょうどいい めざせよてっぺん もっとおおきなせかいへ もっとおおきなこころへ やしんというひとすじの やをはなて ゆいつむにの ゆめをえがけ よくばりほど よくそだつんだ ららららら ららららら りずむきざめ りせいをすてて るーれっとはしめすよ れいんぼーなみらいを ろけっとすたーとのよかん わくわくするみゅーじっく をこどうはきざんでいく ん~いいかんじ!
アインシュタインのように「1たす1は?」無邪気に問うあの顔 ピースサイン見せて 正解でしょ? がっかりしないでよ 「常識なんか偏見のコレクションたちだ」 その言葉 ぐさり 刻み付けてから歩きだすよ  群がった栄光への道 先頭走ったなら孤独だって噂 ねぇねぇ君は何番手だい?  アインシュタインのように世界にあっかんべぇかませよ 僕だけが解ける鮮やかな方程式 ああどこだ?  冴えない頭 昨夜見た夢のせいかな 羽ばたいちゃいるがあと一歩で飛べない紙飛行機  にじんでる滑走路が今 手招きしてる未完の魂 謎だらけの空へ  ダビンチのようにすべてを見通す力を 僕だけが描く 翼の設計図いつかこの手に  天地がひっくり返るような世紀の発見は無理でも 己に革命起こせよ!いつだって明日は新しいんだ!問いかけるんだ!未来へ!  アインシュタインのように世界にあっかんべぇかませよ ダビンチのようにすべてを見通す力を 僕だけが描く翼の設計図 いつか 僕だけが解ける鮮やかな方程式 ああどこだ? どこだ?鈴村健一鈴村健一浅野尚志浅野尚志「1たす1は?」無邪気に問うあの顔 ピースサイン見せて 正解でしょ? がっかりしないでよ 「常識なんか偏見のコレクションたちだ」 その言葉 ぐさり 刻み付けてから歩きだすよ  群がった栄光への道 先頭走ったなら孤独だって噂 ねぇねぇ君は何番手だい?  アインシュタインのように世界にあっかんべぇかませよ 僕だけが解ける鮮やかな方程式 ああどこだ?  冴えない頭 昨夜見た夢のせいかな 羽ばたいちゃいるがあと一歩で飛べない紙飛行機  にじんでる滑走路が今 手招きしてる未完の魂 謎だらけの空へ  ダビンチのようにすべてを見通す力を 僕だけが描く 翼の設計図いつかこの手に  天地がひっくり返るような世紀の発見は無理でも 己に革命起こせよ!いつだって明日は新しいんだ!問いかけるんだ!未来へ!  アインシュタインのように世界にあっかんべぇかませよ ダビンチのようにすべてを見通す力を 僕だけが描く翼の設計図 いつか 僕だけが解ける鮮やかな方程式 ああどこだ? どこだ?
何万光年 漂うのか 蒼い星の光は  何十億もの生命 散らばる 瞳の数だけ 望む景色がある  砂漠の街は 雨を求め祈り 争う街は 勝利者を称える めぐる おもい すべて 真実で  誰しもが願うだろう 安らかな幸せを そうそれは 愛の歌 儚くも鳴り止まない のびていく 空へ  ガラス細工の迷路のように 目の前にいる互いに触れられない  旅立つ者は 振り返らず進み 見送る者は 静かに時を待つ めぐる おもい つなぐ 本能が  形あるものはみな 消え去っていくのだろう でもきっと 愛の歌 儚くも鳴り止まない のびていく 空へ  またたく星の蒼い光は そう 脈打つ鼓動 重なる愛の歌 めぐる おもい いつか ひとつに鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠何万光年 漂うのか 蒼い星の光は  何十億もの生命 散らばる 瞳の数だけ 望む景色がある  砂漠の街は 雨を求め祈り 争う街は 勝利者を称える めぐる おもい すべて 真実で  誰しもが願うだろう 安らかな幸せを そうそれは 愛の歌 儚くも鳴り止まない のびていく 空へ  ガラス細工の迷路のように 目の前にいる互いに触れられない  旅立つ者は 振り返らず進み 見送る者は 静かに時を待つ めぐる おもい つなぐ 本能が  形あるものはみな 消え去っていくのだろう でもきっと 愛の歌 儚くも鳴り止まない のびていく 空へ  またたく星の蒼い光は そう 脈打つ鼓動 重なる愛の歌 めぐる おもい いつか ひとつに
あすなろ路地裏には 暗い暗い灯り そこに集う羽虫たちの様 もがく僕らは crying crying 共に 秘めた思いをくすぶらせてるんだ  「何をすればいい」 それがわからない 無限の意味恐れてる しびれ切らした 両の足が 立ち上がれとせがんでいる  すべて運命だなんて神の落書きだ 丸めて捨てるさ たったひとつの冴えたやり方 いつも胸に抱いて 夜明け 睨みつけるよ  玉虫色した未来の話 机上の空論 素晴らしいシミュレーション スニーカーのひも 結んでさあ 計画通りまずは顔上げるんだ  アスファルト叩く無数の足音 一つ一つに意味がある ここにいる理由 探し求めて くちぶえ吹いて歩いていく  箱庭の外にいる のぞき見の神に 会えたとしたら 平手打ち一発くらいは かましてみたいよね  名もなき花は明日へ 生まれ変わるため 夢から覚める 誇り高く伸びゆく姿 僕ら知ってるんだよ  生まれ落ちた謎はすべて終わる時 解けると信じて たったひとつの冴えたやり方 神を欺くんだ 今を生き抜くのさ鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠路地裏には 暗い暗い灯り そこに集う羽虫たちの様 もがく僕らは crying crying 共に 秘めた思いをくすぶらせてるんだ  「何をすればいい」 それがわからない 無限の意味恐れてる しびれ切らした 両の足が 立ち上がれとせがんでいる  すべて運命だなんて神の落書きだ 丸めて捨てるさ たったひとつの冴えたやり方 いつも胸に抱いて 夜明け 睨みつけるよ  玉虫色した未来の話 机上の空論 素晴らしいシミュレーション スニーカーのひも 結んでさあ 計画通りまずは顔上げるんだ  アスファルト叩く無数の足音 一つ一つに意味がある ここにいる理由 探し求めて くちぶえ吹いて歩いていく  箱庭の外にいる のぞき見の神に 会えたとしたら 平手打ち一発くらいは かましてみたいよね  名もなき花は明日へ 生まれ変わるため 夢から覚める 誇り高く伸びゆく姿 僕ら知ってるんだよ  生まれ落ちた謎はすべて終わる時 解けると信じて たったひとつの冴えたやり方 神を欺くんだ 今を生き抜くのさ
新しい音色出来すぎの僕たちは身をかわすばかり ヒット作の続編に似たお約束の塊で 「僕は僕で君は君だ」 盛り上げるセリフも“価値観”をうまく使った手品みたいだな  分かち合っている振りのうまい 言葉というツール 未熟なまま奏で合う あやふやな僕らの響き  「ひとつになんかならなくていい」 遮断してんだろうガラス扉で 見えてんのさ上辺の形は でも音は聞こえない いつも僕ら 向き合うための言葉じゃない懐かしい音色 胸の楽譜に書き込まれてる けど間違えそうでうまく弾けないんだ  模りの優しさならおざなりなイメージ どんな言葉を紡いでもウソつきのそれのようで でも言われんだ「話さなくちゃ 伝わらないんだ」と 1にしなきゃ0は0で ないことと同じ  分かち合っていくためうまれた 重なり合う言葉 未熟なまま奏でても あふれ出す僕らの響き  昨夜君が聞かせてくれたなんでもない言葉が 扉開くんだ 鍵穴に届く 心が軽くなる 「またね」と言った君の笑顔ではじけるように答えがよぎる 声になるより先にあるもの 今伝えたいな 拙い音色でも  未熟なまま奏でても 繋がる僕らの響き  「ひとつになんかならなくていい」 そんな事は気づいているんだ いつだってさ 響きあっている場所が同じならいい いつも僕ら向き合うための 言葉じゃない新しい音色  胸の楽譜に書き込まれていくから 奏でよう それぞれの音色で 奏でよう すべてが届くまで鈴村健一鈴村健一黒須克彦黒須克彦出来すぎの僕たちは身をかわすばかり ヒット作の続編に似たお約束の塊で 「僕は僕で君は君だ」 盛り上げるセリフも“価値観”をうまく使った手品みたいだな  分かち合っている振りのうまい 言葉というツール 未熟なまま奏で合う あやふやな僕らの響き  「ひとつになんかならなくていい」 遮断してんだろうガラス扉で 見えてんのさ上辺の形は でも音は聞こえない いつも僕ら 向き合うための言葉じゃない懐かしい音色 胸の楽譜に書き込まれてる けど間違えそうでうまく弾けないんだ  模りの優しさならおざなりなイメージ どんな言葉を紡いでもウソつきのそれのようで でも言われんだ「話さなくちゃ 伝わらないんだ」と 1にしなきゃ0は0で ないことと同じ  分かち合っていくためうまれた 重なり合う言葉 未熟なまま奏でても あふれ出す僕らの響き  昨夜君が聞かせてくれたなんでもない言葉が 扉開くんだ 鍵穴に届く 心が軽くなる 「またね」と言った君の笑顔ではじけるように答えがよぎる 声になるより先にあるもの 今伝えたいな 拙い音色でも  未熟なまま奏でても 繋がる僕らの響き  「ひとつになんかならなくていい」 そんな事は気づいているんだ いつだってさ 響きあっている場所が同じならいい いつも僕ら向き合うための 言葉じゃない新しい音色  胸の楽譜に書き込まれていくから 奏でよう それぞれの音色で 奏でよう すべてが届くまで
Analog Fighter笑い転げるほど観たTVも 今や全部おんなじに見えてきた あれは誰だ?  「必要ない」そんな意地を張って 「スマートフォン興味なし」 なのに横目で チラリ  積み重ねた日々 生き様 未来図 そのすべてが急に足枷みたいにからまった 置いてくな!ここにいる!まてよ!  まけるな! Analog Fighter! さびついたbody 0と1の大海原でバタフライ ジタバタしてりゃ誰か気づくから無駄死にはしない 変わりゆく時代に求められるものとはなんだ? 指先一つでなんでもできる世界でも 押すか押さないか 決めるのは人だ そうだろう?  このところ涙腺弱くなって イントロ四小節くらいでもう涙 ホロリ  遠い昔たった一度だけ 泣いてた親父 想い出して またも ホロリ  愛を歌うsinger 夕焼け 排気ガス そのすべてが急に自分の記憶をつっついて もどりたいあの日に だけど  目覚めよ!Analog Fighter! いつものmorning 準備運動して大海原を背泳ぎで バタ足してりゃほんのちょっぴりだって前に進むもんだ 変わりゆく時代をさあこの目に焼き付けるんだ 分厚くなった心の壁 のぞき穴を まぶしくたってそらさないでいまをみつめろ  そらいけ!Analog Fighter! トビウオのように べたなぎの大海原飛沫あげて 潜って飛んで 繰り返しながら 泳いでいきゃいい 変わりゆく時代の背中をほらそっと押すんだ いぶし銀なんて言える代物じゃないけれど このポンコツを未来創るために使ってよ鈴村健一鈴村健一lottalotta笑い転げるほど観たTVも 今や全部おんなじに見えてきた あれは誰だ?  「必要ない」そんな意地を張って 「スマートフォン興味なし」 なのに横目で チラリ  積み重ねた日々 生き様 未来図 そのすべてが急に足枷みたいにからまった 置いてくな!ここにいる!まてよ!  まけるな! Analog Fighter! さびついたbody 0と1の大海原でバタフライ ジタバタしてりゃ誰か気づくから無駄死にはしない 変わりゆく時代に求められるものとはなんだ? 指先一つでなんでもできる世界でも 押すか押さないか 決めるのは人だ そうだろう?  このところ涙腺弱くなって イントロ四小節くらいでもう涙 ホロリ  遠い昔たった一度だけ 泣いてた親父 想い出して またも ホロリ  愛を歌うsinger 夕焼け 排気ガス そのすべてが急に自分の記憶をつっついて もどりたいあの日に だけど  目覚めよ!Analog Fighter! いつものmorning 準備運動して大海原を背泳ぎで バタ足してりゃほんのちょっぴりだって前に進むもんだ 変わりゆく時代をさあこの目に焼き付けるんだ 分厚くなった心の壁 のぞき穴を まぶしくたってそらさないでいまをみつめろ  そらいけ!Analog Fighter! トビウオのように べたなぎの大海原飛沫あげて 潜って飛んで 繰り返しながら 泳いでいきゃいい 変わりゆく時代の背中をほらそっと押すんだ いぶし銀なんて言える代物じゃないけれど このポンコツを未来創るために使ってよ
嵐の素顔嵐を起こして すべてを壊すの…  「君は素敵だから一人で平気さ 明日になれば また新しい 恋に 出逢えるだろ…」 強い女(ひと) 気取る くせがついたのは みんな そう あなたのせいよ 少し背伸びしてた 冷たいピリオド 笑っちゃうね 人さし指 空にむけ 銃爪(ひきがね)を引きたい… 空が落ちればいいの 嵐を起こして すべてを壊すの  空車の赤いサイン 流れる街角 どこをどう歩いていたのか 海が見えてきたわ 見知らぬ人でも かまわないから ふるえるこの肩どうぞ 抱きしめて欲しいの ふいに頭上かすめ ジェットが飛ぶ 心細さを集めて 波にほうり投げた 海が割れればいいの…  子供の 素顔で 泣きたい夜なの 心細さを集めて 空にほうり投げた 明日などいらないわ…  嵐を起こして すべてを壊すの 嵐を起こして 素顔を見せるわ鈴村健一三浦徳子後藤次利高木洋嵐を起こして すべてを壊すの…  「君は素敵だから一人で平気さ 明日になれば また新しい 恋に 出逢えるだろ…」 強い女(ひと) 気取る くせがついたのは みんな そう あなたのせいよ 少し背伸びしてた 冷たいピリオド 笑っちゃうね 人さし指 空にむけ 銃爪(ひきがね)を引きたい… 空が落ちればいいの 嵐を起こして すべてを壊すの  空車の赤いサイン 流れる街角 どこをどう歩いていたのか 海が見えてきたわ 見知らぬ人でも かまわないから ふるえるこの肩どうぞ 抱きしめて欲しいの ふいに頭上かすめ ジェットが飛ぶ 心細さを集めて 波にほうり投げた 海が割れればいいの…  子供の 素顔で 泣きたい夜なの 心細さを集めて 空にほうり投げた 明日などいらないわ…  嵐を起こして すべてを壊すの 嵐を起こして 素顔を見せるわ
ある惑星の話とあるマンション 1DK おしゃべりで気分屋 恋する男が一人 アヒル口の優しいあの子へ I need you I need you 祈ってる  築20年一軒家 ため息日々に100回 たくましき主婦が一人 愛するわが子旅立って Loneliness Loneliness 叫んでる  東の街は今日も無事日が暮れました  両手広げてバランスとってるタイトロープ上のいきもの しあわせ行きのチケット握りしめてる 泣きわめいて 笑いころげて 足元がフラつくから ノロノロ歩き ちょっとよそ見しがちです  誰かが振ったサイコロ ライフゲームはつづく こんがらがってくルール 愛や希望でその身を躱して Everyday Everyday 生きてる  はしゃいでいれば素敵なコマに停まれそう  嫌いも好きも紙一重よ 全部飲み込め胃袋 メインディッシュはまだ運ばれてこないぞ 苦かったり 甘ったるくて もたれたりもするけど 噛み砕いたら旨味が増すの 不思議ね  丸い丸い地球はランデブー 水も草木も酸素も 奇跡の果て目指し回り続ける 三丁目の犬が吠えてる 月明かり キスした恋人 この惑星(ほし)の記憶刻まれるものすべて  両手広げてバランスとってるタイトロープ上のいきもの しあわせ行きのチケット握りしめてる 泣きわめいて 笑いころげて 足下がふらいても ただ前に進むことしか出来ないんです  いつか辿り着く景色 みんなで観たいなぁ鈴村健一鈴村健一清水哲平清水哲平とあるマンション 1DK おしゃべりで気分屋 恋する男が一人 アヒル口の優しいあの子へ I need you I need you 祈ってる  築20年一軒家 ため息日々に100回 たくましき主婦が一人 愛するわが子旅立って Loneliness Loneliness 叫んでる  東の街は今日も無事日が暮れました  両手広げてバランスとってるタイトロープ上のいきもの しあわせ行きのチケット握りしめてる 泣きわめいて 笑いころげて 足元がフラつくから ノロノロ歩き ちょっとよそ見しがちです  誰かが振ったサイコロ ライフゲームはつづく こんがらがってくルール 愛や希望でその身を躱して Everyday Everyday 生きてる  はしゃいでいれば素敵なコマに停まれそう  嫌いも好きも紙一重よ 全部飲み込め胃袋 メインディッシュはまだ運ばれてこないぞ 苦かったり 甘ったるくて もたれたりもするけど 噛み砕いたら旨味が増すの 不思議ね  丸い丸い地球はランデブー 水も草木も酸素も 奇跡の果て目指し回り続ける 三丁目の犬が吠えてる 月明かり キスした恋人 この惑星(ほし)の記憶刻まれるものすべて  両手広げてバランスとってるタイトロープ上のいきもの しあわせ行きのチケット握りしめてる 泣きわめいて 笑いころげて 足下がふらいても ただ前に進むことしか出来ないんです  いつか辿り着く景色 みんなで観たいなぁ
and BecomingSFみたいなビル達 正直もう見慣れた  僕らはどこまで行ったらいいのだろう 教えてよ ねぇ まだ途切れずに変わりゆく時の中で ただ一つだけ受け継ぐよ 今日も僕ら“寂しがり屋”  気がつけばもう朝 傍らには君が 僕らはどこまで行っても孤独だけど 一人じゃない さあここまでの魂をまぜあわせよう ねぇこれからも生まれくる 自由な息吹 感じていよう  数多の鼓動が 呼吸に変わる  さあ踏みしめた感触を言葉にしよう さあ生きている感覚を解き放とう  さあ ここまでの魂を まぜあわせよう 今 生まれるよ輝きがこの場所から  さあここまでの魂をまぜあわせよう ねぇこれからも生まれくる自由な息吹 感じていよう鈴村健一鈴村健一松下典由松下典由SFみたいなビル達 正直もう見慣れた  僕らはどこまで行ったらいいのだろう 教えてよ ねぇ まだ途切れずに変わりゆく時の中で ただ一つだけ受け継ぐよ 今日も僕ら“寂しがり屋”  気がつけばもう朝 傍らには君が 僕らはどこまで行っても孤独だけど 一人じゃない さあここまでの魂をまぜあわせよう ねぇこれからも生まれくる 自由な息吹 感じていよう  数多の鼓動が 呼吸に変わる  さあ踏みしめた感触を言葉にしよう さあ生きている感覚を解き放とう  さあ ここまでの魂を まぜあわせよう 今 生まれるよ輝きがこの場所から  さあここまでの魂をまぜあわせよう ねぇこれからも生まれくる自由な息吹 感じていよう
いぬ331この世界は君にどう見えてんの? 僕のカタチは歪? すべてのことを受け入れたいけど それってアリかな?  何億回も手を加えられたパズル とりまく日常でそこにハマラナケレバ 進むフリすらできない  えがくことをやめてた 九月の空の絵には 描いてあったよ 手を伸ばしてる 僕の姿が  願うならば「ひとつ」に交じろう ねぇできると思う?  ただたやすく今 生きるだけなら 呼吸するみたいに簡単だ でもそれじゃ 本当の「ひとつ」になれない  もがくことをやめない 九月の僕の胸には 「ほんの少し軽くなりな」と 響くよ声が  その声は君だろう でも見つめてるだけ 死ぬこともその先も 何も知らないヒトミ 僕らだけ手に入れた未来を見る力 それを今は希望にしたい  えがくことをやめた絵 ヒキダシ引っ張り出し 空色からぬりはじめるよ 青じゃないけど鈴村健一鈴村健一澤野弘之菊谷知樹この世界は君にどう見えてんの? 僕のカタチは歪? すべてのことを受け入れたいけど それってアリかな?  何億回も手を加えられたパズル とりまく日常でそこにハマラナケレバ 進むフリすらできない  えがくことをやめてた 九月の空の絵には 描いてあったよ 手を伸ばしてる 僕の姿が  願うならば「ひとつ」に交じろう ねぇできると思う?  ただたやすく今 生きるだけなら 呼吸するみたいに簡単だ でもそれじゃ 本当の「ひとつ」になれない  もがくことをやめない 九月の僕の胸には 「ほんの少し軽くなりな」と 響くよ声が  その声は君だろう でも見つめてるだけ 死ぬこともその先も 何も知らないヒトミ 僕らだけ手に入れた未来を見る力 それを今は希望にしたい  えがくことをやめた絵 ヒキダシ引っ張り出し 空色からぬりはじめるよ 青じゃないけど
INTENTION電車の中 歴史は進んでる タッチペンひとつで神になれる 無駄のない箱庭創りほほえむ 「こんな風に誰か操ってる?」「そんなんゲーム中んだけのお話だ!」 眺めれば家路の渦と重なる  暗闇か光かは知りやしないけど 僕の身体繋がってるイト 強く先へ引かれてく  いつも聴こえてきてる いつも聴き逃してる 右も左もない世界 響いてくる未知の音楽 いつも伝わっている いつも気づかずにいる 突き動かしてる夢の真相は 無意識の意図 その先にある  ∞の大空 ご機嫌はなんかどっちつかずの顔色で 送りバントのサイン届ける 勢い良く振りぬいてみたら空よりも大きい音がした 胸の中抗うサイン見つけた  伸びるイト続く先 知りはしないけど 僕の視界 その総てが事実 道しるべになっていく  いつも前だけ見える いつも振り向かずいる 右や左どころじゃない 迫ってくる道の刹那 いつも受け止めている いつも形に変わる 理のせた夢のシーソーは僕にかたむく そう決まってる  積みあげる街も ため息の夜も 鳥瞰図のクレヨン 極彩色のイトはそれぞれに輝きだす  いつも進み続ける いつも刻まれている 右や左じゃない未来 眠ってる意志の銀河 いつも広がっている いつも瞬いている 誰のリズムでもない心音は始まりになる この世界の 無意識の意図 その向こうへ鈴村健一鈴村健一黒須克彦黒須克彦電車の中 歴史は進んでる タッチペンひとつで神になれる 無駄のない箱庭創りほほえむ 「こんな風に誰か操ってる?」「そんなんゲーム中んだけのお話だ!」 眺めれば家路の渦と重なる  暗闇か光かは知りやしないけど 僕の身体繋がってるイト 強く先へ引かれてく  いつも聴こえてきてる いつも聴き逃してる 右も左もない世界 響いてくる未知の音楽 いつも伝わっている いつも気づかずにいる 突き動かしてる夢の真相は 無意識の意図 その先にある  ∞の大空 ご機嫌はなんかどっちつかずの顔色で 送りバントのサイン届ける 勢い良く振りぬいてみたら空よりも大きい音がした 胸の中抗うサイン見つけた  伸びるイト続く先 知りはしないけど 僕の視界 その総てが事実 道しるべになっていく  いつも前だけ見える いつも振り向かずいる 右や左どころじゃない 迫ってくる道の刹那 いつも受け止めている いつも形に変わる 理のせた夢のシーソーは僕にかたむく そう決まってる  積みあげる街も ため息の夜も 鳥瞰図のクレヨン 極彩色のイトはそれぞれに輝きだす  いつも進み続ける いつも刻まれている 右や左じゃない未来 眠ってる意志の銀河 いつも広がっている いつも瞬いている 誰のリズムでもない心音は始まりになる この世界の 無意識の意図 その向こうへ
in my spaceうたた寝ソファで 独りぼっち浮遊状態 同じところをグルグルグル 蒼くvividな夢  何千回目の朝 突如感じる引力 たぶん未来の僕が僕を サルベージしはじめた  ふと気づけばもう 旅立ちへの秒読みで しがみついてる古い重力 捨てて  in my space [さあ行くんだ果てしなく広い宇宙へ] new space [新しい自分を創造するんだ] 繰り返した日々 サヨナラ 見えなくなるまで手を振る 新天地の光浴びる僕は まぶた閉じる  不安定な声で 君と交信しようとしても 返事はこない わかっている でもまだ試してる  ずっとこだわっている セオリー壊しちゃえば 昨日の僕と今日の僕は出会う  in my space [さあ行くんだ果てしなく広い宇宙へ] new space [新しい自分を創造するんだ] 記憶の中 留まる過去 鮮やかに塗り替えられて 本当の色忘れそうで僕は 少し怖いよ  もう何回もあきらめそうな旅路で スッと見上げた月はとても綺麗で もっと輝く星を きっと探し出せる そうさ 高鳴る鼓動 響け  in my space [さあ行くんだ果てしなく広い宇宙へ] new space [新しい自分を創造するんだ] 繰り返した日々 サヨナラ 見えなくなるまで手を振る 新天地の光浴びる僕は まぶた閉じる 僕の中の僕と出会うため鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠うたた寝ソファで 独りぼっち浮遊状態 同じところをグルグルグル 蒼くvividな夢  何千回目の朝 突如感じる引力 たぶん未来の僕が僕を サルベージしはじめた  ふと気づけばもう 旅立ちへの秒読みで しがみついてる古い重力 捨てて  in my space [さあ行くんだ果てしなく広い宇宙へ] new space [新しい自分を創造するんだ] 繰り返した日々 サヨナラ 見えなくなるまで手を振る 新天地の光浴びる僕は まぶた閉じる  不安定な声で 君と交信しようとしても 返事はこない わかっている でもまだ試してる  ずっとこだわっている セオリー壊しちゃえば 昨日の僕と今日の僕は出会う  in my space [さあ行くんだ果てしなく広い宇宙へ] new space [新しい自分を創造するんだ] 記憶の中 留まる過去 鮮やかに塗り替えられて 本当の色忘れそうで僕は 少し怖いよ  もう何回もあきらめそうな旅路で スッと見上げた月はとても綺麗で もっと輝く星を きっと探し出せる そうさ 高鳴る鼓動 響け  in my space [さあ行くんだ果てしなく広い宇宙へ] new space [新しい自分を創造するんだ] 繰り返した日々 サヨナラ 見えなくなるまで手を振る 新天地の光浴びる僕は まぶた閉じる 僕の中の僕と出会うため
EXTRA ROUND渾身の一撃決まった! とはいえラッキーパンチ このまま立たないでおくれ 人生そんなうまくいきゃ 人類みんな世界ちゃんぴょん  現実と理想は本日も激しく大げんか中で 僕のハートは戦場です どっちが勝つか  ああ またしても 現実が優勢かい? 敗北者みたいにボロボロな姿なのに いつも  何度「あきらめろ」って告げたってどうせ声なんて聞く気ないのさ ほんとやっかいな わからずやだけど 笑ってる 絶望的な壁の前で君は言う「絶対勝つ!」でも足は震えてるんだ なんの根拠もない この微かに大胆不敵な挑戦は続く  カウンターのチャンスは来た! 決まれば一発KO 無敵のファイター誕生さ 虎視眈々と狙うも 突然怖くなっちゃって  現実と理想は本当は双子で仲良しでした いつのまにか険悪です だけど何故か  ああ どうしても 決別はしようとしない 一心同体になりたいとは思ってるから いつも  いったいなんのための戦いだ お互い支え合ってんのは確かさ いつだって微妙な距離感だけれど わかってる 勝っては負けての繰り返し そうやって両方でっかくなっていくんだ 傷だらけだけど いま確かに正々堂々と向き合う時  今日もまた響く 試合開始を知らせる鐘が  勝敗なんてもうどうだっていいのさ 現実も理想も間違っちゃいないさ ほんとやっかいな わからずやだけど 笑ってる 何千回戦っても引き分けさ ずっと延長戦のまま進んでいくんだ そしていつの日か 称え合って握手をしよう そんな奇跡へ なんの根拠もない この微かに大胆不敵な挑戦は続く鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠渾身の一撃決まった! とはいえラッキーパンチ このまま立たないでおくれ 人生そんなうまくいきゃ 人類みんな世界ちゃんぴょん  現実と理想は本日も激しく大げんか中で 僕のハートは戦場です どっちが勝つか  ああ またしても 現実が優勢かい? 敗北者みたいにボロボロな姿なのに いつも  何度「あきらめろ」って告げたってどうせ声なんて聞く気ないのさ ほんとやっかいな わからずやだけど 笑ってる 絶望的な壁の前で君は言う「絶対勝つ!」でも足は震えてるんだ なんの根拠もない この微かに大胆不敵な挑戦は続く  カウンターのチャンスは来た! 決まれば一発KO 無敵のファイター誕生さ 虎視眈々と狙うも 突然怖くなっちゃって  現実と理想は本当は双子で仲良しでした いつのまにか険悪です だけど何故か  ああ どうしても 決別はしようとしない 一心同体になりたいとは思ってるから いつも  いったいなんのための戦いだ お互い支え合ってんのは確かさ いつだって微妙な距離感だけれど わかってる 勝っては負けての繰り返し そうやって両方でっかくなっていくんだ 傷だらけだけど いま確かに正々堂々と向き合う時  今日もまた響く 試合開始を知らせる鐘が  勝敗なんてもうどうだっていいのさ 現実も理想も間違っちゃいないさ ほんとやっかいな わからずやだけど 笑ってる 何千回戦っても引き分けさ ずっと延長戦のまま進んでいくんだ そしていつの日か 称え合って握手をしよう そんな奇跡へ なんの根拠もない この微かに大胆不敵な挑戦は続く
エル・キホーテこの世界は代わり映えなく ただただ日常繰り返す 物語の主人公 僕 つまりしがないroutine believer また聞こえるとぼけた声 生まれつきのpositive thinkinger 未来を変えるべく大冒険 いざなうこいつ エル・キホーテ  馬鹿げてるその野心 目眩するほどの純真さ 猿まねの欲望でもそんな風になれますか?  目指せ!地平の果て 身体cleverに心crazyのままで Ahスピードあげて 抱えきれない焦燥を越えていこう 期待と後悔を飲み干して 君と追いかける  今日も旅は続いていく 目的地あるの?ないでしょ? いつ見ても得意満面なあなたに総て委ねてます ピンチとチャンスの分岐点 やはりそちら行くんですね… 暗い洞窟に住み着いた魔物を捜しているんでしょ?  100人いれば100通りの行く末があるはずだから あの道もこの道もどのみち上手く繋がるんだ  壊せ!常識の壁 等間隔な歩幅じゃ辿り着けない Ah不条理の先 笑い飛ばして一緒に目撃しよう 理想と現実の共通点 答えはもう…  猜疑心も羞恥心もそんなに意味などないんだ  目指せ!地平の果て 身体cleverに心crazyのままで Ahスピードあげて 抱えきれない焦燥を越えていこう 期待と後悔を飲み干して 君と追いかける鈴村健一鈴村健一corin.この世界は代わり映えなく ただただ日常繰り返す 物語の主人公 僕 つまりしがないroutine believer また聞こえるとぼけた声 生まれつきのpositive thinkinger 未来を変えるべく大冒険 いざなうこいつ エル・キホーテ  馬鹿げてるその野心 目眩するほどの純真さ 猿まねの欲望でもそんな風になれますか?  目指せ!地平の果て 身体cleverに心crazyのままで Ahスピードあげて 抱えきれない焦燥を越えていこう 期待と後悔を飲み干して 君と追いかける  今日も旅は続いていく 目的地あるの?ないでしょ? いつ見ても得意満面なあなたに総て委ねてます ピンチとチャンスの分岐点 やはりそちら行くんですね… 暗い洞窟に住み着いた魔物を捜しているんでしょ?  100人いれば100通りの行く末があるはずだから あの道もこの道もどのみち上手く繋がるんだ  壊せ!常識の壁 等間隔な歩幅じゃ辿り着けない Ah不条理の先 笑い飛ばして一緒に目撃しよう 理想と現実の共通点 答えはもう…  猜疑心も羞恥心もそんなに意味などないんだ  目指せ!地平の果て 身体cleverに心crazyのままで Ahスピードあげて 抱えきれない焦燥を越えていこう 期待と後悔を飲み干して 君と追いかける
おもちゃ箱カギをなくしちゃった 大事なおもちゃ箱 なんとかして開けたいけど 無理にこじ開けて 壊すわけにもいかず しまい込んでしまったのさ  君も僕も簡単には開けない 本当の自分を抱えてさ 時々 不安になってしまうから 笑顔の向こう側に さあ  探そう 探そう 探しにいこう きっとどこかにあるだろう 探そう 探そう 心のカギを 光ってるはずさ  タイヤのとれたクルマ 音が出ないオルゴール ママはガラクタって言うけど もし捨てちゃったなら 自分も消えちゃいそうで カギをかけて守ってた  誰にも見せないで過ごしてた 頑ななこだわりが 君の前でちょっと顔出したよ 気づいてくれてるかな ねぇ  探そう 探そう 探しにいこう 手伝ってくれませんか? 探そう 探そう 心のカギを もちろん君のも  探そう 探そう 探しつづけよう ひょっとしたら目の前に 探そう 探そう 心のカギは 君の手の中に  臆病者の僕たちだけど 愛を隠したおもちゃ箱 開けてみよう 心のカギで 光ってるはずさ鈴村健一鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也カギをなくしちゃった 大事なおもちゃ箱 なんとかして開けたいけど 無理にこじ開けて 壊すわけにもいかず しまい込んでしまったのさ  君も僕も簡単には開けない 本当の自分を抱えてさ 時々 不安になってしまうから 笑顔の向こう側に さあ  探そう 探そう 探しにいこう きっとどこかにあるだろう 探そう 探そう 心のカギを 光ってるはずさ  タイヤのとれたクルマ 音が出ないオルゴール ママはガラクタって言うけど もし捨てちゃったなら 自分も消えちゃいそうで カギをかけて守ってた  誰にも見せないで過ごしてた 頑ななこだわりが 君の前でちょっと顔出したよ 気づいてくれてるかな ねぇ  探そう 探そう 探しにいこう 手伝ってくれませんか? 探そう 探そう 心のカギを もちろん君のも  探そう 探そう 探しつづけよう ひょっとしたら目の前に 探そう 探そう 心のカギは 君の手の中に  臆病者の僕たちだけど 愛を隠したおもちゃ箱 開けてみよう 心のカギで 光ってるはずさ
ALL GREENすぐ倒れるんだ 気が遠くなるよ 風が強い ドミノの様なこの日々は  完成したら どこまでいけるかな 理想に気を取られて つまづいて  また一から並べる いつしかゆがんだ欠片 夢  何千回も負けを認めたでしょう その度 喚いて 叫んで 壊れそうで 逃げ出したでしょう  でも なぜだろう ここにいる 確かに ここにいる 今も  いつだって 僕たちには 蘇る 才能がある 捨て去りたい過去さえも ひとつひとつの細胞として刻まれていく 希望 いざなう明日の声に 新たな自分 こう言うんだ 「まだ見たい景色あるんだよ」って  さあ 満面の笑みで迎えに行こう 救いを求める みじめで情けない あの日の僕を  そう 差し出すその手を今 つかめるのさ 僕は  いつだって 僕たちには 蘇る 才能がある どんな苦しみたちも 消しはしないのさ ちゃんと繋ぐよこの手で 未来 当たり前の毎日が かがやき始めたなら もう前だけ見てればいいはずさ  いつだって 僕たちには 蘇る 才能がある 捨て去りたい過去さえも ひとつひとつの細胞として刻まれていく 希望 いざなう明日の声に 新たな自分 こう言うんだ 「まだ見たい景色あるんだよ」って  当たり前の毎日が かがやき始めたなら もう前だけ見てればいいはずさ鈴村健一鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也すぐ倒れるんだ 気が遠くなるよ 風が強い ドミノの様なこの日々は  完成したら どこまでいけるかな 理想に気を取られて つまづいて  また一から並べる いつしかゆがんだ欠片 夢  何千回も負けを認めたでしょう その度 喚いて 叫んで 壊れそうで 逃げ出したでしょう  でも なぜだろう ここにいる 確かに ここにいる 今も  いつだって 僕たちには 蘇る 才能がある 捨て去りたい過去さえも ひとつひとつの細胞として刻まれていく 希望 いざなう明日の声に 新たな自分 こう言うんだ 「まだ見たい景色あるんだよ」って  さあ 満面の笑みで迎えに行こう 救いを求める みじめで情けない あの日の僕を  そう 差し出すその手を今 つかめるのさ 僕は  いつだって 僕たちには 蘇る 才能がある どんな苦しみたちも 消しはしないのさ ちゃんと繋ぐよこの手で 未来 当たり前の毎日が かがやき始めたなら もう前だけ見てればいいはずさ  いつだって 僕たちには 蘇る 才能がある 捨て去りたい過去さえも ひとつひとつの細胞として刻まれていく 希望 いざなう明日の声に 新たな自分 こう言うんだ 「まだ見たい景色あるんだよ」って  当たり前の毎日が かがやき始めたなら もう前だけ見てればいいはずさ
All rightその声は どこまでも響く ざわめく未来へ 泳いでいく  その両手は すべてをつかむ 掲げろ 自由に  ずっと胸の奥 燃えさかる炎 悩んだフリしちゃって 本当は 観てみたいって 想う景色 決まってるんだろう  誰も教えてくれない 答えはいつも All right All right Stand Up 一つしか選べないよ 答えはいつも All right All right 全問正解 立ち止まるな  その声は ふたつとない音 重なり合っても 消えやしない  その両手は 抱きしめている 輝く証を  今日も騒ぐ街 でも感じる孤独 悲劇のフリしちゃって 本当は この世界をキライになんて なれやしないんだろう  格好つけなくてもいい 答えはいつも All right All right Stand Up 自分らしさつらぬけば 答えはいつも All right All right 心配ご無用 みんな同じさ  宝探しみたいでも 答えはいつも All right All right Stand Up  誰も教えてくれない 答えはいつも All right All right Stand Up 一つしか選べないよ 答えはいつも All right All right 全問正解 立ち止まるな鈴村健一鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也その声は どこまでも響く ざわめく未来へ 泳いでいく  その両手は すべてをつかむ 掲げろ 自由に  ずっと胸の奥 燃えさかる炎 悩んだフリしちゃって 本当は 観てみたいって 想う景色 決まってるんだろう  誰も教えてくれない 答えはいつも All right All right Stand Up 一つしか選べないよ 答えはいつも All right All right 全問正解 立ち止まるな  その声は ふたつとない音 重なり合っても 消えやしない  その両手は 抱きしめている 輝く証を  今日も騒ぐ街 でも感じる孤独 悲劇のフリしちゃって 本当は この世界をキライになんて なれやしないんだろう  格好つけなくてもいい 答えはいつも All right All right Stand Up 自分らしさつらぬけば 答えはいつも All right All right 心配ご無用 みんな同じさ  宝探しみたいでも 答えはいつも All right All right Stand Up  誰も教えてくれない 答えはいつも All right All right Stand Up 一つしか選べないよ 答えはいつも All right All right 全問正解 立ち止まるな
くものいとくものいとはだらりと 未来を試す様にゆれる やがて誰かがそれを掴んだ 引きずり下ろす群衆は 今を守りたがるさびしがり屋だ 僕も選べないでいる 臆病者で  「てをのばせ」 微かに聞こえる 誘う様に聞こえる 箱庭の外から響く 先駆者達の声 住めば都の奈落の底 憎んで 愛して 矛盾に笑われて 日は沈む 今宵も 革命の日の夢を見る おやすみ  くものいとは綺麗で 甘そうな雫がしたたる とても滑りやすいらしんだ 登り切れば 楽園が そんな噂信じられはしないけど いつも心惹かれる あのいとの先  「てをのばせ」 今日より愛しい明日へと 変わりたい 変われない 自分を信じて裏切られて 挙げ句に誰かさんのせいにしてる  群れはゆく 白黒で答えを求め 選べない それでも ここにいる  「てをのばせ」 微かに聞こえる 誘う様に聞こえる 箱庭の外から響く 先駆者達の声  「てをのばせ」 今日も静かに揺れている 未来は揺れてる あの声は救いか甘い罠か ひとりで見上げる空の先へと 臆病者よ てをのばせ鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠くものいとはだらりと 未来を試す様にゆれる やがて誰かがそれを掴んだ 引きずり下ろす群衆は 今を守りたがるさびしがり屋だ 僕も選べないでいる 臆病者で  「てをのばせ」 微かに聞こえる 誘う様に聞こえる 箱庭の外から響く 先駆者達の声 住めば都の奈落の底 憎んで 愛して 矛盾に笑われて 日は沈む 今宵も 革命の日の夢を見る おやすみ  くものいとは綺麗で 甘そうな雫がしたたる とても滑りやすいらしんだ 登り切れば 楽園が そんな噂信じられはしないけど いつも心惹かれる あのいとの先  「てをのばせ」 今日より愛しい明日へと 変わりたい 変われない 自分を信じて裏切られて 挙げ句に誰かさんのせいにしてる  群れはゆく 白黒で答えを求め 選べない それでも ここにいる  「てをのばせ」 微かに聞こえる 誘う様に聞こえる 箱庭の外から響く 先駆者達の声  「てをのばせ」 今日も静かに揺れている 未来は揺れてる あの声は救いか甘い罠か ひとりで見上げる空の先へと 臆病者よ てをのばせ
CHRONICLEわかってる いつか描いた 未来図はこうじゃないって 僕には行き場のない理想がひとつある  つがいの鳥街を見下ろす 自由に飛び 澄み切る視界に 人は愛しあって映るだろうか?  心=言葉ではない なのにまた願い叫び続けてく  閉ざされた扉ノックして「開けてくれ」と声を嗄らして 届いてくれ希望の歌 空洞に響いていく うねりを増した人並みの中 無様でも息を止めないよ 全方位に向けて放つ想い 七色のイメージ弧を描くように  変わりかけの赤信号を待ちきれず渡る少女 悪意より小さな想いあふれたのだろう  感情すら仕事の僕は 人知れずこの交差点で 今日もまた衝動を飲み込んでいる  迷い涙して捨てたものは 鈍い輝きでまだ息づいてる  夢が途絶えたあの夜も 孤独苛むあの部屋も 未来へと続いていた 大きな意味を持って 癒えない傷口は疼いて だけど痛み僕を奮い立たして 全身全霊で挑むんだ 生まれたことの真実を知るため  深海のような静寂で 何も見えない 動けない 終わるのか 始まりか それすらどうでもいいことで 醜くて 美しくて 空っぽの世界  なのにまた願い叫び続けてく  閉ざされた扉ノックして「開けてくれ」と声を嗄らして 届いてくれ希望の歌 空洞に響いていく うねりを増した人並みの中 無様でも息を止めないよ 全方位に向けて放つ想い 七色のイメージこの世界を染めていく鈴村健一鈴村健一黒須克彦わかってる いつか描いた 未来図はこうじゃないって 僕には行き場のない理想がひとつある  つがいの鳥街を見下ろす 自由に飛び 澄み切る視界に 人は愛しあって映るだろうか?  心=言葉ではない なのにまた願い叫び続けてく  閉ざされた扉ノックして「開けてくれ」と声を嗄らして 届いてくれ希望の歌 空洞に響いていく うねりを増した人並みの中 無様でも息を止めないよ 全方位に向けて放つ想い 七色のイメージ弧を描くように  変わりかけの赤信号を待ちきれず渡る少女 悪意より小さな想いあふれたのだろう  感情すら仕事の僕は 人知れずこの交差点で 今日もまた衝動を飲み込んでいる  迷い涙して捨てたものは 鈍い輝きでまだ息づいてる  夢が途絶えたあの夜も 孤独苛むあの部屋も 未来へと続いていた 大きな意味を持って 癒えない傷口は疼いて だけど痛み僕を奮い立たして 全身全霊で挑むんだ 生まれたことの真実を知るため  深海のような静寂で 何も見えない 動けない 終わるのか 始まりか それすらどうでもいいことで 醜くて 美しくて 空っぽの世界  なのにまた願い叫び続けてく  閉ざされた扉ノックして「開けてくれ」と声を嗄らして 届いてくれ希望の歌 空洞に響いていく うねりを増した人並みの中 無様でも息を止めないよ 全方位に向けて放つ想い 七色のイメージこの世界を染めていく
それはまだイミテーション ちいさな欠片だけど ずっしりと想いが詰まった種  はじめて繋いだ手 大雨に震えた夜 全身の記憶を原料に さあ  どんなドラマを紡ごう(心を向けて) 想像を今日も真実へ 生みだすんだ  届けよ この声 モノクロの日々に 極彩色の花よ ひらけひらけ  届けよ この声 道しるべのように 何十億の未来 照らせ照らせ  僕らずっと嘘つき 傷つきやすいから ありのままなどない時代 いま  でもだからこそきっと僕ら向き合うんだ 言葉に隠された意味に さあ  もっと自由になろう(心を向けて) 感情を今日も感動へ 繋げるんだ  届けよ この声 凍える心に 明日への息吹 灯せ灯せ  届けよ この声 純真無垢な呼吸 いま希望をのせて 響け あなたへ  何気ない日々は物語となり この世界に踊る(心を向けて) 描くのさ僕も ありったけの想いで 光も闇さえも彩る傑作を  届けよ この声 モノクロの日々に 極彩色の花よ ひらけひらけ  届けよ この声 道しるべのように 何十億の未来 照らせ照らせ  届けよ この声 凍える心に 明日への息吹 灯せ灯せ  届けよ この声 純真無垢な呼吸 いま希望をのせて 響け あなたへ  この声よ 響け あなたへ いつまでも いつまでも 時を越えて あなたへと 永遠に消えぬように この声よ 響け あなたへ鈴村健一鈴村健一森久保祥太郎宮崎誠それはまだイミテーション ちいさな欠片だけど ずっしりと想いが詰まった種  はじめて繋いだ手 大雨に震えた夜 全身の記憶を原料に さあ  どんなドラマを紡ごう(心を向けて) 想像を今日も真実へ 生みだすんだ  届けよ この声 モノクロの日々に 極彩色の花よ ひらけひらけ  届けよ この声 道しるべのように 何十億の未来 照らせ照らせ  僕らずっと嘘つき 傷つきやすいから ありのままなどない時代 いま  でもだからこそきっと僕ら向き合うんだ 言葉に隠された意味に さあ  もっと自由になろう(心を向けて) 感情を今日も感動へ 繋げるんだ  届けよ この声 凍える心に 明日への息吹 灯せ灯せ  届けよ この声 純真無垢な呼吸 いま希望をのせて 響け あなたへ  何気ない日々は物語となり この世界に踊る(心を向けて) 描くのさ僕も ありったけの想いで 光も闇さえも彩る傑作を  届けよ この声 モノクロの日々に 極彩色の花よ ひらけひらけ  届けよ この声 道しるべのように 何十億の未来 照らせ照らせ  届けよ この声 凍える心に 明日への息吹 灯せ灯せ  届けよ この声 純真無垢な呼吸 いま希望をのせて 響け あなたへ  この声よ 響け あなたへ いつまでも いつまでも 時を越えて あなたへと 永遠に消えぬように この声よ 響け あなたへ
この世界の好きなところなんにでもなれると思った 夏休みは昔 何が苦手で何が無難か 身の程知るこの頃  ああ 不器用でも生きていくしかない 途方もないような道のり それでも あの空へ口ずさむのさ 子供のように この世界の好きなところを  ひとつ 季節があること 辿り行く景色 凍えそうな冬越えて 春が来る喜びを ひとつ 同じ日はないこと 今日はどこに行こう 寄り道で出会った夢 いつの日か 咲き誇るんだろう  揚げ足取られないように歩幅合わせている 先を急げば はみだしものに じっとしてりゃ のけもの  隣の芝生 青いもんだ それはお互い様でしょうし 誰かのせいにせず見つけるのさ あきらめずに この世界の好きなところを  ひとつ 一人じゃないこと 上手くいかない日も 誰かきっと気づいてる ひたむきなまなざしに ひとつ 逃げてもいいこと なるようになるさ やりなおし くりかえし 一歩ずつ ゴール目指すんだよ  ひとつ ご飯が美味しいこと ひとつ 家族がいること いつもありがとう ひとつ 音楽があること 恥ずかしがらないで 高らかに歌うのさ この世界の好きなところ  ひとつ 自由であること 何を選んでもいい 笑われることもある でも自分を信じればいい ひとつ 完璧じゃないこと 未完成の日々 まだ知らないことばかり 明日は何が起こるのだろう  歌うのさ ラララ ほら照れないで鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠なんにでもなれると思った 夏休みは昔 何が苦手で何が無難か 身の程知るこの頃  ああ 不器用でも生きていくしかない 途方もないような道のり それでも あの空へ口ずさむのさ 子供のように この世界の好きなところを  ひとつ 季節があること 辿り行く景色 凍えそうな冬越えて 春が来る喜びを ひとつ 同じ日はないこと 今日はどこに行こう 寄り道で出会った夢 いつの日か 咲き誇るんだろう  揚げ足取られないように歩幅合わせている 先を急げば はみだしものに じっとしてりゃ のけもの  隣の芝生 青いもんだ それはお互い様でしょうし 誰かのせいにせず見つけるのさ あきらめずに この世界の好きなところを  ひとつ 一人じゃないこと 上手くいかない日も 誰かきっと気づいてる ひたむきなまなざしに ひとつ 逃げてもいいこと なるようになるさ やりなおし くりかえし 一歩ずつ ゴール目指すんだよ  ひとつ ご飯が美味しいこと ひとつ 家族がいること いつもありがとう ひとつ 音楽があること 恥ずかしがらないで 高らかに歌うのさ この世界の好きなところ  ひとつ 自由であること 何を選んでもいい 笑われることもある でも自分を信じればいい ひとつ 完璧じゃないこと 未完成の日々 まだ知らないことばかり 明日は何が起こるのだろう  歌うのさ ラララ ほら照れないで
コンパス「やめちまっかな?」 散歩帰りに 国道沿いの道で思う 遠い昔にピント合わせて群れの一員となりまして “目先の幸せ”そいつも大事だ 警告来る「立ち止まんじゃねぇ!体たらくだ!」と右脳からだ 群れの中ではプラモみたいにシンメトリーな形になる 理念がでかくて左脳が手を焼く 目指した場所ならぼんやり見えてるんだけど  フラフラ定まらない僕のコンパス 人波の中狂っている ゴミの日「邪魔だ!」と捨てちゃいそうだ わずかに未来指してるから やっぱポケットに  歩き続けりゃ地平線かな?この間見つけたゴールだぞ たどり着いて旗をたてても 早速次の目的地が… 強気の右脳に左脳が忠告 「あの群れ エサ場がいいから合流しよう!!」  フラフラ定まらない僕のコンパス 流れの方に傾きそう “そこのけそこのけお馬が通る~♪” 偉そうに掻き分かてみたいけど やっぱ日和るんだよ  右脳も左脳も制御できない コンパスの針は今日も揺れる  何かのせいにしたとこで結局 進む時間に容赦などない  フラフラ定まらない僕のコンパス 流れの方に傾いても “そこのけそこのけお馬が通る~♪♪” ちょっとは掻き分けてみよう フラフラ定まらない僕のコンパス 人波の中狂ってても ゴミの日「邪魔だ!」と捨てられないよ わずかに未来指してるから やっぱポケットに鈴村健一鈴村健一松下典由松下典由「やめちまっかな?」 散歩帰りに 国道沿いの道で思う 遠い昔にピント合わせて群れの一員となりまして “目先の幸せ”そいつも大事だ 警告来る「立ち止まんじゃねぇ!体たらくだ!」と右脳からだ 群れの中ではプラモみたいにシンメトリーな形になる 理念がでかくて左脳が手を焼く 目指した場所ならぼんやり見えてるんだけど  フラフラ定まらない僕のコンパス 人波の中狂っている ゴミの日「邪魔だ!」と捨てちゃいそうだ わずかに未来指してるから やっぱポケットに  歩き続けりゃ地平線かな?この間見つけたゴールだぞ たどり着いて旗をたてても 早速次の目的地が… 強気の右脳に左脳が忠告 「あの群れ エサ場がいいから合流しよう!!」  フラフラ定まらない僕のコンパス 流れの方に傾きそう “そこのけそこのけお馬が通る~♪” 偉そうに掻き分かてみたいけど やっぱ日和るんだよ  右脳も左脳も制御できない コンパスの針は今日も揺れる  何かのせいにしたとこで結局 進む時間に容赦などない  フラフラ定まらない僕のコンパス 流れの方に傾いても “そこのけそこのけお馬が通る~♪♪” ちょっとは掻き分けてみよう フラフラ定まらない僕のコンパス 人波の中狂ってても ゴミの日「邪魔だ!」と捨てられないよ わずかに未来指してるから やっぱポケットに
Go my rail流れる世界は今 もう10年前の想像なんかより凄いけど 相変わらず抱えてる この停滞感と焦燥感の正体を暴こう  ここはどこだ? Uh mad dash! 環状線だ まるで Ah ah ah ah  さあどうすればいい?  路線図にはないレール走るっきゃない あのトンネルの先だ 見慣れた駅ばっか停車してないで 勇気を振り絞っていこう 発車オーライ!でいいんじゃない? まだ見ぬ未来へ Go my rail  苦労して手に入れた 流行の時計も今じゃ動かない いまさら邪魔だけど あの達成感と優越感が記憶を美化する  振り向いても No!No!No point! 前にしか進めない Ah ah ah ah  想い出が手を降る  記念品のふりしてるガラクタも もうトランクにゃ積めないな 夢も栄光もすがってちゃ可哀想だ だったらポイしちゃってさ 分岐点こそ楽しんで! 新たな自分で Go my rail  Yeah yeah yeah yeah! Wow wow wow wow!  線路は続くのさ どこまでも  路線図にはないレール走るっきゃない あのトンネルの先だ 見慣れた駅ばっか停車してないで 勇気を振り絞っていこう 発車オーライ!でいいんじゃない? まだ見ぬ未来目指して 新たな自分で Go my rail  Yeah yeah yeah yeah! Wow wow wow wow!鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠流れる世界は今 もう10年前の想像なんかより凄いけど 相変わらず抱えてる この停滞感と焦燥感の正体を暴こう  ここはどこだ? Uh mad dash! 環状線だ まるで Ah ah ah ah  さあどうすればいい?  路線図にはないレール走るっきゃない あのトンネルの先だ 見慣れた駅ばっか停車してないで 勇気を振り絞っていこう 発車オーライ!でいいんじゃない? まだ見ぬ未来へ Go my rail  苦労して手に入れた 流行の時計も今じゃ動かない いまさら邪魔だけど あの達成感と優越感が記憶を美化する  振り向いても No!No!No point! 前にしか進めない Ah ah ah ah  想い出が手を降る  記念品のふりしてるガラクタも もうトランクにゃ積めないな 夢も栄光もすがってちゃ可哀想だ だったらポイしちゃってさ 分岐点こそ楽しんで! 新たな自分で Go my rail  Yeah yeah yeah yeah! Wow wow wow wow!  線路は続くのさ どこまでも  路線図にはないレール走るっきゃない あのトンネルの先だ 見慣れた駅ばっか停車してないで 勇気を振り絞っていこう 発車オーライ!でいいんじゃない? まだ見ぬ未来目指して 新たな自分で Go my rail  Yeah yeah yeah yeah! Wow wow wow wow!
さあ見栄張りましょう明日は締め切り もう2時だ なんでほっといたのかな わかっちゃいるけど マンガ読んじゃう ほんと七不思議だね  やる気がないわけじゃないのに 身体がちっとも動かない  さあ見栄張りましょう 「本気出しちゃったらノーベル賞さ」  そんなすげぇ妄想をすり抜けて 輝けよ 未来 実は本気よ ねぇお願い 叶えてちょうだい  でっかい野望がでっかすぎるのか 理想の一歩を踏み出せない  一心不乱モードに スウィッチ一つで切り替えられませんか?  アシカは手を振り 拍手喝采 まあすごい!かしこいですね ご褒美貰って 張り切っちゃう なんか嫉妬しちゃいますわ  ひらすら頑張ってるのに 褒められた記憶などない  さあ見栄張りましょう 「僕やめたら会社は倒産ですよ」  そんなヤバい妄想を飲み込んで にこやかな社内 「それは違うんじゃあ…」って思うけれど なんにも言えない  無限の劣等感 持て余しても 人気者ってやつに なってみたい  豪快奔放な人に スウィッチ一つで切り替えられませんか?  こんなに真面目に生きてる とにかく真面目に生きてる  さあ見栄張りましょう 「時代よ そろそろオレに追いつけ」  そんなイタい妄想を踏みこえて これからに期待 ちょっと辛い現状だけれども これからに期待  明日の天気すらわからないんだ あきらめるにははやすぎる  最高の人生に! さあ! スウィッチ一つで切り替えられたら楽だけど まあ無理か…  さあ見栄張りましょう 隠せはしない 本当の心 さあ見栄張りましょう 現実越えるため 鏡の前で 今日も さあ見栄張りましょう鈴村健一鈴村健一野井洋児野井洋児明日は締め切り もう2時だ なんでほっといたのかな わかっちゃいるけど マンガ読んじゃう ほんと七不思議だね  やる気がないわけじゃないのに 身体がちっとも動かない  さあ見栄張りましょう 「本気出しちゃったらノーベル賞さ」  そんなすげぇ妄想をすり抜けて 輝けよ 未来 実は本気よ ねぇお願い 叶えてちょうだい  でっかい野望がでっかすぎるのか 理想の一歩を踏み出せない  一心不乱モードに スウィッチ一つで切り替えられませんか?  アシカは手を振り 拍手喝采 まあすごい!かしこいですね ご褒美貰って 張り切っちゃう なんか嫉妬しちゃいますわ  ひらすら頑張ってるのに 褒められた記憶などない  さあ見栄張りましょう 「僕やめたら会社は倒産ですよ」  そんなヤバい妄想を飲み込んで にこやかな社内 「それは違うんじゃあ…」って思うけれど なんにも言えない  無限の劣等感 持て余しても 人気者ってやつに なってみたい  豪快奔放な人に スウィッチ一つで切り替えられませんか?  こんなに真面目に生きてる とにかく真面目に生きてる  さあ見栄張りましょう 「時代よ そろそろオレに追いつけ」  そんなイタい妄想を踏みこえて これからに期待 ちょっと辛い現状だけれども これからに期待  明日の天気すらわからないんだ あきらめるにははやすぎる  最高の人生に! さあ! スウィッチ一つで切り替えられたら楽だけど まあ無理か…  さあ見栄張りましょう 隠せはしない 本当の心 さあ見栄張りましょう 現実越えるため 鏡の前で 今日も さあ見栄張りましょう
先へ音のない月夜 澄み渡る空気 僕だけが知る 午前4時の世界 その情景を伝えたくて放つ言葉 届けと願う でも怖いんだ  孤独は僕を強くして だからこそあきらめることも増えてきて 愛してる人達の声もあてつけに聞こえたり 目を閉じていた  そのままでいいよ どうにかなるよ 都合良い答えは 今日も聞こえてくる なぜ続けるの?誰かのためになるの? 進む意味を探してるんだ  言葉に出来ない希望が僕をまだ生かしてる 明日へ立ち上がる 誰かが言うきれいごとでも 僕だけができること また信じよう  夢はいつも苦しみに 通せんぼされちゃうけど 未来は 物語はそう 手招いている  始めましょうか さあ行こう夢の先へと 溢れ出す言の葉を繋げ 舞い上がれ 目の前で生まれるストーリー 問いかけず響かせろ今 恐れずに  進もう 高く高く 進もう 繋いで行け さあどこまでも さあ行こう夢の先へ鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠音のない月夜 澄み渡る空気 僕だけが知る 午前4時の世界 その情景を伝えたくて放つ言葉 届けと願う でも怖いんだ  孤独は僕を強くして だからこそあきらめることも増えてきて 愛してる人達の声もあてつけに聞こえたり 目を閉じていた  そのままでいいよ どうにかなるよ 都合良い答えは 今日も聞こえてくる なぜ続けるの?誰かのためになるの? 進む意味を探してるんだ  言葉に出来ない希望が僕をまだ生かしてる 明日へ立ち上がる 誰かが言うきれいごとでも 僕だけができること また信じよう  夢はいつも苦しみに 通せんぼされちゃうけど 未来は 物語はそう 手招いている  始めましょうか さあ行こう夢の先へと 溢れ出す言の葉を繋げ 舞い上がれ 目の前で生まれるストーリー 問いかけず響かせろ今 恐れずに  進もう 高く高く 進もう 繋いで行け さあどこまでも さあ行こう夢の先へ
The whole world見上げれば広い空 君のは何色? 疑う気はないけど僕のと違うかも? 答えはどうやら出せそうはないようで 2人とも正解 それでよしとしませんか?  0.2秒先を動かすのは僕が見てる今だ いつだって選択肢は無限 ゆだねられてる さあいこうか!  未来と繋がる僕の身体は 世界そのものといってもいいよ 目をそらさずすべて ありのまま受け止めて イメージの羽ひらけば どこにだって飛んでいけるんだ  どこからかあふれるゴシップに街は 本当のことですら煙にまかれています お宝探しの様に手にいれても ニセモノつかまされてるのかもしれません  安いビー玉ひとつ宝石だと今も信じられる? いつだって決定権は僕 ゆだねられてる そんなもんだ!  見つめ続けてる僕の両目が 世界のサイズを決めてくれるよ パノラマに広げるんだ 逆さまからも見るんだ 輝くビジョン浮かべば それがきっと真実になるんだ  うつむいていたらモノクロになる 前をみつめれば鮮やかになる  未来と繋がる僕の身体は 世界そのものといってもいいよ 目をそらさずすべて ありのまま受け止めて イメージの羽ひらけば どこにだって飛んでいけるんだ  望んでいるのなら 世界は裏切らない もう未来は僕のもんだ 自由に羽ばたくんだ 羽ばたくんだ 羽ばたくんだ キラキラ輝くところへ鈴村健一鈴村健一萩原慎太郎・佐々木聡作見上げれば広い空 君のは何色? 疑う気はないけど僕のと違うかも? 答えはどうやら出せそうはないようで 2人とも正解 それでよしとしませんか?  0.2秒先を動かすのは僕が見てる今だ いつだって選択肢は無限 ゆだねられてる さあいこうか!  未来と繋がる僕の身体は 世界そのものといってもいいよ 目をそらさずすべて ありのまま受け止めて イメージの羽ひらけば どこにだって飛んでいけるんだ  どこからかあふれるゴシップに街は 本当のことですら煙にまかれています お宝探しの様に手にいれても ニセモノつかまされてるのかもしれません  安いビー玉ひとつ宝石だと今も信じられる? いつだって決定権は僕 ゆだねられてる そんなもんだ!  見つめ続けてる僕の両目が 世界のサイズを決めてくれるよ パノラマに広げるんだ 逆さまからも見るんだ 輝くビジョン浮かべば それがきっと真実になるんだ  うつむいていたらモノクロになる 前をみつめれば鮮やかになる  未来と繋がる僕の身体は 世界そのものといってもいいよ 目をそらさずすべて ありのまま受け止めて イメージの羽ひらけば どこにだって飛んでいけるんだ  望んでいるのなら 世界は裏切らない もう未来は僕のもんだ 自由に羽ばたくんだ 羽ばたくんだ 羽ばたくんだ キラキラ輝くところへ
SHIPSさあいこう 長い旅路さ きっと 錨をあげろ! 覚悟なき者よ さらば 雄叫びあげよう!  深い霧 悪戦苦闘はつづく 答えは今日も見えない  不条理に見えるものの中に光る 宝物探す毎日だって 楽しめば冒険者です  つかまえろ 気まぐれな風 油断するな もっと帆を張れ 希望という名の船 いつの日か 新世界へ  戦い 勝ち続けなきゃって 暗示かけてた  弱さを認める本当の強さ 叶わない夢もあるもんさって 笑って次の旅へ  荒れ狂う大海原に 白旗上げる日もあるだろう 敗北は終焉じゃない 幕開けへと変えるんだ  その声で覚悟を示せ! もっともっとボリュームあげろ!  そう 視界は澄み切っていく 顔上げろ 冒険者達よ 希望という名の船 いつの日か 新世界へ  だれもが皆 冒険者さ 聞こえるだろう この叫びが ほら 果てない旅 一人じゃない 響かせるのさ その叫びを 今鈴村健一鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也さあいこう 長い旅路さ きっと 錨をあげろ! 覚悟なき者よ さらば 雄叫びあげよう!  深い霧 悪戦苦闘はつづく 答えは今日も見えない  不条理に見えるものの中に光る 宝物探す毎日だって 楽しめば冒険者です  つかまえろ 気まぐれな風 油断するな もっと帆を張れ 希望という名の船 いつの日か 新世界へ  戦い 勝ち続けなきゃって 暗示かけてた  弱さを認める本当の強さ 叶わない夢もあるもんさって 笑って次の旅へ  荒れ狂う大海原に 白旗上げる日もあるだろう 敗北は終焉じゃない 幕開けへと変えるんだ  その声で覚悟を示せ! もっともっとボリュームあげろ!  そう 視界は澄み切っていく 顔上げろ 冒険者達よ 希望という名の船 いつの日か 新世界へ  だれもが皆 冒険者さ 聞こえるだろう この叫びが ほら 果てない旅 一人じゃない 響かせるのさ その叫びを 今
シロイカラス君にもいつかわかる 白いカラスの行き先 人知れず僕らは飛ぶ 華やぐ街を  生きる理由ばかり探してる 空っぽの自分が 恥ずかしいからさ  世界が決めたルールに僕らは ただ身をまかせて 笑ってればいいの?  「裸のまま 本能赴くままに」 目をそらしていた真実の姿  誰の為でもなく 下す決断 黒い衣 脱ぎ捨てて立ち上がるんだ 純白な願い 僕らの翼 迷いを今 ふりはらい羽ばたくんだ  恐れるな 答えなら 闇の向こうに  なにが正しいのかなんて 早いもん勝ちで決まっていく時代さ  「手遅れでしょう?」ってみんな足踏み 居心地よくって ただ眠れなくって  どうして世界は一つになりたがる? 夢も理想も同じわけないのに  誰より高く飛びたいってイメージ 僕たちは それだけを手がかりに うしろ指にも またねと手を振り まだ知らない あしたへと旅立つんだ  一人ずつ 違うこと 誇りに変えて  あかつき 染める光 白いカラスは見つめる 静かに 力強い 希望の息吹  誰の為でもなく 下す決断 黒い衣 脱ぎ捨てて立ち上がるんだ 純白な願い 僕らの翼 迷いを今 ふりはらい羽ばたくんだ  恐れるな 答えなら 闇の向こうに  君にもいつかわかる 白いカラスの行き先 人知れず頬を伝う 涙の意味が鈴村健一鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也君にもいつかわかる 白いカラスの行き先 人知れず僕らは飛ぶ 華やぐ街を  生きる理由ばかり探してる 空っぽの自分が 恥ずかしいからさ  世界が決めたルールに僕らは ただ身をまかせて 笑ってればいいの?  「裸のまま 本能赴くままに」 目をそらしていた真実の姿  誰の為でもなく 下す決断 黒い衣 脱ぎ捨てて立ち上がるんだ 純白な願い 僕らの翼 迷いを今 ふりはらい羽ばたくんだ  恐れるな 答えなら 闇の向こうに  なにが正しいのかなんて 早いもん勝ちで決まっていく時代さ  「手遅れでしょう?」ってみんな足踏み 居心地よくって ただ眠れなくって  どうして世界は一つになりたがる? 夢も理想も同じわけないのに  誰より高く飛びたいってイメージ 僕たちは それだけを手がかりに うしろ指にも またねと手を振り まだ知らない あしたへと旅立つんだ  一人ずつ 違うこと 誇りに変えて  あかつき 染める光 白いカラスは見つめる 静かに 力強い 希望の息吹  誰の為でもなく 下す決断 黒い衣 脱ぎ捨てて立ち上がるんだ 純白な願い 僕らの翼 迷いを今 ふりはらい羽ばたくんだ  恐れるな 答えなら 闇の向こうに  君にもいつかわかる 白いカラスの行き先 人知れず頬を伝う 涙の意味が
シンプルな未来欲張りな僕の行き先だらけの旅のしおり よく見てよ 君の名前もここに書いてあるよ  ジュースやらおやつなら現地調達で でもリュックには 重たい荷物  到達時刻は未定です 素敵な旅にしましょう  みえないリングにとらわれてる世界のなかで 君と僕が同じ道歩いてる軌跡 みえないリングにとらわれても描いてくビジョンは 君と僕が手をつないでる シンプルな未来  欲張りな君も織り込み済みの旅のしおり よく見てよ僕を 得意げな顔しているでしょ?  トンネルを抜けたのに闇夜になって でも増えていく 愛しい荷物  集合場所など決めません はぐれることはないから  みえないリングにとらわれてる世界のなかで 君と僕が同じ道たどってる軌跡 みえないリングにとらわれても描いてくビジョンは 君と僕が片よせてる シンプルな未来  明日へ繋がる軌跡 光り輝く奇跡  砂漠だって 雪山だって 空を見上げれば 新しい星探して らしく楽しめるんだろうなぁ 楽しめるよね?  だけど一つだけ 大きな荷物は自分で持って  みえないリングにとらわれてる世界のなかで 君と僕が同じ道歩いてる奇跡 みえないリングにとらわれても描いてくビジョンは 君と僕が笑いあってる シンプルな未来  手をつないで 肩よせあって 君と僕が同じ道進んで行く先は 星降る夜 抱き合ってる シンプルな未来 僕の創る未来 そう 君と創る未来鈴村健一鈴村健一松下典由松下典由欲張りな僕の行き先だらけの旅のしおり よく見てよ 君の名前もここに書いてあるよ  ジュースやらおやつなら現地調達で でもリュックには 重たい荷物  到達時刻は未定です 素敵な旅にしましょう  みえないリングにとらわれてる世界のなかで 君と僕が同じ道歩いてる軌跡 みえないリングにとらわれても描いてくビジョンは 君と僕が手をつないでる シンプルな未来  欲張りな君も織り込み済みの旅のしおり よく見てよ僕を 得意げな顔しているでしょ?  トンネルを抜けたのに闇夜になって でも増えていく 愛しい荷物  集合場所など決めません はぐれることはないから  みえないリングにとらわれてる世界のなかで 君と僕が同じ道たどってる軌跡 みえないリングにとらわれても描いてくビジョンは 君と僕が片よせてる シンプルな未来  明日へ繋がる軌跡 光り輝く奇跡  砂漠だって 雪山だって 空を見上げれば 新しい星探して らしく楽しめるんだろうなぁ 楽しめるよね?  だけど一つだけ 大きな荷物は自分で持って  みえないリングにとらわれてる世界のなかで 君と僕が同じ道歩いてる奇跡 みえないリングにとらわれても描いてくビジョンは 君と僕が笑いあってる シンプルな未来  手をつないで 肩よせあって 君と僕が同じ道進んで行く先は 星降る夜 抱き合ってる シンプルな未来 僕の創る未来 そう 君と創る未来
12月の空ぽつりぽつりと並ぶ自販機が 夜の家路を導いてく 深く息を吐くんだ 君が好きだったこの坂の道 僕は今でも歩いてるよ 揺れる木々は香る 変わり続けてくこの街は 記憶 そこかしこにちりばめてる にじんでる君の姿は まだ 笑ってる 慌ただしく消えてくバスの背で 時間の残酷さに気づく 12月の遠い空  なんの予告もなくこの身体が 終わりを迎えたとしたなら 光る世界消える でも僕が刻んできた証しは 誰かの歴史に絡まって いつのまにか 永久に 永久に 君が心の中に僕を どんな形に仕舞うか知らない 色あせることはあっても きっと 消えない 街の音 逃げるように駆け上る 歩道橋から見上げている 12月の遠い空 空 深い  空 遠い鈴村健一鈴村健一松下典由松下典由ぽつりぽつりと並ぶ自販機が 夜の家路を導いてく 深く息を吐くんだ 君が好きだったこの坂の道 僕は今でも歩いてるよ 揺れる木々は香る 変わり続けてくこの街は 記憶 そこかしこにちりばめてる にじんでる君の姿は まだ 笑ってる 慌ただしく消えてくバスの背で 時間の残酷さに気づく 12月の遠い空  なんの予告もなくこの身体が 終わりを迎えたとしたなら 光る世界消える でも僕が刻んできた証しは 誰かの歴史に絡まって いつのまにか 永久に 永久に 君が心の中に僕を どんな形に仕舞うか知らない 色あせることはあっても きっと 消えない 街の音 逃げるように駆け上る 歩道橋から見上げている 12月の遠い空 空 深い  空 遠い
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
スケッチややこしい場所で いつも スケッチし続けるよ ずっと 役立たずの目覚まし投げちゃ 昨日のポカ 今日もなぞる朝  すし詰めの満員電車に 夢や希望が隠れてるよ でも つり革にぎる猫背の僕は モノクロの絵しか描けないでいるさ  胸を裂くような悲しい過去も 未来へ繋いでく虹を描くための絵の具なんだ  ややこしい場所で いつも (広がる世界は) スケッチし続けるよ ずっと (胸の中にある) 芸術なんて言えるもんじゃないが 世界に一つ 僕だけの絵さ  ややこしい場所で いつも スケッチし続けるよ ずっと 目をそらさず受け止めた景色を 時代のせいにしてきた僕だけど  雑誌のうらないはいつも 良いことだけ信じるよ くだらないと笑い飛ばす日々が 前向きな絵描けるヒントに  なんでもないように過ぎ行く今は 未来で咲き誇る花を彩る大事な絵の具なんだ  ややこしい場所で いつも (広がる世界は) スケッチし続けるよ ずっと (胸の中にある) 芸術なんて言えるもんじゃないが 世界に一つ 僕だけの絵さ鈴村健一鈴村健一近藤薫近藤薫ややこしい場所で いつも スケッチし続けるよ ずっと 役立たずの目覚まし投げちゃ 昨日のポカ 今日もなぞる朝  すし詰めの満員電車に 夢や希望が隠れてるよ でも つり革にぎる猫背の僕は モノクロの絵しか描けないでいるさ  胸を裂くような悲しい過去も 未来へ繋いでく虹を描くための絵の具なんだ  ややこしい場所で いつも (広がる世界は) スケッチし続けるよ ずっと (胸の中にある) 芸術なんて言えるもんじゃないが 世界に一つ 僕だけの絵さ  ややこしい場所で いつも スケッチし続けるよ ずっと 目をそらさず受け止めた景色を 時代のせいにしてきた僕だけど  雑誌のうらないはいつも 良いことだけ信じるよ くだらないと笑い飛ばす日々が 前向きな絵描けるヒントに  なんでもないように過ぎ行く今は 未来で咲き誇る花を彩る大事な絵の具なんだ  ややこしい場所で いつも (広がる世界は) スケッチし続けるよ ずっと (胸の中にある) 芸術なんて言えるもんじゃないが 世界に一つ 僕だけの絵さ
sleepy monsters例えば夜明けが来ない世界なら 眠り続けるのはもったいないでしょう 顔色うかがう事なかれ主義も 今宵は忘れて爪を研いでみる all we're silent monsters oh sleeping for a long time  狂気と正気は紙一重だから お天道様の前じゃ良い子のふりしてる 静まりかえった東京の夜に 何万と響く聞こえぬ咆哮 all we're silent monsters oh sleeping for a long time  変わらない時代スルーして 怖くないみたいな振りをして 明日も辛い辛い 繰り返し だけどtry try 研ぎ澄ませ  愛とか勇気とか綺麗事だけじゃ 味わい尽くせぬ この世のすべてを すりこまれてきた尊い教えの 裏側で笑う本当の姿よ all we're silent monsters oh sleeping for a long time  今日も 暗い暗い星空に ひとりcry cry かき乱せ 本当にしたいしたい 夢を見て 本能のstyle style 取り戻せ  暴れたいよ ホントいつかは 胸の奥 また響いてる Oh! Don't wake up!wake up!Shut up! とにかくここからtake me out I and you and すべて壊してしまいたい性 tragedy night good night 戯れに夜は更けてく ほっといたらcheck mate check mate このまま コロッと逝きたい 当然そう簡単じゃないから あがいて あがいて change my mind 目覚めよ!sleepy monsters 目覚めよ!sleepy monsters 目覚めよ!sleepy monsters now!  変わらない時代スルーして 怖くないみたいな振りをして 明日も辛い辛い 繰り返し だけどtry try 研ぎ澄ませ  今日も暗い暗い 星空に ひとりcry cry かき乱せ 本当にしたいしたい 夢を見て 本能のstyle style 取り戻せ鈴村健一鈴村健一オオヤギヒロオオオヤギヒロオ例えば夜明けが来ない世界なら 眠り続けるのはもったいないでしょう 顔色うかがう事なかれ主義も 今宵は忘れて爪を研いでみる all we're silent monsters oh sleeping for a long time  狂気と正気は紙一重だから お天道様の前じゃ良い子のふりしてる 静まりかえった東京の夜に 何万と響く聞こえぬ咆哮 all we're silent monsters oh sleeping for a long time  変わらない時代スルーして 怖くないみたいな振りをして 明日も辛い辛い 繰り返し だけどtry try 研ぎ澄ませ  愛とか勇気とか綺麗事だけじゃ 味わい尽くせぬ この世のすべてを すりこまれてきた尊い教えの 裏側で笑う本当の姿よ all we're silent monsters oh sleeping for a long time  今日も 暗い暗い星空に ひとりcry cry かき乱せ 本当にしたいしたい 夢を見て 本能のstyle style 取り戻せ  暴れたいよ ホントいつかは 胸の奥 また響いてる Oh! Don't wake up!wake up!Shut up! とにかくここからtake me out I and you and すべて壊してしまいたい性 tragedy night good night 戯れに夜は更けてく ほっといたらcheck mate check mate このまま コロッと逝きたい 当然そう簡単じゃないから あがいて あがいて change my mind 目覚めよ!sleepy monsters 目覚めよ!sleepy monsters 目覚めよ!sleepy monsters now!  変わらない時代スルーして 怖くないみたいな振りをして 明日も辛い辛い 繰り返し だけどtry try 研ぎ澄ませ  今日も暗い暗い 星空に ひとりcry cry かき乱せ 本当にしたいしたい 夢を見て 本能のstyle style 取り戻せ
センスオブワンダー空ゆく飛行機はどうして飛ぶのだろう? “当たり前”が急に疑問符に きっと学者さんは説明できるでしょう でも理屈じゃない何か 頭の中にあるのに形にできないよ 今 僕に見えるものはわずか すり込まれた常識を疑ってみたらさ 新しい意味の扉を開く鍵になるかな?  いつか君がしていた前世の話なら おとぎ話の様に聞いてたよ ◎(アリ)か×(ナシ)かだけで答えを捜すなら なんにも変わらない明日 手をのばしけ続けてたら届く日がくるかも? 不条理を越えて出会う場所に ビルの上から見上げた夜空の向こうには いつもどおり月が巡る地球を照らしているよ  隣り合う不思議に そう 僕は充たされてる  君の涙で僕の心も切なくなるのは 胸をふるわす確かなものが届いてるから でも 頭の中にあるのに 形にできないよ 今 僕に見えるものはわずか つじつま合わせするより自分を信じれば 生きている意味の扉を開く鍵になるかな? 巡る地球に問いかけるよ鈴村健一鈴村健一NOIZ'n GIRLNOIZ'n GIRL空ゆく飛行機はどうして飛ぶのだろう? “当たり前”が急に疑問符に きっと学者さんは説明できるでしょう でも理屈じゃない何か 頭の中にあるのに形にできないよ 今 僕に見えるものはわずか すり込まれた常識を疑ってみたらさ 新しい意味の扉を開く鍵になるかな?  いつか君がしていた前世の話なら おとぎ話の様に聞いてたよ ◎(アリ)か×(ナシ)かだけで答えを捜すなら なんにも変わらない明日 手をのばしけ続けてたら届く日がくるかも? 不条理を越えて出会う場所に ビルの上から見上げた夜空の向こうには いつもどおり月が巡る地球を照らしているよ  隣り合う不思議に そう 僕は充たされてる  君の涙で僕の心も切なくなるのは 胸をふるわす確かなものが届いてるから でも 頭の中にあるのに 形にできないよ 今 僕に見えるものはわずか つじつま合わせするより自分を信じれば 生きている意味の扉を開く鍵になるかな? 巡る地球に問いかけるよ
そりゃそうです今の君に必要なもの 携帯?それとも 僕のくだらぬジョーク 今の僕に必要なもの 警戒?それとも 君の派手目なメイク パスタでも頼もう  ことはつまり紛糾してる 認識してるのは 僕だけのようですね ことはやはり紛糾してる 免疫あるのは 君だけのようですね  フォークとナイフは対ですが 何故だか気になります 大きさ、重さ、形、色 君の好みは? 「食べられりゃなんでも同じ!」 そりゃそうです そりゃそうですが…  いつのまにか混ざり合ってる? ソースが?いやいや 僕らの未来図 いつのまにかわかり合えてる? ペースが ゆらゆら 僕らの回転数 ワイン飲みますか?  赤と白とがありますが それぞれ個性的で 赤は肉と 白は魚 どちらにしましょう? 「酔っちゃえばなんでも同じ!」 そりゃそうです そりゃそうだよね  君の笑いかた 僕に似ているな  フォークもナイフもやめにして 箸で食べるのもあり 赤も白もキャンセルで ビール飲み干せば 見えてきた かさなってる場所 そりゃそうです そりゃそうです ぼくら結局 同じモノです鈴村健一鈴村健一松下典由松下典由今の君に必要なもの 携帯?それとも 僕のくだらぬジョーク 今の僕に必要なもの 警戒?それとも 君の派手目なメイク パスタでも頼もう  ことはつまり紛糾してる 認識してるのは 僕だけのようですね ことはやはり紛糾してる 免疫あるのは 君だけのようですね  フォークとナイフは対ですが 何故だか気になります 大きさ、重さ、形、色 君の好みは? 「食べられりゃなんでも同じ!」 そりゃそうです そりゃそうですが…  いつのまにか混ざり合ってる? ソースが?いやいや 僕らの未来図 いつのまにかわかり合えてる? ペースが ゆらゆら 僕らの回転数 ワイン飲みますか?  赤と白とがありますが それぞれ個性的で 赤は肉と 白は魚 どちらにしましょう? 「酔っちゃえばなんでも同じ!」 そりゃそうです そりゃそうだよね  君の笑いかた 僕に似ているな  フォークもナイフもやめにして 箸で食べるのもあり 赤も白もキャンセルで ビール飲み干せば 見えてきた かさなってる場所 そりゃそうです そりゃそうです ぼくら結局 同じモノです
太陽のうた広い広い宇宙に ぼくは小さな使命をもって生まれた 奇跡を越えて はじまる物語 祝福と期待をうけて  いつのまにかあたりは 数多の輝き満ちあふれ 柔らかな声 幸せ育んで 大きくなるぼくの姿  ずっとこのまま でも違ってた 告げられた自由 出会いと別れ  みんな ひとりぼっちで生きていくことを知った いまはまだ 無邪気なおもい ひきとめるけど きっといつか ぼくだけが背負った使命 その意味を探し出すための 旅立ち  無造作に放つ光は飛び散って 空白の闇を泳いでた  退屈にも似ていた あてどなく過ぎゆく時代 ぼくが照らした光はだれのため ただ答えを求めていた  だけどみつけた すぐにわかった 青白い光 ひかれあう光 そうさ  あなたを照らすこと たった一つの感情が 今 ぼくを明日へと突き動かす力 もっともっと優しい自分になれるだろう そこにいる それだけでぼくは変われる  まっすぐに伸びた光はいつしか にじんでた世界 彩った  生まれてきた意味はまだわからない なにが 間違いで 正しいのか それでも信じたい 答えはきっと ぼくにしか 決められないもの  だれかを照らすこと それは自分を照らすこと 温もりが こころをそっと重ねてくれる いつまでも ぼくはぼくのままでいよう 目に映る すべてのこと 愛せるように  ぼくの物語はまだ続いてく 次の目的地の景色が ほら見えてきた  未来は選ぶと決めたんだ鈴村健一鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也広い広い宇宙に ぼくは小さな使命をもって生まれた 奇跡を越えて はじまる物語 祝福と期待をうけて  いつのまにかあたりは 数多の輝き満ちあふれ 柔らかな声 幸せ育んで 大きくなるぼくの姿  ずっとこのまま でも違ってた 告げられた自由 出会いと別れ  みんな ひとりぼっちで生きていくことを知った いまはまだ 無邪気なおもい ひきとめるけど きっといつか ぼくだけが背負った使命 その意味を探し出すための 旅立ち  無造作に放つ光は飛び散って 空白の闇を泳いでた  退屈にも似ていた あてどなく過ぎゆく時代 ぼくが照らした光はだれのため ただ答えを求めていた  だけどみつけた すぐにわかった 青白い光 ひかれあう光 そうさ  あなたを照らすこと たった一つの感情が 今 ぼくを明日へと突き動かす力 もっともっと優しい自分になれるだろう そこにいる それだけでぼくは変われる  まっすぐに伸びた光はいつしか にじんでた世界 彩った  生まれてきた意味はまだわからない なにが 間違いで 正しいのか それでも信じたい 答えはきっと ぼくにしか 決められないもの  だれかを照らすこと それは自分を照らすこと 温もりが こころをそっと重ねてくれる いつまでも ぼくはぼくのままでいよう 目に映る すべてのこと 愛せるように  ぼくの物語はまだ続いてく 次の目的地の景色が ほら見えてきた  未来は選ぶと決めたんだ
turn on a radioturn on a radio! 君もあなたも turn in the radio ご自由にどうぞ  今宵脳内 置き場のない emotion が暴れていて かみつきそうになるよ 誰かに でも ひとりじゃいられなくて この指止まれと届いた招待状 周波数 「見えない場所だから心配するな」 ありのまま  時報がなるよ turn on!turn on a radio! ここはみんな自由に遊んでる enemy or friend どっちだい? お気に召すまま  いつでも turn in!turn in the radio! 悩みや愚痴 お待ちしています 会員証不要の秘密基地 ガチ勢 ビギナー 誰でも リスナー  moral ばっか気にしちゃって すべて fake に見えるよね 届いた言葉 peak-a-boo  「たまにはさダラダラしちゃっていいよ」 ありのまま  時報がなるよ turn on!turn on a radio! 馬鹿話の中に隠れている treasure or junk 勘違い? それはこれから  真冬の夜空 アンテナ伸ばして拾った声は ああ あどけない世界を 無限の出会いへ 招いた  turn on!turn on a radio! ここはみんな自由に遊んでる enemy or friend どっちだい? お気に召すまま  いつでも turn in!turn in the radio! 顔も知らない 誰かの人生も 泣いて笑って繋がる 会えない僕らの見えない絆鈴村健一鈴村健一大石昌良大石昌良turn on a radio! 君もあなたも turn in the radio ご自由にどうぞ  今宵脳内 置き場のない emotion が暴れていて かみつきそうになるよ 誰かに でも ひとりじゃいられなくて この指止まれと届いた招待状 周波数 「見えない場所だから心配するな」 ありのまま  時報がなるよ turn on!turn on a radio! ここはみんな自由に遊んでる enemy or friend どっちだい? お気に召すまま  いつでも turn in!turn in the radio! 悩みや愚痴 お待ちしています 会員証不要の秘密基地 ガチ勢 ビギナー 誰でも リスナー  moral ばっか気にしちゃって すべて fake に見えるよね 届いた言葉 peak-a-boo  「たまにはさダラダラしちゃっていいよ」 ありのまま  時報がなるよ turn on!turn on a radio! 馬鹿話の中に隠れている treasure or junk 勘違い? それはこれから  真冬の夜空 アンテナ伸ばして拾った声は ああ あどけない世界を 無限の出会いへ 招いた  turn on!turn on a radio! ここはみんな自由に遊んでる enemy or friend どっちだい? お気に召すまま  いつでも turn in!turn in the radio! 顔も知らない 誰かの人生も 泣いて笑って繋がる 会えない僕らの見えない絆
CHAPPY目覚ましが鳴る前にもう 目が覚めてしまったら 一人きりに耐えられない いまだ!飛びかかれ!  眠い目をこすり微笑む なでなで ウフウフご主人 ちぎれそうなボクのしっぽ だけど今日もお留守番  水曜日の朝は燃えるゴミの日だ 「忘れてる!忘れてる!」 ボクの想い 届かない  そしてひとりぼっち 雨音がしてる 午後五時  ボクはいつも 想い描く 窓向こうの ユートピアを そこにいけばあなたとボク 全部わかりあえたりして 雷キライ その秘密を あなたにだけ 聞いて欲しい 背伸びしたら届くかな 届きそうだな ボクは信じてるさ  狭い狭いと言いますが ボクには広い部屋で 寝て起きて食べてまた寝る それがボクのお仕事さ  鳴り響くエンジン音 足音近づく あと五秒 準備よし ダンシングタイムスタート!  疲れてるのかな? 泣いているのかな? 午後九時  ボクはいつも わかってるよ 窓向こうを 知らないけど 悲しいこと 嬉しいこと あなたの素敵なところも ずっとそばに いてあげるよ だから笑おう ボクも笑う お菓子内緒で食べたの ついでに許してよ 雨はもうやんだかな?  流れ星きらめく ささやかな願いを この空を越え 遠い国へ あなたとボクは 手をつないで 飛んで行くよ どこまでも どこまでも  ボクはいつも 想い描く 窓向こうの ユートピアを そこにいけばあなたとボク 全部わかりあえたりして お風呂がスキ その秘密を あなたにだけ 聞いて欲しい 背伸びしたら届くかな 届きそうだな ボクは信じてるさ  「いってくるよ」と微笑んで なでなで ウフフご主人 ちぎれそうなボクのしっぽ だけど今日もお留守番 だけど今日もお留守番 お留守番 お留守番鈴村健一鈴村健一野井洋児野井洋児目覚ましが鳴る前にもう 目が覚めてしまったら 一人きりに耐えられない いまだ!飛びかかれ!  眠い目をこすり微笑む なでなで ウフウフご主人 ちぎれそうなボクのしっぽ だけど今日もお留守番  水曜日の朝は燃えるゴミの日だ 「忘れてる!忘れてる!」 ボクの想い 届かない  そしてひとりぼっち 雨音がしてる 午後五時  ボクはいつも 想い描く 窓向こうの ユートピアを そこにいけばあなたとボク 全部わかりあえたりして 雷キライ その秘密を あなたにだけ 聞いて欲しい 背伸びしたら届くかな 届きそうだな ボクは信じてるさ  狭い狭いと言いますが ボクには広い部屋で 寝て起きて食べてまた寝る それがボクのお仕事さ  鳴り響くエンジン音 足音近づく あと五秒 準備よし ダンシングタイムスタート!  疲れてるのかな? 泣いているのかな? 午後九時  ボクはいつも わかってるよ 窓向こうを 知らないけど 悲しいこと 嬉しいこと あなたの素敵なところも ずっとそばに いてあげるよ だから笑おう ボクも笑う お菓子内緒で食べたの ついでに許してよ 雨はもうやんだかな?  流れ星きらめく ささやかな願いを この空を越え 遠い国へ あなたとボクは 手をつないで 飛んで行くよ どこまでも どこまでも  ボクはいつも 想い描く 窓向こうの ユートピアを そこにいけばあなたとボク 全部わかりあえたりして お風呂がスキ その秘密を あなたにだけ 聞いて欲しい 背伸びしたら届くかな 届きそうだな ボクは信じてるさ  「いってくるよ」と微笑んで なでなで ウフフご主人 ちぎれそうなボクのしっぽ だけど今日もお留守番 だけど今日もお留守番 お留守番 お留守番
月とストーブ淡く記憶くすぐる 午後七時の家路 とおいとおいシチューの香り 少し切なくて無闇におしゃべりになる僕は今 君にどう映るかな?  互いに刻んできた歴史や哲学が 新しい道へと誘ってくれるんだ  不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ 夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて 変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある 言葉すら越えるぬくもりの先へ かじかむ掌重ねて冬が好きな君と ちょっぴり遠回りして帰ろう  古いカフェの窓際 目にとまる景色 バス停の老夫婦の背中 白髪混じりでしわくちゃで でも子供みたいな笑顔にフッと心軽くなる  終わりに向かっていく僕達だからこそ 噛み締めていけるんだ 寄り添う意味を  北風に揺れる街路樹が 駐車場の眠れそうな猫が 生きている喜びを 愛の歌を 届けるよ 物語を紡いでいくぼくらのために まるで祝福するように  不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ 夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて 変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある 言葉すら越えるぬくもりの先へ かじかむ掌重ねて冬が好きな君と ちょっぴり遠回りして帰ろう もうすぐ雪の降るこの街へ鈴村健一鈴村健一飯塚昌明飯塚昌明淡く記憶くすぐる 午後七時の家路 とおいとおいシチューの香り 少し切なくて無闇におしゃべりになる僕は今 君にどう映るかな?  互いに刻んできた歴史や哲学が 新しい道へと誘ってくれるんだ  不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ 夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて 変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある 言葉すら越えるぬくもりの先へ かじかむ掌重ねて冬が好きな君と ちょっぴり遠回りして帰ろう  古いカフェの窓際 目にとまる景色 バス停の老夫婦の背中 白髪混じりでしわくちゃで でも子供みたいな笑顔にフッと心軽くなる  終わりに向かっていく僕達だからこそ 噛み締めていけるんだ 寄り添う意味を  北風に揺れる街路樹が 駐車場の眠れそうな猫が 生きている喜びを 愛の歌を 届けるよ 物語を紡いでいくぼくらのために まるで祝福するように  不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ 夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて 変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある 言葉すら越えるぬくもりの先へ かじかむ掌重ねて冬が好きな君と ちょっぴり遠回りして帰ろう もうすぐ雪の降るこの街へ
月のうたこの空の下で 同じ時を暮らす僕ら そのすべてに 物語がある あきらめる人 また立ち上がる人  「自分次第で世界は変わる」 優しいはずの言葉に 悩む夜は  月明かりよ 微笑んでよ 夜明けを待つ 僕たちに 心の奥 消えないキズ 秘密のまま 向き合ってく ずっと 近くて遠い願いがひとつ しあわせでいられますように  春風が運ぶ 遠い記憶 愛する人 僕が今日も笑顔でいるのは あなたがいつでも微笑んでたから  元気ですか また会えるかな どんなときも消えない 感謝を今  月明かりよ 届けてくれ 手紙のように あの人へ 何もかもが もどかしい夜 独りじゃない 忘れないで いつも 向かい風 儚く吹いても あなたらしくいられるように  僕らが生まれる前から 何億の祈り 託されてきた 無言の月 なにもかも知っている光  どうか 永遠に そっと 微笑んでよ 夜明けを待つ 僕たちに 心の奥 消えないキズ 秘密のまま 向き合ってく ずっと 近くて遠い願いがひとつ この空 見上げてる誰もが しあわせでいられますように鈴村健一鈴村健一増谷賢長田直之この空の下で 同じ時を暮らす僕ら そのすべてに 物語がある あきらめる人 また立ち上がる人  「自分次第で世界は変わる」 優しいはずの言葉に 悩む夜は  月明かりよ 微笑んでよ 夜明けを待つ 僕たちに 心の奥 消えないキズ 秘密のまま 向き合ってく ずっと 近くて遠い願いがひとつ しあわせでいられますように  春風が運ぶ 遠い記憶 愛する人 僕が今日も笑顔でいるのは あなたがいつでも微笑んでたから  元気ですか また会えるかな どんなときも消えない 感謝を今  月明かりよ 届けてくれ 手紙のように あの人へ 何もかもが もどかしい夜 独りじゃない 忘れないで いつも 向かい風 儚く吹いても あなたらしくいられるように  僕らが生まれる前から 何億の祈り 託されてきた 無言の月 なにもかも知っている光  どうか 永遠に そっと 微笑んでよ 夜明けを待つ 僕たちに 心の奥 消えないキズ 秘密のまま 向き合ってく ずっと 近くて遠い願いがひとつ この空 見上げてる誰もが しあわせでいられますように
つながり薄明かりが照らす 夜更けの部屋でただ一人 誰がやっても同じ仕事 黙々と眠い目こすりこなす  遠い街の光 誰かが灯してる光 なにをしてるのかな? 笑って 怒って 泣いて そっと祈ってる  無意味に見える この日々だって いつか輝き出すって  「なんのために生きていくのか」 その謎に振り回され 僕らはもがいてる でもずっとあきらめはせず 目の前の小さな出来ること紡いでく きっとそれが顔も知らない誰かの幸せへとつながると そう信じて  ふと見上げた空に 白い飛行機雲 伸びて どんな国へ向かうのかな ぼんやりといつもの電車で見てた  なぜだろう突然 僕の心にうずく 例えようもない痛み 人混みの中でも孤独で  広がる世界 ちっぽけな僕 誰か気付いてもらいたくって  僕はまた「生きてる証」を示すのに 目に見えるものにこだわってしまう 名も知らぬ人の想い ここに暮らす人々の夢につながっていく その一人が僕であれば それを誇りに生きていけばいいさ ひっそりと でも強く  「なんのために生きていくのか」 その謎に振り回され 僕らはもがいてる でもずっとあきらめはせず 目の前の小さな出来ること紡いでく 世界中の幸せへと 届くように  僕らは今日もつながってる 哀しみも 喜びも みんなつながってる もし疲れてしまっても いつか出会う誰かが誰かを支えてる そう想えば寂しくない 雨の日 風の日も 自分らしくいればいいんだよ それでいいんだよ鈴村健一鈴村健一倉内達矢倉内達矢薄明かりが照らす 夜更けの部屋でただ一人 誰がやっても同じ仕事 黙々と眠い目こすりこなす  遠い街の光 誰かが灯してる光 なにをしてるのかな? 笑って 怒って 泣いて そっと祈ってる  無意味に見える この日々だって いつか輝き出すって  「なんのために生きていくのか」 その謎に振り回され 僕らはもがいてる でもずっとあきらめはせず 目の前の小さな出来ること紡いでく きっとそれが顔も知らない誰かの幸せへとつながると そう信じて  ふと見上げた空に 白い飛行機雲 伸びて どんな国へ向かうのかな ぼんやりといつもの電車で見てた  なぜだろう突然 僕の心にうずく 例えようもない痛み 人混みの中でも孤独で  広がる世界 ちっぽけな僕 誰か気付いてもらいたくって  僕はまた「生きてる証」を示すのに 目に見えるものにこだわってしまう 名も知らぬ人の想い ここに暮らす人々の夢につながっていく その一人が僕であれば それを誇りに生きていけばいいさ ひっそりと でも強く  「なんのために生きていくのか」 その謎に振り回され 僕らはもがいてる でもずっとあきらめはせず 目の前の小さな出来ること紡いでく 世界中の幸せへと 届くように  僕らは今日もつながってる 哀しみも 喜びも みんなつながってる もし疲れてしまっても いつか出会う誰かが誰かを支えてる そう想えば寂しくない 雨の日 風の日も 自分らしくいればいいんだよ それでいいんだよ
Destination罪人と聖者の違い おしえてよ どっちの言い分も正しいんじゃないの? あのキャスターではお話にならんよ 明確な回答 誰も口にしない  誰かが言い放った 謎の言葉 「汝の隣人を愛せよ」だって 自分だけ生き延びて 泣いてる夢見た  綺麗に見えた終着地点は 近くで見ると汚れてて 次の場所に歩き出すのも めんどくさくなって ここにいる  どんな生き方も受け入れる世界だ ずっと眠ってても 踊っててもいいかい? 遠くから声がする 東の方からだ 「危ないぞ」って 聞こえる わかってる わかってる  完璧な自分 あこがれて 目指した 筋書きどおり わずかな狂い 生まれたほころび ほつれた糸なんて引きたくなるのが心理 もう止められない そう止められない ほどけきった後 どうなるのか知りたい  住み慣れてきた終着地点は 期限付きだと告げられた 次の場所が手招きしている 陽炎のように揺れている  結局 歩き出すわけだ どうやらそういう仕組みみたいだ 罪人も聖者も並んでる 同じ列 誰一人として逃げられはしないんだ  こんな哀れな姿でも 生きてく 僕はまだ鈴村健一鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也罪人と聖者の違い おしえてよ どっちの言い分も正しいんじゃないの? あのキャスターではお話にならんよ 明確な回答 誰も口にしない  誰かが言い放った 謎の言葉 「汝の隣人を愛せよ」だって 自分だけ生き延びて 泣いてる夢見た  綺麗に見えた終着地点は 近くで見ると汚れてて 次の場所に歩き出すのも めんどくさくなって ここにいる  どんな生き方も受け入れる世界だ ずっと眠ってても 踊っててもいいかい? 遠くから声がする 東の方からだ 「危ないぞ」って 聞こえる わかってる わかってる  完璧な自分 あこがれて 目指した 筋書きどおり わずかな狂い 生まれたほころび ほつれた糸なんて引きたくなるのが心理 もう止められない そう止められない ほどけきった後 どうなるのか知りたい  住み慣れてきた終着地点は 期限付きだと告げられた 次の場所が手招きしている 陽炎のように揺れている  結局 歩き出すわけだ どうやらそういう仕組みみたいだ 罪人も聖者も並んでる 同じ列 誰一人として逃げられはしないんだ  こんな哀れな姿でも 生きてく 僕はまだ
東京あの日の街はきらり あの日の僕はゆらぎ  全て叶うと笑って 青い想いは巣立った すぐに迷路と気付いた 4月2日 東京  更地も半月も過ぎれば 怪獣みたいなビルが立つ 夢の速度に震えてた ひとり  あの日の街はきらり あの日の僕はゆらぎ 空っぽの手を のばして 目がくらむほど自由 憧れ 不安 空腹 ふらふら 歩いてた どこまでもどこまでも きらり  全て叶うわけないと 笑い 愛情もキズも酸いも甘いも 全て受け入れてくれた 東京  おんぼろ中華の奥の席 猫と奪い合うあのベンチ 時の流れに委ねてた 気持ち  今夜も街はきらり 今でも僕はゆらぎ 絡み合う今 みつめて 見慣れた景色照らす あきらめ 希望 温もり まだまだ探してる どこまでもどこまでも きらり  いつも あの日の街はきらり 今でも僕はゆらぎ 重ねた過去に 微笑む 移ろいゆくムードに とまどい 惹かれ おどけて まだまだ 探してる どこまでもどこまでも きらり鈴村健一鈴村健一堂島孝平睦月周平あの日の街はきらり あの日の僕はゆらぎ  全て叶うと笑って 青い想いは巣立った すぐに迷路と気付いた 4月2日 東京  更地も半月も過ぎれば 怪獣みたいなビルが立つ 夢の速度に震えてた ひとり  あの日の街はきらり あの日の僕はゆらぎ 空っぽの手を のばして 目がくらむほど自由 憧れ 不安 空腹 ふらふら 歩いてた どこまでもどこまでも きらり  全て叶うわけないと 笑い 愛情もキズも酸いも甘いも 全て受け入れてくれた 東京  おんぼろ中華の奥の席 猫と奪い合うあのベンチ 時の流れに委ねてた 気持ち  今夜も街はきらり 今でも僕はゆらぎ 絡み合う今 みつめて 見慣れた景色照らす あきらめ 希望 温もり まだまだ探してる どこまでもどこまでも きらり  いつも あの日の街はきらり 今でも僕はゆらぎ 重ねた過去に 微笑む 移ろいゆくムードに とまどい 惹かれ おどけて まだまだ 探してる どこまでもどこまでも きらり
トハイヱ才能ないから雑音ばっか増えてね 耳ふさいでもダメ 週末の予定 白紙なってふて寝 ここんとこずっと雨  愛されたいし 愛してたいんだ 波乱万丈な日々よ  人知れず 空まわる歯車 世界中で 悲鳴あげてる 僕もその一つです  「どこぞの天才に嫉妬なんかしちゃって…」 君は笑うだけね 「いまに見てろ!」なんて宣言なんかしちゃって… やっぱむなしいだけね  大風呂敷 でも嘘じゃないんだ ねぇ ちょっとこっち向いてよ  さびついて 噛み合わぬ歯車 いつの日にか あなたのとなりに そんな夢見るよ  生まれ持った資質は いつしかやせ細り みっともなくて ずっと隠してたいんだ でもそれが それこそが ただひとつ残された鍵  才能ないからって停まらない仕掛け 恨んだとこでやっぱり 愛されたいし 愛してたいんだ どんなに困難でも然もありなん 素晴らしき…人生よ!  さびついて 噛み合わぬ歯車 世界中で 悲鳴あげてる 今日も 明日も 回るのでしょう  僕もその一つです鈴村健一鈴村健一TODA KOHEI菊谷知樹才能ないから雑音ばっか増えてね 耳ふさいでもダメ 週末の予定 白紙なってふて寝 ここんとこずっと雨  愛されたいし 愛してたいんだ 波乱万丈な日々よ  人知れず 空まわる歯車 世界中で 悲鳴あげてる 僕もその一つです  「どこぞの天才に嫉妬なんかしちゃって…」 君は笑うだけね 「いまに見てろ!」なんて宣言なんかしちゃって… やっぱむなしいだけね  大風呂敷 でも嘘じゃないんだ ねぇ ちょっとこっち向いてよ  さびついて 噛み合わぬ歯車 いつの日にか あなたのとなりに そんな夢見るよ  生まれ持った資質は いつしかやせ細り みっともなくて ずっと隠してたいんだ でもそれが それこそが ただひとつ残された鍵  才能ないからって停まらない仕掛け 恨んだとこでやっぱり 愛されたいし 愛してたいんだ どんなに困難でも然もありなん 素晴らしき…人生よ!  さびついて 噛み合わぬ歯車 世界中で 悲鳴あげてる 今日も 明日も 回るのでしょう  僕もその一つです
70億分の1辛口の上司曰く「つまらない奴だ!」へらへら笑う からっきしって僕も知ってる 代わり映えしない 髪型ひとつも  ベストセラーの本だからファッション感覚で読むの おもったより分厚いもんだ  幕は上がっている 日常がテーマのステージだ しょぼくれた衣裳で片言セリフ吠えろ! スポットライトはなかなかあたりはしないけど 70億分の1のキャストでしょ?僕も  サラダがもっぱら主食 受け売りのままのヘルシー思考 飲み会は苦手なたちで でも寂しがり屋 友達<TV  誰かのミスを虎視眈々と つつき合ってるNEWSは 新たなターゲット捜してますよ  世界動かしていく 駆け引きめいた情報戦だ 六畳一間で両耳ふさぎ攻めろ! 被害者ぶっているあきらめムードの自分に言うよ 70億分の1の立ち回り見せろ!  神が下さったこのボディ クーリングオフなど出来やしない 上等だ! 高く掲げてる この拳よ!いつか!  幕は上がっている 日常がテーマのステージだ しょぼくれた衣裳で片言セリフ吠えろ! 被害者ぶっているあきらめムードの自分に言うよ 70億分の1の立ち回り見せろ!さあ!鈴村健一鈴村健一松下典由辛口の上司曰く「つまらない奴だ!」へらへら笑う からっきしって僕も知ってる 代わり映えしない 髪型ひとつも  ベストセラーの本だからファッション感覚で読むの おもったより分厚いもんだ  幕は上がっている 日常がテーマのステージだ しょぼくれた衣裳で片言セリフ吠えろ! スポットライトはなかなかあたりはしないけど 70億分の1のキャストでしょ?僕も  サラダがもっぱら主食 受け売りのままのヘルシー思考 飲み会は苦手なたちで でも寂しがり屋 友達<TV  誰かのミスを虎視眈々と つつき合ってるNEWSは 新たなターゲット捜してますよ  世界動かしていく 駆け引きめいた情報戦だ 六畳一間で両耳ふさぎ攻めろ! 被害者ぶっているあきらめムードの自分に言うよ 70億分の1の立ち回り見せろ!  神が下さったこのボディ クーリングオフなど出来やしない 上等だ! 高く掲げてる この拳よ!いつか!  幕は上がっている 日常がテーマのステージだ しょぼくれた衣裳で片言セリフ吠えろ! 被害者ぶっているあきらめムードの自分に言うよ 70億分の1の立ち回り見せろ!さあ!
NAKED MAN朝も早よからめんどくさい 赤か?青か?決められない今日のスタイル 寝癖あたまで  今や誰もがmovie star おしゃれしてなきゃ 笑いものになる そんな風潮が苦手です  生まれた時はそう 全人類皆 すっぽんぽんなのに すっぽんぽんなのに  NAKED MAN 裸のヒーロー 眠ってるの 胸の奥で 人生 重ね着しすぎた僕のために 目覚めてくれ!  お隣さんのトイプードル 手を振ったら 牙を剥いてギャンギャン 嫌われたもんだ  おっとそいつを見習って たまにゃガツンと もの申すぜ!あいつに 今日 明日 明後日 また今度  野生の本能に嫉妬しちゃうほど大後悔なんです 大後悔なんです  NAKED MAN むき出しのハート 後ろ指指されたとしても 人生 好き勝手に生きれば良いって事を 称えてくれ  子供の頃みたいに天真爛漫に 白髪が生えても天真爛漫に  NAKED MAN yeah oh yeah NAKED MAN yeah woo woo woo NAKED MAN  oh yeah 聞こえているだろう 僕は君のようになりたい 人生 すべて笑い飛ばせる力を 見せてくれ  裸のヒーロー 眠ってるの 胸の奥で 人生 重ね着しすぎた僕のために 目覚めてくれ!目覚めてくれ!目覚めてくれ!鈴村健一鈴村健一高橋諒高橋諒朝も早よからめんどくさい 赤か?青か?決められない今日のスタイル 寝癖あたまで  今や誰もがmovie star おしゃれしてなきゃ 笑いものになる そんな風潮が苦手です  生まれた時はそう 全人類皆 すっぽんぽんなのに すっぽんぽんなのに  NAKED MAN 裸のヒーロー 眠ってるの 胸の奥で 人生 重ね着しすぎた僕のために 目覚めてくれ!  お隣さんのトイプードル 手を振ったら 牙を剥いてギャンギャン 嫌われたもんだ  おっとそいつを見習って たまにゃガツンと もの申すぜ!あいつに 今日 明日 明後日 また今度  野生の本能に嫉妬しちゃうほど大後悔なんです 大後悔なんです  NAKED MAN むき出しのハート 後ろ指指されたとしても 人生 好き勝手に生きれば良いって事を 称えてくれ  子供の頃みたいに天真爛漫に 白髪が生えても天真爛漫に  NAKED MAN yeah oh yeah NAKED MAN yeah woo woo woo NAKED MAN  oh yeah 聞こえているだろう 僕は君のようになりたい 人生 すべて笑い飛ばせる力を 見せてくれ  裸のヒーロー 眠ってるの 胸の奥で 人生 重ね着しすぎた僕のために 目覚めてくれ!目覚めてくれ!目覚めてくれ!
ねがいのいと書き綴るヒミツのノート 100の願い 19番目で弾切れ 叶うわけがないと笑っては照れくさくなって それでもまだ描くよ あのヒーローもさ やってたからね  自分で決めて 一心不乱になって すべてをかける夢に出会いたいんだよ 見上げた空 瞬く飛行機はそう夢の塊だな  手をのばしてみよう ふとよぎるのは傷つく未来だけど 得も言われぬ希望 宿り木にして 今日も探すよ  年を取れば偉くなる様な時代でもないし 成果主義に大賛成ってほど自信満々でもなくて かといって一人愚痴ってばっかいたとこで 明日すらしれない それじゃダメだ 思想云々なんかそう 結果にすぎないんだろう Happy Mind Happy Life 見えないだけでしょ?出てきてよ?  才能も目標も 誰かと比べて 浮き沈みしてる心  手をのばしてみよう 自分勝手でも一途に 迷わずに 得も言われぬ希望 信じてるから きっと出来るよ  愛される分だけ 憎まれたりしてる その仕組みさえ受け入れられたら 僕は僕だけの才能 発揮したいね  手をのばしてみよう ふとよぎるのは傷つく未来だけど 得も言われぬ希望 宿り木にして 今日も探すよ  今日も探すよ きっと出来るよ 本当の夢を鈴村健一鈴村健一R・O・NR・O・N書き綴るヒミツのノート 100の願い 19番目で弾切れ 叶うわけがないと笑っては照れくさくなって それでもまだ描くよ あのヒーローもさ やってたからね  自分で決めて 一心不乱になって すべてをかける夢に出会いたいんだよ 見上げた空 瞬く飛行機はそう夢の塊だな  手をのばしてみよう ふとよぎるのは傷つく未来だけど 得も言われぬ希望 宿り木にして 今日も探すよ  年を取れば偉くなる様な時代でもないし 成果主義に大賛成ってほど自信満々でもなくて かといって一人愚痴ってばっかいたとこで 明日すらしれない それじゃダメだ 思想云々なんかそう 結果にすぎないんだろう Happy Mind Happy Life 見えないだけでしょ?出てきてよ?  才能も目標も 誰かと比べて 浮き沈みしてる心  手をのばしてみよう 自分勝手でも一途に 迷わずに 得も言われぬ希望 信じてるから きっと出来るよ  愛される分だけ 憎まれたりしてる その仕組みさえ受け入れられたら 僕は僕だけの才能 発揮したいね  手をのばしてみよう ふとよぎるのは傷つく未来だけど 得も言われぬ希望 宿り木にして 今日も探すよ  今日も探すよ きっと出来るよ 本当の夢を
乗り込め 町中華美味しい中華が食べたい! (食べたい!) やっすい中華が食べたい! (食べたい!) 知らない街でも かかってこい (うぉい!) おっしゃあ 乗り込め 町中華!  床 ベタベタでOK! (OK!) 無愛想なご主人 (ストイック!) 冷え冷えのお冷や (水道水) 注文お願いします!  餃子 メンマ エビチリ 五目炒飯 油淋鶏 酢豚 青椒肉絲 そしてやっぱり 麻婆茄子!  ちっちゃい頃は 偏食で ナスを いつも残してました ごめんね母さん 今は ナス モリモリ食べて 健康一番 健一です! (はい 餃子お待ち)  脳天雷撃 美味しいわ 中華鍋がカンカン 町中華 これより幸せ あるかしら ウーロンハイ!レモンハイ!ハイボール!  脂質 糖質 タンパク質 全部全部 らっしゃい モウマンタイ 数値は気になるお年頃 でも 美味いは正義!  美味しい中華が食べたい! (食べたい!) やっすい中華が食べたい! (食べたい!) 知らない街でも かかってこい (うぉい!) おっしゃあ 乗り込め 町中華!  デカい円卓がゴージャス (ゴージャス!) 夜景も綺麗だ (100万ドル) 冷え冷えのお冷や (有料です) たまには 高級中華  アワビ ナマコ フカヒレ 北京ダック with 饅頭 上海蟹もいいけど やっぱりやっぱり 麻婆茄子!  味蕾直撃 美味しいわ ナイフとフォークで高級中華 でもでもなんだか恋しいの A定食!B定食!ギョウザ定食!  クタクタのシャツ着て テレビ見ながらビール飲みたいよ ちゃっちゃとカードでお会計して 二次会 町中華!!  今日食べたものが 明日の体を作るなら 今日のハッピーは 明日のハッピーになるのだろう ありがとう母さん 「食」って大事だね ちょっと 近所の町中華 いってきま~す (へい いらっしゃい)  脳天雷撃 美味しいわ 中華鍋がカンカン 町中華 これより幸せ あるかしら ウーロンハイ!レモンハイ!ハイボール!  脂質 糖質 タンパク質 全部全部 らっしゃい モウマンタイ 数値は気になるお年頃 でも 美味いもんは美味い!  美味しい中華が食べたい! (食べたい!) やっすい中華が食べたい! (食べたい!) 知らない街でも かかってこい (うぉい!) おっしゃあ 乗り込め 町中華!鈴村健一前山田健一前山田健一前山田健一美味しい中華が食べたい! (食べたい!) やっすい中華が食べたい! (食べたい!) 知らない街でも かかってこい (うぉい!) おっしゃあ 乗り込め 町中華!  床 ベタベタでOK! (OK!) 無愛想なご主人 (ストイック!) 冷え冷えのお冷や (水道水) 注文お願いします!  餃子 メンマ エビチリ 五目炒飯 油淋鶏 酢豚 青椒肉絲 そしてやっぱり 麻婆茄子!  ちっちゃい頃は 偏食で ナスを いつも残してました ごめんね母さん 今は ナス モリモリ食べて 健康一番 健一です! (はい 餃子お待ち)  脳天雷撃 美味しいわ 中華鍋がカンカン 町中華 これより幸せ あるかしら ウーロンハイ!レモンハイ!ハイボール!  脂質 糖質 タンパク質 全部全部 らっしゃい モウマンタイ 数値は気になるお年頃 でも 美味いは正義!  美味しい中華が食べたい! (食べたい!) やっすい中華が食べたい! (食べたい!) 知らない街でも かかってこい (うぉい!) おっしゃあ 乗り込め 町中華!  デカい円卓がゴージャス (ゴージャス!) 夜景も綺麗だ (100万ドル) 冷え冷えのお冷や (有料です) たまには 高級中華  アワビ ナマコ フカヒレ 北京ダック with 饅頭 上海蟹もいいけど やっぱりやっぱり 麻婆茄子!  味蕾直撃 美味しいわ ナイフとフォークで高級中華 でもでもなんだか恋しいの A定食!B定食!ギョウザ定食!  クタクタのシャツ着て テレビ見ながらビール飲みたいよ ちゃっちゃとカードでお会計して 二次会 町中華!!  今日食べたものが 明日の体を作るなら 今日のハッピーは 明日のハッピーになるのだろう ありがとう母さん 「食」って大事だね ちょっと 近所の町中華 いってきま~す (へい いらっしゃい)  脳天雷撃 美味しいわ 中華鍋がカンカン 町中華 これより幸せ あるかしら ウーロンハイ!レモンハイ!ハイボール!  脂質 糖質 タンパク質 全部全部 らっしゃい モウマンタイ 数値は気になるお年頃 でも 美味いもんは美味い!  美味しい中華が食べたい! (食べたい!) やっすい中華が食べたい! (食べたい!) 知らない街でも かかってこい (うぉい!) おっしゃあ 乗り込め 町中華!
HIDE-AND-SEEK探さないで 探さないで 出来れば誰の目にも触れたくない 僕はまだ この世界になじめちゃいない  見つめないで 見つめないで 君と目を合わせることすら出来ない 今日が終わっていく 無駄に過ぎていく でも  よそゆき用の僕が言った 「いんちきはいつかばれるぞ」と 憧れている 本当は 「みんなで笑ったりしたい!」  かくれんぼはつづく 声にならない声だけど ちゃんと届くのかな 想いも全部 いつも いつも 聞こえてくるよ 「もういいかい?」  いつか いつか 答えたいんだよ 「もういいよ」と その日はもう 近くまで来てるかもね  怒らないで 怒らないで 君と僕の想い またもすれちがい どうしてなの? 愛しさは無限大なのに  「一人の方が楽だから」 それもきっと本音なんだけど 憧れている 本当は 「みんなで笑ったりしたい!」  ダメな姿ばかり 想い描くクセ もうやめよう 簡単じゃないけど 少しずつ かくれんぼの終わりに どんな僕に出会えるのかな ちょっと怖くたって 想像するよ 君と僕の心の壁が 壊せたとき 始まるかな 騒がしいwonderful days  もういいかい? まあだだよ  もういいかい? あとすこしさ  もういいかい? じゃあさけぶよ せ~の  「みんなで笑ったりしたい!」  かくれんぼはつづく 震える声 振り絞って ちゃんと届くように 素直に今 うつむく日ばかりだけど 心だけは空見上げて 耳を澄ましてみよう 優しい響き いつも いつも 聞こえてくるよ  「もういいかい?」 あとすこしさ  いつか いつか 答えたいんだよ 「もういいよ」と その日はもう 近くまで来てるかもね鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠探さないで 探さないで 出来れば誰の目にも触れたくない 僕はまだ この世界になじめちゃいない  見つめないで 見つめないで 君と目を合わせることすら出来ない 今日が終わっていく 無駄に過ぎていく でも  よそゆき用の僕が言った 「いんちきはいつかばれるぞ」と 憧れている 本当は 「みんなで笑ったりしたい!」  かくれんぼはつづく 声にならない声だけど ちゃんと届くのかな 想いも全部 いつも いつも 聞こえてくるよ 「もういいかい?」  いつか いつか 答えたいんだよ 「もういいよ」と その日はもう 近くまで来てるかもね  怒らないで 怒らないで 君と僕の想い またもすれちがい どうしてなの? 愛しさは無限大なのに  「一人の方が楽だから」 それもきっと本音なんだけど 憧れている 本当は 「みんなで笑ったりしたい!」  ダメな姿ばかり 想い描くクセ もうやめよう 簡単じゃないけど 少しずつ かくれんぼの終わりに どんな僕に出会えるのかな ちょっと怖くたって 想像するよ 君と僕の心の壁が 壊せたとき 始まるかな 騒がしいwonderful days  もういいかい? まあだだよ  もういいかい? あとすこしさ  もういいかい? じゃあさけぶよ せ~の  「みんなで笑ったりしたい!」  かくれんぼはつづく 震える声 振り絞って ちゃんと届くように 素直に今 うつむく日ばかりだけど 心だけは空見上げて 耳を澄ましてみよう 優しい響き いつも いつも 聞こえてくるよ  「もういいかい?」 あとすこしさ  いつか いつか 答えたいんだよ 「もういいよ」と その日はもう 近くまで来てるかもね
ハナサカあの時もらった未来で芽吹く種は 前触れもなしに今朝咲きました 見たことないのにどこか懐かしい 花をつけました  コンビニ曲がって西へ300歩 赤いポストに「ただいま!」 ネクタイゆるめ深呼吸「おかえり!」の香り  机の上には相棒のマグカップ もう年代モンになりまして 今日もお付き合いくださる 多忙な夜長を  “自分らしさ”向かい風と変える この街の構造に 立ち向かえ!今こそ! 背中押す声  あの時もらった未来で芽吹く種は 少し大きめな鉢に植えました ほろ苦い水と澄み切った水 まぜてあげました  「たまの休日は 頭空っぽに」 そう一丁前の顔をして 笑う世間話にはリアリティがない  がむしゃらに進む時間に 夢は追いつけないとしても 踏みしめろ!大地を! 力強い声  あの時もらった未来で芽吹く種は 空がよく見える場所に置きました 眩しいお日様 そっと優しく 光くれました  あの時もらった未来で芽吹く種は 前触れもなしに今朝咲きました 見たことないのにどこか懐かしい 花をつけました この花もいつか未来で芽吹く種を 僕の掌に届けるでしょう ありふれた日々できっと素敵な 花を咲かすでしょう鈴村健一鈴村健一板垣祐介板垣祐介あの時もらった未来で芽吹く種は 前触れもなしに今朝咲きました 見たことないのにどこか懐かしい 花をつけました  コンビニ曲がって西へ300歩 赤いポストに「ただいま!」 ネクタイゆるめ深呼吸「おかえり!」の香り  机の上には相棒のマグカップ もう年代モンになりまして 今日もお付き合いくださる 多忙な夜長を  “自分らしさ”向かい風と変える この街の構造に 立ち向かえ!今こそ! 背中押す声  あの時もらった未来で芽吹く種は 少し大きめな鉢に植えました ほろ苦い水と澄み切った水 まぜてあげました  「たまの休日は 頭空っぽに」 そう一丁前の顔をして 笑う世間話にはリアリティがない  がむしゃらに進む時間に 夢は追いつけないとしても 踏みしめろ!大地を! 力強い声  あの時もらった未来で芽吹く種は 空がよく見える場所に置きました 眩しいお日様 そっと優しく 光くれました  あの時もらった未来で芽吹く種は 前触れもなしに今朝咲きました 見たことないのにどこか懐かしい 花をつけました この花もいつか未来で芽吹く種を 僕の掌に届けるでしょう ありふれた日々できっと素敵な 花を咲かすでしょう
ハナサカ(ピンピンバンドVer.)コンビニ曲がって西へ300歩 赤いポストに「ただいま!」 ネクタイゆるめ深呼吸「おかえり!」の香り  机の上には相棒のマグカップ もう年代モンになりまして 今日もお付き合いくださる 多忙な夜長を  “自分らしさ”向かい風と変える この街の構造に 立ち向かえ!今こそ! 背中押す声  あの時もらった未来で芽吹く種は 少し大きめな鉢に植えました ほろ苦い水と澄み切った水 まぜてあげました  「たまの休日は 頭空っぽに」 そう一丁前の顔をして 笑う世間話にはリアリティがない  がむしゃらに進む時間に 夢は追いつけないとしても 踏みしめろ!大地を! 力強い声  あの時もらった未来で芽吹く種は 空がよく見える場所に置きました 眩しいお日様 そっと優しく 光くれました  あの時もらった未来で芽吹く種は 前触れもなしに今朝咲きました 見たことないのにどこか懐かしい 花をつけました この花もいつか未来で芽吹く種を 僕の掌に届けるでしょう ありふれた日々できっと素敵な 花を咲かすでしょう鈴村健一鈴村健一板垣祐介鈴木マサキコンビニ曲がって西へ300歩 赤いポストに「ただいま!」 ネクタイゆるめ深呼吸「おかえり!」の香り  机の上には相棒のマグカップ もう年代モンになりまして 今日もお付き合いくださる 多忙な夜長を  “自分らしさ”向かい風と変える この街の構造に 立ち向かえ!今こそ! 背中押す声  あの時もらった未来で芽吹く種は 少し大きめな鉢に植えました ほろ苦い水と澄み切った水 まぜてあげました  「たまの休日は 頭空っぽに」 そう一丁前の顔をして 笑う世間話にはリアリティがない  がむしゃらに進む時間に 夢は追いつけないとしても 踏みしめろ!大地を! 力強い声  あの時もらった未来で芽吹く種は 空がよく見える場所に置きました 眩しいお日様 そっと優しく 光くれました  あの時もらった未来で芽吹く種は 前触れもなしに今朝咲きました 見たことないのにどこか懐かしい 花をつけました この花もいつか未来で芽吹く種を 僕の掌に届けるでしょう ありふれた日々できっと素敵な 花を咲かすでしょう
花火花火の後はさみしい だけどしかたがないし 名残惜しんだ夏は 僕らの宝物  ずぼらなままのあいつ 会社おこしたあいつ 僕もぼちぼちだけど またここで歌おう  ララララ sing along 夢を重ねた星空を ララララ sing a song ずっと忘れてないよ ララララ sing along 遠い空を越えて ふわり ララララ sing a song 届け 約束の歌  あえて言わないけれど 感謝してるよ ほんと 腐れ縁でしょうけど これからもよろしく  ララララ sing along 乾杯したくなった時は ララララ sing a song いつでもかけつけるよ  僕がこの先 間違うことがあった時は 正しい道に 君たちが導いて 年をとったら しわくちゃな笑い顔でさ あの日の海で また一緒に歌おうよ  ララララ sing along 夏がまた終わっていくね ララララ sing a song 今年最後の花火  ララララ ララララ  ララララ sing along 遠い空を越えて ふわり ララララ sing a song 届け 約束の歌鈴村健一鈴村健一増田武史増田武史花火の後はさみしい だけどしかたがないし 名残惜しんだ夏は 僕らの宝物  ずぼらなままのあいつ 会社おこしたあいつ 僕もぼちぼちだけど またここで歌おう  ララララ sing along 夢を重ねた星空を ララララ sing a song ずっと忘れてないよ ララララ sing along 遠い空を越えて ふわり ララララ sing a song 届け 約束の歌  あえて言わないけれど 感謝してるよ ほんと 腐れ縁でしょうけど これからもよろしく  ララララ sing along 乾杯したくなった時は ララララ sing a song いつでもかけつけるよ  僕がこの先 間違うことがあった時は 正しい道に 君たちが導いて 年をとったら しわくちゃな笑い顔でさ あの日の海で また一緒に歌おうよ  ララララ sing along 夏がまた終わっていくね ララララ sing a song 今年最後の花火  ララララ ララララ  ララララ sing along 遠い空を越えて ふわり ララララ sing a song 届け 約束の歌
春の日よけたたましく空泳ぐヘリコプター 無垢に手をのばす若き日は昔 見慣れた街このところ窮屈だけど 今日までと違う場所見つけ出せずいる  桜の花が舞い落ちる旅立ちの日 ねぇ自分で引くの?子供と大人の境界線  さあ始めようカウントダウンを もう目の前の第二章へ 絵空事(フィクション)=3の現実(リアル)=7で刻め さあ踏み出そう 小さな想い でたらめでも大きな一歩 フラッシュバックする 震える右足で歴史開く春の日よ  朝日が昇る カーテン越し鳥の声が いつも通りのタイミング 起きろと呼ぶ 君から見て昨日の僕と今日の僕は どこか違って見えるかい?教えてくれ  鏡の中のぼやけた輪郭は人 ああさよならだね 「いままでありがとう」笑って言うよ  さあ始めよう出発準備 鞄の中ちゃんと整理して 持って行けない荷物別れ告げて さあ踏みだそう 寂しいけど 「振り返るな」そう聞こえたよ スタートラインを越えるこの感覚 胸を締め付けてるんだ  さあ始めよう深呼吸して 人生は今彩りを増す 眩しすぎて目をそらす日々でも さあ踏みだそう 顔を上げて 僕は僕らしさ謳歌する そう高らかに 確かな足取りで明日へ歩き始めるさ  さあ始めようカウントダウンを もう目の前の第二章へ 絵空事(フィクション)=3の現実(リアル)=7で刻め さあ踏み出そう 小さな想い でたらめでも大きな一歩 フラッシュバックする 震える右足で歴史開く春の日よ鈴村健一鈴村健一黒須克彦けたたましく空泳ぐヘリコプター 無垢に手をのばす若き日は昔 見慣れた街このところ窮屈だけど 今日までと違う場所見つけ出せずいる  桜の花が舞い落ちる旅立ちの日 ねぇ自分で引くの?子供と大人の境界線  さあ始めようカウントダウンを もう目の前の第二章へ 絵空事(フィクション)=3の現実(リアル)=7で刻め さあ踏み出そう 小さな想い でたらめでも大きな一歩 フラッシュバックする 震える右足で歴史開く春の日よ  朝日が昇る カーテン越し鳥の声が いつも通りのタイミング 起きろと呼ぶ 君から見て昨日の僕と今日の僕は どこか違って見えるかい?教えてくれ  鏡の中のぼやけた輪郭は人 ああさよならだね 「いままでありがとう」笑って言うよ  さあ始めよう出発準備 鞄の中ちゃんと整理して 持って行けない荷物別れ告げて さあ踏みだそう 寂しいけど 「振り返るな」そう聞こえたよ スタートラインを越えるこの感覚 胸を締め付けてるんだ  さあ始めよう深呼吸して 人生は今彩りを増す 眩しすぎて目をそらす日々でも さあ踏みだそう 顔を上げて 僕は僕らしさ謳歌する そう高らかに 確かな足取りで明日へ歩き始めるさ  さあ始めようカウントダウンを もう目の前の第二章へ 絵空事(フィクション)=3の現実(リアル)=7で刻め さあ踏み出そう 小さな想い でたらめでも大きな一歩 フラッシュバックする 震える右足で歴史開く春の日よ
Butterflyちょっと君の声が恋しくなってきて 携帯に手を伸ばしたら “着信アリ”ほんの2分の差だけ くだらないけど僕の負け 2人のバイオリズムはとっても似ているね ロジカルに言うとすればバタフライ効果かな?  どんな時間 どんな場所だって 君の羽音は届くよ だから僕も羽ばたいているよ 君がおこした風に乗るように  気づいてるかな?君はまじめすぎって 向上心 裏目なんでしょ? ねぇ聴いてよ なんのオチもない話 僕が今話すから お互い積み上げた日々はちっとも似てないね 足りないものが目覚める またとないチャンスだな  どんな涙 どんなため息も 僕の羽音で消してよ いつも僕は羽ばたいているよ 君が描いた夢叶うように  ほんの小さな喜びひとつも ちゃんとハートでふくらむ 君と僕の間に吹く風 それぞれの世界 輝かせる  どんな時間 どんな場所だって 君の羽音は届くよ たとえ か細い羽ばたきだって 宙(そら)へと舞い上がる風になる きっとなる鈴村健一鈴村健一松下典由松下典由ちょっと君の声が恋しくなってきて 携帯に手を伸ばしたら “着信アリ”ほんの2分の差だけ くだらないけど僕の負け 2人のバイオリズムはとっても似ているね ロジカルに言うとすればバタフライ効果かな?  どんな時間 どんな場所だって 君の羽音は届くよ だから僕も羽ばたいているよ 君がおこした風に乗るように  気づいてるかな?君はまじめすぎって 向上心 裏目なんでしょ? ねぇ聴いてよ なんのオチもない話 僕が今話すから お互い積み上げた日々はちっとも似てないね 足りないものが目覚める またとないチャンスだな  どんな涙 どんなため息も 僕の羽音で消してよ いつも僕は羽ばたいているよ 君が描いた夢叶うように  ほんの小さな喜びひとつも ちゃんとハートでふくらむ 君と僕の間に吹く風 それぞれの世界 輝かせる  どんな時間 どんな場所だって 君の羽音は届くよ たとえ か細い羽ばたきだって 宙(そら)へと舞い上がる風になる きっとなる
バベル素知らぬ顔で僕ら悩んでる 「言葉にしたい」その気持ちは複雑だってこと  例えば今日 君ご機嫌斜めで 何も言わない 何も言えない 無限ループ  読み終えた小説 今朝食べたパン 浮かんでは消える 次の一手 ああ僕に  聞かせてよ 聞かせてよ 心のまま響く声を 「雨が降ったせいだよ」って「あなたは関係ない」って 強がらないでちょっとは頼ってよ  ある朝 寝坊で遅刻して 「風邪気味です」 でたらめすぎる いいわけしたんだ  なのに みんな優しくなって 後ろめたさで目覚ましが増えた  嘘も誠もまぜこぜな僕ら でも自分しか知らない自分のこと いつの日か  ねぇ聞いてよ ねぇ聞いてよ 心のまま響く声を 深く愛してたり 実は傷ついてたり 綺麗なものだけじゃないけど  空へと伸びる高層ビル リアルタイムに流れるニュース 日進月歩の僕らの世界 だけど いまもわからない 心の中の光 いまものぞけない  多分だけど きっと 分かちあえない すべては  でも 好きな歌語ったり 他愛もないことで笑いあえたり 繋がるさ 言葉で  聞かせてよ ねぇ聞いてよ 心のまま響く声を 君は君の声で 僕は僕の声で 話そうよ それぞれの日々を  すれ違うから 僕は君をもっと知りたくなる この間読んだ本の意味がわかった いつか二人 またすれ違う それでいい それもまたいい  素知らぬ顔で僕ら悩んでる 「言葉にしたい」その気持ちは複雑だってこと鈴村健一鈴村健一サイトウヨシヒロ南田健吾素知らぬ顔で僕ら悩んでる 「言葉にしたい」その気持ちは複雑だってこと  例えば今日 君ご機嫌斜めで 何も言わない 何も言えない 無限ループ  読み終えた小説 今朝食べたパン 浮かんでは消える 次の一手 ああ僕に  聞かせてよ 聞かせてよ 心のまま響く声を 「雨が降ったせいだよ」って「あなたは関係ない」って 強がらないでちょっとは頼ってよ  ある朝 寝坊で遅刻して 「風邪気味です」 でたらめすぎる いいわけしたんだ  なのに みんな優しくなって 後ろめたさで目覚ましが増えた  嘘も誠もまぜこぜな僕ら でも自分しか知らない自分のこと いつの日か  ねぇ聞いてよ ねぇ聞いてよ 心のまま響く声を 深く愛してたり 実は傷ついてたり 綺麗なものだけじゃないけど  空へと伸びる高層ビル リアルタイムに流れるニュース 日進月歩の僕らの世界 だけど いまもわからない 心の中の光 いまものぞけない  多分だけど きっと 分かちあえない すべては  でも 好きな歌語ったり 他愛もないことで笑いあえたり 繋がるさ 言葉で  聞かせてよ ねぇ聞いてよ 心のまま響く声を 君は君の声で 僕は僕の声で 話そうよ それぞれの日々を  すれ違うから 僕は君をもっと知りたくなる この間読んだ本の意味がわかった いつか二人 またすれ違う それでいい それもまたいい  素知らぬ顔で僕ら悩んでる 「言葉にしたい」その気持ちは複雑だってこと
光よりはやく飛ぶロケット昨日見た映画すでにもうおぼろげ 4時間以上寝ても身体はSOS  アイデンティティはまどろむ あたかもベルトコンベアーに乗った 出荷待ちのおもちゃ  夜は鮮やかな喧噪に明け暮れて 僕はそのノイズ囲まれ 空想する  気ままに風任せに浮かぶ 白い雲 するりと抜け なにものにもとらわれることない 宙へ クラクション 排気ガス ネオン しがらみ達見下ろして 光よりはやく飛ぶロケット 夢の欠片ばらまいた 僕は手を振る  「ここにいるよ」  不安で不安定な涙腺バカになる プラットホームに響く無機質な声  ふいに吹き抜ける風が頬をなでる 街のモノローグ運んでく夕暮れ  自由求めていく不自由 知らぬ間に繰り返して いつのまにかたどり着いた狭い場所で ただ夜明け待ち続けてたら 痛がり屋になった僕 誰にも気づかれないよう しずかに一人泣いてるよ  自分らしさの器の中 今でも透き通るピュアな心 また空想する  気ままに風任せに浮かぶ 白い雲 するりと抜け なにものにもとらわれることない 宙へ クラクション 排気ガス ネオン しがらみ達見下ろして 光よりはやく飛ぶロケット 夢の欠片ばらまいた 僕は手を振る  「ここにいるよ」鈴村健一鈴村健一菊池達也昨日見た映画すでにもうおぼろげ 4時間以上寝ても身体はSOS  アイデンティティはまどろむ あたかもベルトコンベアーに乗った 出荷待ちのおもちゃ  夜は鮮やかな喧噪に明け暮れて 僕はそのノイズ囲まれ 空想する  気ままに風任せに浮かぶ 白い雲 するりと抜け なにものにもとらわれることない 宙へ クラクション 排気ガス ネオン しがらみ達見下ろして 光よりはやく飛ぶロケット 夢の欠片ばらまいた 僕は手を振る  「ここにいるよ」  不安で不安定な涙腺バカになる プラットホームに響く無機質な声  ふいに吹き抜ける風が頬をなでる 街のモノローグ運んでく夕暮れ  自由求めていく不自由 知らぬ間に繰り返して いつのまにかたどり着いた狭い場所で ただ夜明け待ち続けてたら 痛がり屋になった僕 誰にも気づかれないよう しずかに一人泣いてるよ  自分らしさの器の中 今でも透き通るピュアな心 また空想する  気ままに風任せに浮かぶ 白い雲 するりと抜け なにものにもとらわれることない 宙へ クラクション 排気ガス ネオン しがらみ達見下ろして 光よりはやく飛ぶロケット 夢の欠片ばらまいた 僕は手を振る  「ここにいるよ」
開け!主演=僕のシナリオなのに 完全無欠のヒーローにはなれないね 次はどこで どんな台詞だっけ? お決まりのシーンばかりだよ 充分居心地はいい 無理はしなくてもいい でも夢見るのは 新しい扉  開け!わがままの先の あるがまま光る花道 鍵は実はかかってない 重い重い扉でも 自由はもう目の前だ ためらいの日々越えて  練りに練った 愛の言葉より 計算外の時こそ ホントの愛で 今日も 空白の未来 何を描いてもいい じゃあ描けるのかい? 新しい扉  壊せ!扉そのものを 非常識と笑われようと 上手く演らなくてもいい 予定調和の世界にアドリブで挑むんだ 最高の結末へ  なんでもありの人生だって わかってる だけど怖いもの どれだけ準備してもピンチは来る だからもっと 楽にいこうか  叫べ!わがままな声で あるがまま輝く声で 絶対に何か生まれる 唯一無二の舞台へ 奇跡の幕開けろ ためらいの日々越えて 誰も知らない 最高の結末へ鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠主演=僕のシナリオなのに 完全無欠のヒーローにはなれないね 次はどこで どんな台詞だっけ? お決まりのシーンばかりだよ 充分居心地はいい 無理はしなくてもいい でも夢見るのは 新しい扉  開け!わがままの先の あるがまま光る花道 鍵は実はかかってない 重い重い扉でも 自由はもう目の前だ ためらいの日々越えて  練りに練った 愛の言葉より 計算外の時こそ ホントの愛で 今日も 空白の未来 何を描いてもいい じゃあ描けるのかい? 新しい扉  壊せ!扉そのものを 非常識と笑われようと 上手く演らなくてもいい 予定調和の世界にアドリブで挑むんだ 最高の結末へ  なんでもありの人生だって わかってる だけど怖いもの どれだけ準備してもピンチは来る だからもっと 楽にいこうか  叫べ!わがままな声で あるがまま輝く声で 絶対に何か生まれる 唯一無二の舞台へ 奇跡の幕開けろ ためらいの日々越えて 誰も知らない 最高の結末へ
HERO一人で立ち向かう 自由と平和を守るため どんな逆境でもあきらめない あのヒーローは今日もそばにいる  負けるな!君は強い! いまこそ立ち上がれ! その手でつかめ!未来!  叫ぶ声 僕らのそのエールで君は 必ず勝利をみせてくれた  手強い敵 卑怯な罠も 勇気と愛でピンチを救う 追いかけた背中  なぜだろう 踏み出せない 自分ですべて決めていいのに 夕闇が迫る満員電車から SOSを人知れず放つけど  負けるな!君は強い! いまこそ立ち上がれ! その手でつかめ!未来!  「できないよ」 響く そのエールが僕に 現在(いま)をありありと照らし出す  あやまちに怯える日々に 希望と夢で 胸張って 向き合えれば  弱さはいつかきっと強さになる ほら一緒に行こう!未来へ!  響くそのエールで僕は もう一度あの理想を目指すよ  あこがれは遠い 遠いままでも 誰だって 僕だって 少しは輝ける  世界なんか救えやしないさ だけど僕も誰かのヒーロー そんな物語を描こう鈴村健一鈴村健一宮崎誠宮崎誠一人で立ち向かう 自由と平和を守るため どんな逆境でもあきらめない あのヒーローは今日もそばにいる  負けるな!君は強い! いまこそ立ち上がれ! その手でつかめ!未来!  叫ぶ声 僕らのそのエールで君は 必ず勝利をみせてくれた  手強い敵 卑怯な罠も 勇気と愛でピンチを救う 追いかけた背中  なぜだろう 踏み出せない 自分ですべて決めていいのに 夕闇が迫る満員電車から SOSを人知れず放つけど  負けるな!君は強い! いまこそ立ち上がれ! その手でつかめ!未来!  「できないよ」 響く そのエールが僕に 現在(いま)をありありと照らし出す  あやまちに怯える日々に 希望と夢で 胸張って 向き合えれば  弱さはいつかきっと強さになる ほら一緒に行こう!未来へ!  響くそのエールで僕は もう一度あの理想を目指すよ  あこがれは遠い 遠いままでも 誰だって 僕だって 少しは輝ける  世界なんか救えやしないさ だけど僕も誰かのヒーロー そんな物語を描こう
Becoming気がつけばもう朝 傍らには君が 僕らはどこまで行っても孤独だけど 一人じゃない さあここまでの魂をまぜあわせよう ねぇこれからも生まれくる自由な息吹 感じていよう鈴村健一鈴村健一松下典由松下典由気がつけばもう朝 傍らには君が 僕らはどこまで行っても孤独だけど 一人じゃない さあここまでの魂をまぜあわせよう ねぇこれからも生まれくる自由な息吹 感じていよう
becoming soonSFみたいなビル達 正直もう見慣れた 僕らはどこまで行ったらいいのだろう 教えてよ ねぇ鈴村健一鈴村健一松下典由松下典由SFみたいなビル達 正直もう見慣れた 僕らはどこまで行ったらいいのだろう 教えてよ ねぇ
フタリジカンそのミルクティ飲んだら 散歩に出かけよう 特別サプライズなど ありはしませんけど  夕食はいきつけのあの店で乾杯 明日は月曜日だとか 野暮なこと言わないで  365日をダイジェストで振り返ったとき 二人が選ぶ名シーンが 一緒だといいなぁ  君と僕の砂時計を混ぜ合わせて一つにしよう 同じ時を歩んでゆける この喜び未来へ繋ぐよ  メソポタミアの人が定めた七日間 月の満ち欠けに時代(いま)も 一喜一憂してる  週末の天気予報 雨らしい だからのんびり 君の好きなパンケーキでも 焼いてあげようか  広い宇宙の砂時計の一粒が僕らなんだ 小さな夢 なにげない愛 輝きは星空に舞うよ  春も 夏も 秋も 冬も 声も まなざしも  君と僕の砂時計を混ぜ合わせて一つにしよう 同じ時を歩んでゆける この喜び未来へ繋ぐよ 広い宇宙の砂時計の一粒が僕らなんだ 小さな夢 なにげない愛 輝きは星空に舞うよ いつまでも光り続けるよ鈴村健一鈴村健一松下典由そのミルクティ飲んだら 散歩に出かけよう 特別サプライズなど ありはしませんけど  夕食はいきつけのあの店で乾杯 明日は月曜日だとか 野暮なこと言わないで  365日をダイジェストで振り返ったとき 二人が選ぶ名シーンが 一緒だといいなぁ  君と僕の砂時計を混ぜ合わせて一つにしよう 同じ時を歩んでゆける この喜び未来へ繋ぐよ  メソポタミアの人が定めた七日間 月の満ち欠けに時代(いま)も 一喜一憂してる  週末の天気予報 雨らしい だからのんびり 君の好きなパンケーキでも 焼いてあげようか  広い宇宙の砂時計の一粒が僕らなんだ 小さな夢 なにげない愛 輝きは星空に舞うよ  春も 夏も 秋も 冬も 声も まなざしも  君と僕の砂時計を混ぜ合わせて一つにしよう 同じ時を歩んでゆける この喜び未来へ繋ぐよ 広い宇宙の砂時計の一粒が僕らなんだ 小さな夢 なにげない愛 輝きは星空に舞うよ いつまでも光り続けるよ
フランケンシュタイナー本音まき散らして 人気者になって 恵比寿辺りに住んで 二匹の猫 愛でる  夕べの夢の中じゃ君は 僕に夢中で 伸ばしたその右手 わずかに届かぬ  現実はいつも飲み込むばかりで 本当の言葉 花と散る  ああ キスしたいなぁ 荒唐無稽なリビドー飼い慣らして ああ すぐリタイヤ うつむく純情 今宵もまた一人泣く  なにがしたいの? ねぇ答えて yeah yeah yeah なにがしたいの? ねぇ叫んで yeah yeah yeah  出る杭は打たれる 狙ってるサーチライト 可もなく不可もなく そう 流行のライフスタイル  笑ってるけれども 泣いているような 隠しきれない 人となり  大暴れしたいなぁ 一心不乱に「我こそここにあり」と言いたい ああ もう時間だ 臆病者 1:04終電は行く  なにがしたいの? ねぇ答えて yeah yeah yeah なにがしたいの? ねぇ叫んで yeah yeah yeah  さん に いち でいおう だれもきいちゃいないでしょ  ああ 不意に浮かぶ 幼少時代 ハナマルが ひとつ ふたつ みっつ まわりだす  もう 眠りたいなぁ いっそ永遠 いかれた目覚ましが笑ってる 朝が来れば またはじまる 平穏決め込む月曜  褒められたいなぁ たった一言「よく出来ました」だけでもいい かっ飛ばしたいなぁ 逆転の一打 フルスイングしてお立ち台に  なにがしたいの? ねぇ? ねぇ? 探してるんだ 本当の僕 なにがしたいんだ? 問うんだ 問うんだ 飛ぶんだ 答えは遥か頭上 覚悟決めろ  生まれ変わりたいなぁ鈴村健一鈴村健一姉田ウ夢ヤ姉田ウ夢ヤ本音まき散らして 人気者になって 恵比寿辺りに住んで 二匹の猫 愛でる  夕べの夢の中じゃ君は 僕に夢中で 伸ばしたその右手 わずかに届かぬ  現実はいつも飲み込むばかりで 本当の言葉 花と散る  ああ キスしたいなぁ 荒唐無稽なリビドー飼い慣らして ああ すぐリタイヤ うつむく純情 今宵もまた一人泣く  なにがしたいの? ねぇ答えて yeah yeah yeah なにがしたいの? ねぇ叫んで yeah yeah yeah  出る杭は打たれる 狙ってるサーチライト 可もなく不可もなく そう 流行のライフスタイル  笑ってるけれども 泣いているような 隠しきれない 人となり  大暴れしたいなぁ 一心不乱に「我こそここにあり」と言いたい ああ もう時間だ 臆病者 1:04終電は行く  なにがしたいの? ねぇ答えて yeah yeah yeah なにがしたいの? ねぇ叫んで yeah yeah yeah  さん に いち でいおう だれもきいちゃいないでしょ  ああ 不意に浮かぶ 幼少時代 ハナマルが ひとつ ふたつ みっつ まわりだす  もう 眠りたいなぁ いっそ永遠 いかれた目覚ましが笑ってる 朝が来れば またはじまる 平穏決め込む月曜  褒められたいなぁ たった一言「よく出来ました」だけでもいい かっ飛ばしたいなぁ 逆転の一打 フルスイングしてお立ち台に  なにがしたいの? ねぇ? ねぇ? 探してるんだ 本当の僕 なにがしたいんだ? 問うんだ 問うんだ 飛ぶんだ 答えは遥か頭上 覚悟決めろ  生まれ変わりたいなぁ
brand new君に出逢う前の僕は どんな風に過ごしていた? もはやあいまいさ 開いたんだ扉が Hello Hello ようこそ Hello Hello 照れくさいけど 生まれ変われたんだ 蝶のように  思えば中肉中背のうだつの上がらない奴 明日はどっちだ? 五里霧中そんな日々 Hello Hello 叫んでた Hello Hello モノローグを 誰かに届きますようにと  同じゆらぎ 同じ渇き 触れた刹那 重なり合う僕らの声は 未来示した  はじまりのうた 歌おう この広い空の下 無数に浮かぶ想い 出会えた奇跡を 君が君でいること 僕が僕でいること その謎も しあわせも いま 産声あげたんだ  苦手だったコーヒーも飲まなきゃ落ち着かなくなった 僕の世界観が彩りを増してく Hello Hello ありがとう Hello Hello 笑って言おう まっすぐ届きますように  一寸先は闇ばかり 冷めた空気も 二人寄り添えば ぬくもりあふれ出すんだ  祝福のうた 聞こえる 歩み始めた僕たちを 優しく 厳しく 称える歌よ 壊れそうな時代も そっと手を繋いでいれば 失望や葛藤さえ きっと楽しいと思えるんだ  はじまりのうたはいつか 静かに役目を終える あの日の弾むような音色ではない でも僕らの胸に刻み続けるその歌は また意味を変えながら ずっと 響き渡るんだ  これからのうた 歌おう 新しい僕たちが この世界 一緒に生きる喜びを 何十年先へ 描き続けるビジョンは 今以上に輝く もっと素晴らしい日々なんだ鈴村健一鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也君に出逢う前の僕は どんな風に過ごしていた? もはやあいまいさ 開いたんだ扉が Hello Hello ようこそ Hello Hello 照れくさいけど 生まれ変われたんだ 蝶のように  思えば中肉中背のうだつの上がらない奴 明日はどっちだ? 五里霧中そんな日々 Hello Hello 叫んでた Hello Hello モノローグを 誰かに届きますようにと  同じゆらぎ 同じ渇き 触れた刹那 重なり合う僕らの声は 未来示した  はじまりのうた 歌おう この広い空の下 無数に浮かぶ想い 出会えた奇跡を 君が君でいること 僕が僕でいること その謎も しあわせも いま 産声あげたんだ  苦手だったコーヒーも飲まなきゃ落ち着かなくなった 僕の世界観が彩りを増してく Hello Hello ありがとう Hello Hello 笑って言おう まっすぐ届きますように  一寸先は闇ばかり 冷めた空気も 二人寄り添えば ぬくもりあふれ出すんだ  祝福のうた 聞こえる 歩み始めた僕たちを 優しく 厳しく 称える歌よ 壊れそうな時代も そっと手を繋いでいれば 失望や葛藤さえ きっと楽しいと思えるんだ  はじまりのうたはいつか 静かに役目を終える あの日の弾むような音色ではない でも僕らの胸に刻み続けるその歌は また意味を変えながら ずっと 響き渡るんだ  これからのうた 歌おう 新しい僕たちが この世界 一緒に生きる喜びを 何十年先へ 描き続けるビジョンは 今以上に輝く もっと素晴らしい日々なんだ
ペルそな当たり前の情事に「謝ればいいと思うな!」って 仲間意識でもってご退場願いました 足の引っ張り合いのニュースしかやってないのに 紙のようなTVが欲しいなんてふと思っちゃった  なんだかんだで夢の未来は 結構振れ幅狭いみたいな そんな現状です  苦いコーヒーを飲みながら 紡いでる真理説こうか おっとそうだ 仮面かぶんなくちゃ不思議な人 熱い想いもふさいでけるな 時代のニーズに応えちゃって 流行の色あしらって おそろいですね(笑)  赤い信号なら止まれだって身に染みちゃって 優しさが起源なんて そんなのどうでもよくなった 上澄みのルールで交通整備してんのに 「はみ出さないように進もう!」とふと思っちゃった  完全無欠の神の存在も 結局誰かがすりかえたもん そんな現状です  熱いコーヒーを飲みながら 曇ってる真偽問おうか おっとそうだ 仮面かぶんなくちゃ無慈悲な人 苦い想いもふさいでけるな 世界の調和に則って みんなで輪になって カンパイしますか  熱い想いが冷める前に 高い空 越えたいな おっとそうだ 仮面かぶったんじゃ息切れしそう 苦い想いもそのままに “イチニノサン”で剥がしちゃって 素顔見せちゃって 笑えるといいなぁ鈴村健一鈴村健一伊橋成哉伊橋成哉当たり前の情事に「謝ればいいと思うな!」って 仲間意識でもってご退場願いました 足の引っ張り合いのニュースしかやってないのに 紙のようなTVが欲しいなんてふと思っちゃった  なんだかんだで夢の未来は 結構振れ幅狭いみたいな そんな現状です  苦いコーヒーを飲みながら 紡いでる真理説こうか おっとそうだ 仮面かぶんなくちゃ不思議な人 熱い想いもふさいでけるな 時代のニーズに応えちゃって 流行の色あしらって おそろいですね(笑)  赤い信号なら止まれだって身に染みちゃって 優しさが起源なんて そんなのどうでもよくなった 上澄みのルールで交通整備してんのに 「はみ出さないように進もう!」とふと思っちゃった  完全無欠の神の存在も 結局誰かがすりかえたもん そんな現状です  熱いコーヒーを飲みながら 曇ってる真偽問おうか おっとそうだ 仮面かぶんなくちゃ無慈悲な人 苦い想いもふさいでけるな 世界の調和に則って みんなで輪になって カンパイしますか  熱い想いが冷める前に 高い空 越えたいな おっとそうだ 仮面かぶったんじゃ息切れしそう 苦い想いもそのままに “イチニノサン”で剥がしちゃって 素顔見せちゃって 笑えるといいなぁ
home sweet home君と2人自転車で hey hey hey 昨日まで気づかなかったカフェ発見 5年住んだ街もまだまだ楽しめそうさ yeah  通り雨に降られても hey hey hey 雨宿りもたまには良いもんだねと 読みかけの文庫本 ラストにほろりと涙  すべてが幸せと思えない日もあるけど 僕はこの世界を愛している  home sweet home どんな時でも 僕には帰る場所がある 小さなぬくもりで きっと明日が輝くだろう  でたらめな鼻歌でも hey hey hey 君を笑顔にすることだってできる おだやかなひととき 疲れた心癒やすよ yeah  お気に入りの靴を履いて hey hey hey 胸は高鳴るんだ ほらスキップしてる 憂鬱な一日も 何かが変わる気がする  誰かの幸せをうらやむ日もあるけど 僕はこの世界を愛している  home sweet home どんな時でも 僕には帰る場所がある 小さなぬくもりで きっと明日が輝くだろう home sweet home どんな場所でも いつかは故郷になる みつめる瞳次第で すべてが輝くだろう  季節は巡り街は変わり続けるだろう そして僕らも記憶を重ねる 戻らない時間に手を伸ばすとき home sweet home 本当の僕と出会える はじまりの場所  home sweet home どんな時でも 僕には帰る場所がある 小さなぬくもりで きっと明日が輝くだろう home sweet home どんな場所でも いつかは故郷になる みつめる瞳次第で すべてが輝くだろう鈴村健一鈴村健一白戸佑輔佐野宏晃君と2人自転車で hey hey hey 昨日まで気づかなかったカフェ発見 5年住んだ街もまだまだ楽しめそうさ yeah  通り雨に降られても hey hey hey 雨宿りもたまには良いもんだねと 読みかけの文庫本 ラストにほろりと涙  すべてが幸せと思えない日もあるけど 僕はこの世界を愛している  home sweet home どんな時でも 僕には帰る場所がある 小さなぬくもりで きっと明日が輝くだろう  でたらめな鼻歌でも hey hey hey 君を笑顔にすることだってできる おだやかなひととき 疲れた心癒やすよ yeah  お気に入りの靴を履いて hey hey hey 胸は高鳴るんだ ほらスキップしてる 憂鬱な一日も 何かが変わる気がする  誰かの幸せをうらやむ日もあるけど 僕はこの世界を愛している  home sweet home どんな時でも 僕には帰る場所がある 小さなぬくもりで きっと明日が輝くだろう home sweet home どんな場所でも いつかは故郷になる みつめる瞳次第で すべてが輝くだろう  季節は巡り街は変わり続けるだろう そして僕らも記憶を重ねる 戻らない時間に手を伸ばすとき home sweet home 本当の僕と出会える はじまりの場所  home sweet home どんな時でも 僕には帰る場所がある 小さなぬくもりで きっと明日が輝くだろう home sweet home どんな場所でも いつかは故郷になる みつめる瞳次第で すべてが輝くだろう
ポジティヴマンタロウ体育会系の社風には 思ってた以上にフィットしてる 生まれついてのお調子者 だけど なにかものたりない  かけっこはいつも一等賞 子供時代の勲章を胸に なんだかうまくやってきたけど やっぱ なにかものたりない  就寝前 襲い来る 正体不明 ささやく声 「このまま順風満帆なわけないぜ」  叫べよ! myself (立ち止まるな! ころぶなら前のめりに) 叫べよ! yourself (もっと!もっと凄いのだ!本当の俺は)  Hello Hello 背伸びの俺 つま先立ちで でっかい未来覗け さよなら 猫背の俺 まるまったって勝手にゃ転がらないぜ “待てば海路の日和あり” そんなわけないと知ってるぞ 考えるな!感じろって! ポジティヴマン!  将来有望なんて部長が言う 一体全体どこ見てるの? いわゆる社交辞令ってやつか? だけど …嬉しくてしかたない!  表彰台のスーパースター いつの日か追い抜いてやるぜ! 「なんの根拠もないけど まあいっか」  叫べよ! myself (立ち止まるな! ころぶなら前のめりに) 叫べよ! yourself (もっと!もっと凄いのだ!本当の俺は)  Hello Hello 未来の俺 今夜もまた夢の中 祝勝会ね さよなら 理想の俺 朝焼けと共にお開きだね “末は博士か大臣か” 言うは行うより易し 三千里も一歩から ポジティヴマン!  叫べよ! myself (立ち止まるな! ころぶなら前のめりに) 叫べよ! yourself (もっと!もっと凄いのだ!本当の俺は)  Hello Hello 強気の俺 しょうもない迷信なんか信じんじゃないぜ さよなら 弱気の俺 金輪際ため息なんか吐くんじゃないぜ “柳に雪折れなし” 毎朝ストレッチしてるし さあ!我が道を往け ポジティヴマン!鈴村健一鈴村健一渡辺拓也渡辺拓也体育会系の社風には 思ってた以上にフィットしてる 生まれついてのお調子者 だけど なにかものたりない  かけっこはいつも一等賞 子供時代の勲章を胸に なんだかうまくやってきたけど やっぱ なにかものたりない  就寝前 襲い来る 正体不明 ささやく声 「このまま順風満帆なわけないぜ」  叫べよ! myself (立ち止まるな! ころぶなら前のめりに) 叫べよ! yourself (もっと!もっと凄いのだ!本当の俺は)  Hello Hello 背伸びの俺 つま先立ちで でっかい未来覗け さよなら 猫背の俺 まるまったって勝手にゃ転がらないぜ “待てば海路の日和あり” そんなわけないと知ってるぞ 考えるな!感じろって! ポジティヴマン!  将来有望なんて部長が言う 一体全体どこ見てるの? いわゆる社交辞令ってやつか? だけど …嬉しくてしかたない!  表彰台のスーパースター いつの日か追い抜いてやるぜ! 「なんの根拠もないけど まあいっか」  叫べよ! myself (立ち止まるな! ころぶなら前のめりに) 叫べよ! yourself (もっと!もっと凄いのだ!本当の俺は)  Hello Hello 未来の俺 今夜もまた夢の中 祝勝会ね さよなら 理想の俺 朝焼けと共にお開きだね “末は博士か大臣か” 言うは行うより易し 三千里も一歩から ポジティヴマン!  叫べよ! myself (立ち止まるな! ころぶなら前のめりに) 叫べよ! yourself (もっと!もっと凄いのだ!本当の俺は)  Hello Hello 強気の俺 しょうもない迷信なんか信じんじゃないぜ さよなら 弱気の俺 金輪際ため息なんか吐くんじゃないぜ “柳に雪折れなし” 毎朝ストレッチしてるし さあ!我が道を往け ポジティヴマン!
ポーカーフェイス「怒ってるの?」って 僕が言ったら 君はぎこちなく笑ってみせる 「嘘くさいよ」って ちゃかしすぎちゃったから 「本当に怒ってなんかいないの」とすねてしまったよ  ポーカーフェイスを隔てた 君の心 触れてみたくて 目をそらさず まっすぐ見つめてるんだ  微かに彩りを変える 君のその表情は 言葉よりもピュアな 想いをのせたサイン 確かに届いているのに 上手く受け止められなくて ずっと そうずっと 答え探し続けてる カタチのないものだから不安でも 呼び合っている そう信じている  音のない部屋 窓際の君 枯れてしまった花を 優しくなでる なにも言わずに 目を伏せていたけど 本当は泣きじゃくりたいほど 悲しいはずでしょ  でも僕はわかってる 不器用でも精一杯って 怖くないよ 同じもの見ていたいよ  深く深く仕舞い込んでる 君が手にしたい未来を 僕にだけ教えて その日をずっと待ってる 綺麗に言わなくたっていいよ 心はここにあるんだから きっと そうきっと 輝き始める 見落とすことが絶対ないように どんなときでも 向き合ってる  微かに彩りを変える 君のその表情は 言葉よりもピュアな 想いをのせたサイン 確かに届いているから 僕はそれが嬉しくって もっと そうもっと 深く愛していく カタチはないけれど大丈夫 僕らは今日も繋がっている鈴村健一鈴村健一伊藤賢伊藤賢「怒ってるの?」って 僕が言ったら 君はぎこちなく笑ってみせる 「嘘くさいよ」って ちゃかしすぎちゃったから 「本当に怒ってなんかいないの」とすねてしまったよ  ポーカーフェイスを隔てた 君の心 触れてみたくて 目をそらさず まっすぐ見つめてるんだ  微かに彩りを変える 君のその表情は 言葉よりもピュアな 想いをのせたサイン 確かに届いているのに 上手く受け止められなくて ずっと そうずっと 答え探し続けてる カタチのないものだから不安でも 呼び合っている そう信じている  音のない部屋 窓際の君 枯れてしまった花を 優しくなでる なにも言わずに 目を伏せていたけど 本当は泣きじゃくりたいほど 悲しいはずでしょ  でも僕はわかってる 不器用でも精一杯って 怖くないよ 同じもの見ていたいよ  深く深く仕舞い込んでる 君が手にしたい未来を 僕にだけ教えて その日をずっと待ってる 綺麗に言わなくたっていいよ 心はここにあるんだから きっと そうきっと 輝き始める 見落とすことが絶対ないように どんなときでも 向き合ってる  微かに彩りを変える 君のその表情は 言葉よりもピュアな 想いをのせたサイン 確かに届いているから 僕はそれが嬉しくって もっと そうもっと 深く愛していく カタチはないけれど大丈夫 僕らは今日も繋がっている
My Life Summer Life騒ぎたいよ うらはら ほら 太陽 ギラギラ 胸の奥のアレ 叫んじゃおう! oh yeah! oh yeah! oh yeah! あふれだす 願望 愛情 誰か気付いて ねぇ褒めて! マジでスゴイですね! ねぇ褒めて! 笑顔もステキね~ ねぇ褒めて! 君は天才!って もういいよ なんつーか ありがとう… 認めて欲しくてがむしゃらになって 疲れ果てたら 青空に手をのばせ!  そうさ!いつも心にはSummer Life バテちゃうほど暑い日々でも なぜかワクワクするんだ どこへでも行けそうだ お気楽なIdeology 春夏秋冬Summer Life お祭り騒ぎでJump!踊ろう! ひょっとしたら明日は出会える バカみたいな笑顔の愛すべき自分に  好きなこと 好きだと なぜに 言えない 誰にも内緒で叫んじゃおう! oh yeah! oh yeah! oh yeah! はじける 欲望 純情 ほらもっと見て見て ねぇ褒めて! いいセンスだね~ ねぇ褒めて! 伝説級だね~ ねぇ褒めて! エクセレント!って もういいよ なんつーか 社交辞令? 誰かのために生きたいと思うけど 自分のことも好きになれたらいいな  そうさ!いつも心にはSummer Life 花火のように儚い想いも 誰かが見てるんだ 拍手聞こえるんだ 脳天気なPhilosophy 春夏秋冬Summer Life 我がもの顔してJump!進もう! 真夏の夜の夢 横切って 本当の言葉で愛してると言おう  もっと高く もっと高く もっと高く Jump!届け!  そうさ!いつも心にはSummer Life バテちゃうほど暑い日々でも なぜかワクワクするんだ どこへでも行けそうだ お気楽なIdeology 春夏秋冬Summer Life お祭り騒ぎでJump!踊ろう! ひょっとしたら明日は出会える バカみたいな笑顔の愛すべき自分に鈴村健一鈴村健一本田光史郎・廣中トキワ本田光史郎騒ぎたいよ うらはら ほら 太陽 ギラギラ 胸の奥のアレ 叫んじゃおう! oh yeah! oh yeah! oh yeah! あふれだす 願望 愛情 誰か気付いて ねぇ褒めて! マジでスゴイですね! ねぇ褒めて! 笑顔もステキね~ ねぇ褒めて! 君は天才!って もういいよ なんつーか ありがとう… 認めて欲しくてがむしゃらになって 疲れ果てたら 青空に手をのばせ!  そうさ!いつも心にはSummer Life バテちゃうほど暑い日々でも なぜかワクワクするんだ どこへでも行けそうだ お気楽なIdeology 春夏秋冬Summer Life お祭り騒ぎでJump!踊ろう! ひょっとしたら明日は出会える バカみたいな笑顔の愛すべき自分に  好きなこと 好きだと なぜに 言えない 誰にも内緒で叫んじゃおう! oh yeah! oh yeah! oh yeah! はじける 欲望 純情 ほらもっと見て見て ねぇ褒めて! いいセンスだね~ ねぇ褒めて! 伝説級だね~ ねぇ褒めて! エクセレント!って もういいよ なんつーか 社交辞令? 誰かのために生きたいと思うけど 自分のことも好きになれたらいいな  そうさ!いつも心にはSummer Life 花火のように儚い想いも 誰かが見てるんだ 拍手聞こえるんだ 脳天気なPhilosophy 春夏秋冬Summer Life 我がもの顔してJump!進もう! 真夏の夜の夢 横切って 本当の言葉で愛してると言おう  もっと高く もっと高く もっと高く Jump!届け!  そうさ!いつも心にはSummer Life バテちゃうほど暑い日々でも なぜかワクワクするんだ どこへでも行けそうだ お気楽なIdeology 春夏秋冬Summer Life お祭り騒ぎでJump!踊ろう! ひょっとしたら明日は出会える バカみたいな笑顔の愛すべき自分に
また会えるこの歌を僕たちの想い出の絆にするのさ いつかは色あせていく記憶の中 また出会える鍵になるように  真っ白だったキャンバス 気付けばもう唯一無二の絵に 大好きな色を重ねれば 悲しい日々も自分らしさになる  あの風は何色だろう 同じ日はないから 儚くまばゆくなる  通り過ぎる面影を想い出の絆にするのさ 立ち止まれない時間にしおりはさむようにして 誰かと分かち合う日のために  ずっと変わらないものなどないことくらい もう気付いてる 泣いたり笑ったり怒ったり 近頃は少し 世界とずれている  幼い衝動のまま 時を刻む身体 教えて何処に向かうの?  澄み渡るあの日々は いつかは消えてしまうのでしょう 自分が自分でなくなるイメージの先で 手を繋いでくれるなら あなたがいい  苦しみのすきまに芽生える希望に 気付かせてくれたのはいつも 重ね合った声と笑顔の記憶さ 口ずさんでみよう ねぇ見つけよう  この歌を僕たちの想い出の絆にするのさ いつかは色あせていく記憶の中 いつまでも 輝くだろう  この歌があるかぎり 想い出の扉は開くのさ 忘れない 忘れたとしてもきっと また出会える鍵はいつもここに  また会える日もあなたと歌いたい鈴村健一鈴村健一Kohei by SIMONSAYZKoheiこの歌を僕たちの想い出の絆にするのさ いつかは色あせていく記憶の中 また出会える鍵になるように  真っ白だったキャンバス 気付けばもう唯一無二の絵に 大好きな色を重ねれば 悲しい日々も自分らしさになる  あの風は何色だろう 同じ日はないから 儚くまばゆくなる  通り過ぎる面影を想い出の絆にするのさ 立ち止まれない時間にしおりはさむようにして 誰かと分かち合う日のために  ずっと変わらないものなどないことくらい もう気付いてる 泣いたり笑ったり怒ったり 近頃は少し 世界とずれている  幼い衝動のまま 時を刻む身体 教えて何処に向かうの?  澄み渡るあの日々は いつかは消えてしまうのでしょう 自分が自分でなくなるイメージの先で 手を繋いでくれるなら あなたがいい  苦しみのすきまに芽生える希望に 気付かせてくれたのはいつも 重ね合った声と笑顔の記憶さ 口ずさんでみよう ねぇ見つけよう  この歌を僕たちの想い出の絆にするのさ いつかは色あせていく記憶の中 いつまでも 輝くだろう  この歌があるかぎり 想い出の扉は開くのさ 忘れない 忘れたとしてもきっと また出会える鍵はいつもここに  また会える日もあなたと歌いたい
ミトコンドリア原子の時代のなごりでしょ? 君と僕との意味深なフィールドは 目に見えない でも万能  コマーシャルにすり込まれてきた 定型文のホレタハレタじゃないんです 根源的関係かと  生きる理由を探れば 君に到達したな  今日も太陽は光照らすけど 受け止めてる地球に 意味もあるんだ! だから思うよ 僕の存在も 君に逢えた奇跡で 成り立ってるって  イメージしてる形と色 君と僕との回答のフリップは 目に見えない でも感動  おぎゃーと泣いて生まれたとき 「ある」か「ない」かで区別されただけです ルーツたどりゃ同じものに  意識あるわきゃないよ もはや反射な身体  もしも地球が明日やばいとして 細胞一つになっても 繋がってるんだ! 君の笑顔を保存する場所は カメラ付きの携帯じゃないよ! 知ってるか?  ずっと地球が回り続けるように 僕らミトコンドリアで 惹かれあうんだ! アダムとイブになれる 今すぐに 心のド真ん中の 核に準じれば 螺旋の様にグルグル絡め! 愛の遺伝子よ!鈴村健一鈴村健一黒須克彦黒須克彦原子の時代のなごりでしょ? 君と僕との意味深なフィールドは 目に見えない でも万能  コマーシャルにすり込まれてきた 定型文のホレタハレタじゃないんです 根源的関係かと  生きる理由を探れば 君に到達したな  今日も太陽は光照らすけど 受け止めてる地球に 意味もあるんだ! だから思うよ 僕の存在も 君に逢えた奇跡で 成り立ってるって  イメージしてる形と色 君と僕との回答のフリップは 目に見えない でも感動  おぎゃーと泣いて生まれたとき 「ある」か「ない」かで区別されただけです ルーツたどりゃ同じものに  意識あるわきゃないよ もはや反射な身体  もしも地球が明日やばいとして 細胞一つになっても 繋がってるんだ! 君の笑顔を保存する場所は カメラ付きの携帯じゃないよ! 知ってるか?  ずっと地球が回り続けるように 僕らミトコンドリアで 惹かれあうんだ! アダムとイブになれる 今すぐに 心のド真ん中の 核に準じれば 螺旋の様にグルグル絡め! 愛の遺伝子よ!
明星真っ白い地図 届いたかい? さあ そこになに描くんだい? 大丈夫 描き方は教えるよ  ここに呼んだのは 僕たち どうしても会いたかったんだ 宙ぶらりんな時代でごめんね  もうすぐ呼吸をするんだ 自分の力で 力強く  もうすぐひとりになるんだ 君は君になる 僕らそばにいるよ  はじめようはじめよう世界を 無限に広がる旅路を 「生きろ」と言う声に 突き動かされるだろう それでいい きっとそれでいいんだよ 謳歌するんだ 宿命を まもなく夜が明ける君に いまを伝えよう 僕らの地図に 君の未来を 君の地図に 僕らの愛を 一緒に見つけられるよ 奇跡という名の真実を  まっすぐな道 イメージして みんなで理想描いたんだ 気がつけば 曲がりくねるラクガキさ  こう見えても実は 僕たち 幸せだけを目指してるんだ 遠回りしたいわけじゃないんだよ ねぇ  目をそらさないで 混沌の中に光は隠されている  代わりなどいない 信じて 君は君らしく 怖がらなくていい  美しい美しい歴史を いいわけだらけの現実を いつか笑うだろう いつか泣き叫ぶだろう それでいい きっとそれでいいんだよ 謳歌するんだ 不可逆を どんな決断も 道に変わるはずだよ 僕らの過去を 君の手がかりに 君の明日を 僕らの糧に ほら楽しめそうだろう 自由に輝けようこそ  君の旅路より僕らの旅路は 先に終わりを迎える  繋がる魂 いつしか 君も わかる日がくるこの喜びが  はじめようはじめよう世界を 無限に広がる旅路を 「生きろ」と言う声に 突き動かされるだろう それでいい きっとそれでいいんだよ 謳歌するんだ 宿命を まもなく夜が明ける君に いまを伝えよう 僕らの地図に 君の未来を 君の地図に 僕らの愛を 一緒に見つけられるよ 奇跡という名の真実を鈴村健一鈴村健一高橋優池窪浩一真っ白い地図 届いたかい? さあ そこになに描くんだい? 大丈夫 描き方は教えるよ  ここに呼んだのは 僕たち どうしても会いたかったんだ 宙ぶらりんな時代でごめんね  もうすぐ呼吸をするんだ 自分の力で 力強く  もうすぐひとりになるんだ 君は君になる 僕らそばにいるよ  はじめようはじめよう世界を 無限に広がる旅路を 「生きろ」と言う声に 突き動かされるだろう それでいい きっとそれでいいんだよ 謳歌するんだ 宿命を まもなく夜が明ける君に いまを伝えよう 僕らの地図に 君の未来を 君の地図に 僕らの愛を 一緒に見つけられるよ 奇跡という名の真実を  まっすぐな道 イメージして みんなで理想描いたんだ 気がつけば 曲がりくねるラクガキさ  こう見えても実は 僕たち 幸せだけを目指してるんだ 遠回りしたいわけじゃないんだよ ねぇ  目をそらさないで 混沌の中に光は隠されている  代わりなどいない 信じて 君は君らしく 怖がらなくていい  美しい美しい歴史を いいわけだらけの現実を いつか笑うだろう いつか泣き叫ぶだろう それでいい きっとそれでいいんだよ 謳歌するんだ 不可逆を どんな決断も 道に変わるはずだよ 僕らの過去を 君の手がかりに 君の明日を 僕らの糧に ほら楽しめそうだろう 自由に輝けようこそ  君の旅路より僕らの旅路は 先に終わりを迎える  繋がる魂 いつしか 君も わかる日がくるこの喜びが  はじめようはじめよう世界を 無限に広がる旅路を 「生きろ」と言う声に 突き動かされるだろう それでいい きっとそれでいいんだよ 謳歌するんだ 宿命を まもなく夜が明ける君に いまを伝えよう 僕らの地図に 君の未来を 君の地図に 僕らの愛を 一緒に見つけられるよ 奇跡という名の真実を
messenger「ねぇ!買ってよ!」と泣きわめく少女 叱りつける母親 とても颯爽として優しくって 僕はふと笑った  あの子がいつか大人になって 今日のこと 想い出して それが愛しさと尊敬に満ちてるといいなぁ  「愛する人よ そばにいて ずっと手を繋いでてよ」 どれだけ強く願っても訪れる「さよなら」に 消えない不安 募っていく  だけど僕ら もっと大きな幸せ 連れて旅してる  やがて僕も一人きりで この故郷から巣立っていくんだ 怖いよね 君もそうかい? 同じ想い抱えて 幾度の夜を越えて  手書きの地図はにじんで 険しい道ばかり 示すけど 大丈夫 まだ歩ける  鼓動は愛を知る  孤独な旅はつづく 温もりあふれた日々 追い風に変えて  嫌なことばかりを積み上げてしまう なぐさめてほしい僕さ 疲れてるのかな 見上げた空 また神頼みしてる  もし君がいたら なんて言うのかな? ちょっとばつが悪いな ひとやすみしたら行くよすぐ 言い訳しながら  生まれては消えていく この星のリズムに 抗えないはずなのに 永遠の向こう側 なぜ求めてしまうんだろう  遠く遠くへと 君の面影描いて また踏み出すよ  不意に吐いたため息も まだ心臓 動いてる証だ 希望とか絶望とか 吸い込んで吐いて 少し涙して  誰かが落としたバトン 拾い上げて届けていくんだ 重いけど 握りしめて  繰り返す命へ  変わり続ける街に 変わることない音を 響かせながら  やがて僕も一人きりで この故郷から巣立っていくんだ 怖いけど きっとできる 消えてしまった光 僕の一部にして  手書きの地図はにじんで 険しい道ばかり 示すけど 大丈夫 まだ歩ける  鼓動は愛を知る  孤独な旅はつづく 温もりあふれた日々 追い風に変えて鈴村健一鈴村健一渡辺拓也宮崎誠「ねぇ!買ってよ!」と泣きわめく少女 叱りつける母親 とても颯爽として優しくって 僕はふと笑った  あの子がいつか大人になって 今日のこと 想い出して それが愛しさと尊敬に満ちてるといいなぁ  「愛する人よ そばにいて ずっと手を繋いでてよ」 どれだけ強く願っても訪れる「さよなら」に 消えない不安 募っていく  だけど僕ら もっと大きな幸せ 連れて旅してる  やがて僕も一人きりで この故郷から巣立っていくんだ 怖いよね 君もそうかい? 同じ想い抱えて 幾度の夜を越えて  手書きの地図はにじんで 険しい道ばかり 示すけど 大丈夫 まだ歩ける  鼓動は愛を知る  孤独な旅はつづく 温もりあふれた日々 追い風に変えて  嫌なことばかりを積み上げてしまう なぐさめてほしい僕さ 疲れてるのかな 見上げた空 また神頼みしてる  もし君がいたら なんて言うのかな? ちょっとばつが悪いな ひとやすみしたら行くよすぐ 言い訳しながら  生まれては消えていく この星のリズムに 抗えないはずなのに 永遠の向こう側 なぜ求めてしまうんだろう  遠く遠くへと 君の面影描いて また踏み出すよ  不意に吐いたため息も まだ心臓 動いてる証だ 希望とか絶望とか 吸い込んで吐いて 少し涙して  誰かが落としたバトン 拾い上げて届けていくんだ 重いけど 握りしめて  繰り返す命へ  変わり続ける街に 変わることない音を 響かせながら  やがて僕も一人きりで この故郷から巣立っていくんだ 怖いけど きっとできる 消えてしまった光 僕の一部にして  手書きの地図はにじんで 険しい道ばかり 示すけど 大丈夫 まだ歩ける  鼓動は愛を知る  孤独な旅はつづく 温もりあふれた日々 追い風に変えて
模型飛行機午前二時見慣れた天井に報告 染みついたフォーマットで 今日の日もちゃんとクリアしたよ まぁなんていうか競馬で言えば“逃げ切り型” 最大公約数の労力で呼吸する術を身につけたら 愛想笑いがふえた 「それも今の答え」とねじ伏せているよ  遠い日に解き放った模型飛行機が 夜の空 はしゃぐように飛び続けてるよ 大人になるほど向かい風だけど 見たことない景色 いつも探してる  飽きもせず泥遊びしてた頃を 脳みそはデリートで でも身体は覚えてるはずだ ここ何年かダイエットなんかにはまってさ “新しい自分を見つける” そんな大義名分がちらついて心だけ痩せてく 本当の自分のこと思い出せないよ  僕の空 どこまでも模型飛行機は 力強く風に乗って飛び続けてるよ 胸の中にある無邪気な感覚を 信じてたい 繰り返しの日々の中  雲一つない空を模型飛行機は ちっぽけなプロペラで飛び続けてるよ ただまっすぐに自由にほら もう気づいてるさ 目の前の今をちゃんと動力に 受け止めるんだ 無垢に両手をひろげて鈴村健一鈴村健一黒須克彦黒須克彦午前二時見慣れた天井に報告 染みついたフォーマットで 今日の日もちゃんとクリアしたよ まぁなんていうか競馬で言えば“逃げ切り型” 最大公約数の労力で呼吸する術を身につけたら 愛想笑いがふえた 「それも今の答え」とねじ伏せているよ  遠い日に解き放った模型飛行機が 夜の空 はしゃぐように飛び続けてるよ 大人になるほど向かい風だけど 見たことない景色 いつも探してる  飽きもせず泥遊びしてた頃を 脳みそはデリートで でも身体は覚えてるはずだ ここ何年かダイエットなんかにはまってさ “新しい自分を見つける” そんな大義名分がちらついて心だけ痩せてく 本当の自分のこと思い出せないよ  僕の空 どこまでも模型飛行機は 力強く風に乗って飛び続けてるよ 胸の中にある無邪気な感覚を 信じてたい 繰り返しの日々の中  雲一つない空を模型飛行機は ちっぽけなプロペラで飛び続けてるよ ただまっすぐに自由にほら もう気づいてるさ 目の前の今をちゃんと動力に 受け止めるんだ 無垢に両手をひろげて
夕暮れタイムトラベルやっぱりそうだ 気づいてしまったよ すべて終わりを迎えたんだね 19:00のニュース 世界は荒れ模様 僕らいつも通りの振りしてただ笑う 何が悪いとか つまりは関係なくなって 心がここになくなったってだけ  怖いくらいに 真っ白になって さながら逃避行さ 僕は  夕暮れタイムトラベル あの日の君に逢いたいよ 公園通りのカフェ 真夏の海岸線 smile days 時よもどれ 君と僕が出会った日 眩しい夕日の記憶 甲斐性なしの僕の静かな願いは もう 空に沈む  天気予報は 曇りのち雨 君が置いていった傘眠る そこかしこに舞う 想い出のピース達が 一枚の画にしてくれとまた囁く 語り合ってた それぞれ描く10年後 忘れてないよ だから前向こう  Ticket to Ride アンニュイの向こうに その前に少しだけ 君と  夕暮れタイムトラベル フラフラ頭の中ランデブー わがまましかられて 優しく包まれて smile days ああ さよなら いつも君が言ってた 「素直にいられるように」 ほんのちょっと道草しちゃったけど許して さあ 踏み出すんだよ  君からのギフト 今 輝くんだよ 僕からのギフト 役立つと良いなぁ  夕暮れタイムトラベル ずっとずっと続いていくんだろう 誰かと出会っても 消えやしないんだよ きっと smile days バカみたいだね 君と僕が出会った日 眩しい夕日の記憶 紅く染まった空 綺麗だから笑って ああ 見上げてるよ 君も笑ってるかな鈴村健一鈴村健一TAKAROTTAKAROT・田中真二やっぱりそうだ 気づいてしまったよ すべて終わりを迎えたんだね 19:00のニュース 世界は荒れ模様 僕らいつも通りの振りしてただ笑う 何が悪いとか つまりは関係なくなって 心がここになくなったってだけ  怖いくらいに 真っ白になって さながら逃避行さ 僕は  夕暮れタイムトラベル あの日の君に逢いたいよ 公園通りのカフェ 真夏の海岸線 smile days 時よもどれ 君と僕が出会った日 眩しい夕日の記憶 甲斐性なしの僕の静かな願いは もう 空に沈む  天気予報は 曇りのち雨 君が置いていった傘眠る そこかしこに舞う 想い出のピース達が 一枚の画にしてくれとまた囁く 語り合ってた それぞれ描く10年後 忘れてないよ だから前向こう  Ticket to Ride アンニュイの向こうに その前に少しだけ 君と  夕暮れタイムトラベル フラフラ頭の中ランデブー わがまましかられて 優しく包まれて smile days ああ さよなら いつも君が言ってた 「素直にいられるように」 ほんのちょっと道草しちゃったけど許して さあ 踏み出すんだよ  君からのギフト 今 輝くんだよ 僕からのギフト 役立つと良いなぁ  夕暮れタイムトラベル ずっとずっと続いていくんだろう 誰かと出会っても 消えやしないんだよ きっと smile days バカみたいだね 君と僕が出会った日 眩しい夕日の記憶 紅く染まった空 綺麗だから笑って ああ 見上げてるよ 君も笑ってるかな
Life is like it犬みたいな 猫がいたんだ だからなんだ 笑えたんだ  UFOみたいな 光みたんだ だからなんだ 笑えたんだ  この世はホント謎だらけ 邪魔だと思って放っておいた ガラクタだってお宝に 気がつきゃきっと丸儲け  お腹空いた 牛丼喰った だからなんだ 笑えたんだ  君が泣いた 僕も泣いた だからなんだ 笑えたんだ  この世はホント謎だらけ 邪魔だと思って放っておいた ガラクタだってお宝に 気がつきゃきっと丸儲け  Life is like it ただ歩いて行こう It's Your Life OK大丈夫さ コンビニの隣も 月の裏側も まだまだHappy 潜んでいるはずさ  行くのが嫌だった修学旅行でも 帰る頃にはみんなで歌ってた sing a song  無愛想な友人となぜか二人きり 不意にはにかんだ もう好きになってた I love you  この世はホント謎だらけ 邪魔だと思って放っておいた ガラクタだってお宝に 気がつきゃきっと丸儲け  Life is like it ただ歩いて行こう It's Your Life OK大丈夫さ 近道も素敵ね 道草も楽しい ワクワクする方に 踏み出そうよ  ほんのちょっと 迷っちゃったときも It's Your Life OK大丈夫さ 教科書の片隅 スマホの向こうに まだまだHappy 潜んでいるはずさ  結構間違ったり怒ったりする日もあるけど 何年かすると笑える話になるっていうかさ 結局笑ったもん勝ちみたいな感じだから とりあえず歌っとく?are you ready?  wowow wowow…  この世はホント謎だらけ 邪魔だと思って放っておいた ガラクタだってお宝に 気がつきゃきっと丸儲け  Life is like it ただ歩いて行こう It's Your Life OK大丈夫さ ガミガミお母さんも 無口なお父さんも まだまだワクワク 探してるよ  なんだかんだ 悩んじゃったときも It's Your Life OK大丈夫さ 宇宙の果てにも 頭の中にも まだまだHappy 潜んでいるはずさ  ラララ 今日も歩いて行こう鈴村健一鈴村健一矢吹香那伊藤賢犬みたいな 猫がいたんだ だからなんだ 笑えたんだ  UFOみたいな 光みたんだ だからなんだ 笑えたんだ  この世はホント謎だらけ 邪魔だと思って放っておいた ガラクタだってお宝に 気がつきゃきっと丸儲け  お腹空いた 牛丼喰った だからなんだ 笑えたんだ  君が泣いた 僕も泣いた だからなんだ 笑えたんだ  この世はホント謎だらけ 邪魔だと思って放っておいた ガラクタだってお宝に 気がつきゃきっと丸儲け  Life is like it ただ歩いて行こう It's Your Life OK大丈夫さ コンビニの隣も 月の裏側も まだまだHappy 潜んでいるはずさ  行くのが嫌だった修学旅行でも 帰る頃にはみんなで歌ってた sing a song  無愛想な友人となぜか二人きり 不意にはにかんだ もう好きになってた I love you  この世はホント謎だらけ 邪魔だと思って放っておいた ガラクタだってお宝に 気がつきゃきっと丸儲け  Life is like it ただ歩いて行こう It's Your Life OK大丈夫さ 近道も素敵ね 道草も楽しい ワクワクする方に 踏み出そうよ  ほんのちょっと 迷っちゃったときも It's Your Life OK大丈夫さ 教科書の片隅 スマホの向こうに まだまだHappy 潜んでいるはずさ  結構間違ったり怒ったりする日もあるけど 何年かすると笑える話になるっていうかさ 結局笑ったもん勝ちみたいな感じだから とりあえず歌っとく?are you ready?  wowow wowow…  この世はホント謎だらけ 邪魔だと思って放っておいた ガラクタだってお宝に 気がつきゃきっと丸儲け  Life is like it ただ歩いて行こう It's Your Life OK大丈夫さ ガミガミお母さんも 無口なお父さんも まだまだワクワク 探してるよ  なんだかんだ 悩んじゃったときも It's Your Life OK大丈夫さ 宇宙の果てにも 頭の中にも まだまだHappy 潜んでいるはずさ  ラララ 今日も歩いて行こう
Landscaper唇が今 ホント吐き出すように動き出した わずか50cm 言葉はまがいものとすり替わる  「悪趣味な手品ですね」と僕らの創造主に毒づくよ 聞こえるわけないさ こんなに近くの君に 想いすらとどかないのに  この惑星(ほし)の重力はいたずら好きで 落ちる涙見ては微笑んでる すれ違う僕らは見つめ合う 響いてる 遺伝子が 愛し合えという 無責任に  君のすべてを抱きしめた気の自惚れた夜 朝日浴びれば またふりだしから始まる日々  狭い部屋Landscapeでどこかで創造主が眺めてる チェスのような駆け引きで哀しみ見つけても ありのままを知りたい  確かなものでさえ 泡と消えて 何を失ったのかわかんなくなる オレンジ色が照らした二人の過去は 記憶からこぼれ落ち 影を創っていく  そして君は部屋を出て行く 不思議なほどさらりとしていて ガチャリと鳴るドアが 遠のく足音が 想い出かき消していく  この惑星(ほし)の重力はいたずら好きで 落ちる涙見ては微笑んでる がらんどうの心にはいつものように 響いてる 遺伝子が 愛し合えという 無責任に鈴村健一鈴村健一NOIZ'n GIRL唇が今 ホント吐き出すように動き出した わずか50cm 言葉はまがいものとすり替わる  「悪趣味な手品ですね」と僕らの創造主に毒づくよ 聞こえるわけないさ こんなに近くの君に 想いすらとどかないのに  この惑星(ほし)の重力はいたずら好きで 落ちる涙見ては微笑んでる すれ違う僕らは見つめ合う 響いてる 遺伝子が 愛し合えという 無責任に  君のすべてを抱きしめた気の自惚れた夜 朝日浴びれば またふりだしから始まる日々  狭い部屋Landscapeでどこかで創造主が眺めてる チェスのような駆け引きで哀しみ見つけても ありのままを知りたい  確かなものでさえ 泡と消えて 何を失ったのかわかんなくなる オレンジ色が照らした二人の過去は 記憶からこぼれ落ち 影を創っていく  そして君は部屋を出て行く 不思議なほどさらりとしていて ガチャリと鳴るドアが 遠のく足音が 想い出かき消していく  この惑星(ほし)の重力はいたずら好きで 落ちる涙見ては微笑んでる がらんどうの心にはいつものように 響いてる 遺伝子が 愛し合えという 無責任に
リズムほら どんな場所でもいい リズム合わせよう 今日を生きよう 明日に繋ごう  今なにしてんの? ちょっぴり寝坊したの? たまにはいいね 笑い飛ばしちゃえ  いつもと違う いつもの部屋で 何ができるだろう  ひとりぼっちじゃない 僕も同じさ 不意によぎる 寂しさ越えて ほら どんな場所でもいい リズム合わせよう 今日を生きよう 明日に繋ごう  僕はせっかちで 君はお人好しで あなた泣き上戸 十人十色で  ああ不格好で だからこそ煌めく 譲れない想い  そうさ きっと僕たちは ワガママなんだ 知らず知らず 誰か傷つけて でも みんな探してる 幸せな未来 いつかなれる 優しくなれる  とどけよう 自分だけの夢 ふれあおう 誰かが描く夢 かさねよう ぶつかりあいながら たたえあおう  今ひとつになれる 耳を澄まそう 1人1人 違う音色さ ほら もっと自由でいい リズム合わせよう ありのままで それでいいんだよ  ひとりぼっちじゃない みんな同じさ 不意によぎる 寂しさ越えて ほら どんな場所でもいい リズム合わせよう 今日を生きよう 明日に繋ごう鈴村健一鈴村健一鈴木マサキ鈴木マサキほら どんな場所でもいい リズム合わせよう 今日を生きよう 明日に繋ごう  今なにしてんの? ちょっぴり寝坊したの? たまにはいいね 笑い飛ばしちゃえ  いつもと違う いつもの部屋で 何ができるだろう  ひとりぼっちじゃない 僕も同じさ 不意によぎる 寂しさ越えて ほら どんな場所でもいい リズム合わせよう 今日を生きよう 明日に繋ごう  僕はせっかちで 君はお人好しで あなた泣き上戸 十人十色で  ああ不格好で だからこそ煌めく 譲れない想い  そうさ きっと僕たちは ワガママなんだ 知らず知らず 誰か傷つけて でも みんな探してる 幸せな未来 いつかなれる 優しくなれる  とどけよう 自分だけの夢 ふれあおう 誰かが描く夢 かさねよう ぶつかりあいながら たたえあおう  今ひとつになれる 耳を澄まそう 1人1人 違う音色さ ほら もっと自由でいい リズム合わせよう ありのままで それでいいんだよ  ひとりぼっちじゃない みんな同じさ 不意によぎる 寂しさ越えて ほら どんな場所でもいい リズム合わせよう 今日を生きよう 明日に繋ごう
レールウェイせーので手挙げて決めた目的地も ニュースが言うからさ また初めからだな 何億人も乗った電車は迷いなく 長いレールを走ってく  身動きとれないほど詰め込まれてる そういえば窓が遠くて 流れてる風景すら見せてもらえないよ  「降ります」と声を上げれば 車内迷惑 うしろゆびさされる 目をつむりつり革ぶら下がって僕らは お行儀良いね  近頃速度が上がった気がしてる 何を急いでるの? ダイヤも乱れるのに 何億人の想いをパンタグラフで騙して 動力に変えていく  小さな箱の中繋ぐ関係 疑えばすぐに壊れる 揺られて足踏まれても気づかぬふりして  通過した名もなき駅に 忘れてきてる僕を導く地図 引き返したくても西も東もわからず この電車に乗る  「降ります」と声を上げても 聞こえはしない ヘッドホンでふさいでいる シニカルにいつものように笑って僕らは この電車に乗る 伸びていくレールの先が どんな終点にたどり着くとしても 目をつむりつり革ぶら下がってあくまで お行儀良くね鈴村健一鈴村健一溝下創菊谷知樹せーので手挙げて決めた目的地も ニュースが言うからさ また初めからだな 何億人も乗った電車は迷いなく 長いレールを走ってく  身動きとれないほど詰め込まれてる そういえば窓が遠くて 流れてる風景すら見せてもらえないよ  「降ります」と声を上げれば 車内迷惑 うしろゆびさされる 目をつむりつり革ぶら下がって僕らは お行儀良いね  近頃速度が上がった気がしてる 何を急いでるの? ダイヤも乱れるのに 何億人の想いをパンタグラフで騙して 動力に変えていく  小さな箱の中繋ぐ関係 疑えばすぐに壊れる 揺られて足踏まれても気づかぬふりして  通過した名もなき駅に 忘れてきてる僕を導く地図 引き返したくても西も東もわからず この電車に乗る  「降ります」と声を上げても 聞こえはしない ヘッドホンでふさいでいる シニカルにいつものように笑って僕らは この電車に乗る 伸びていくレールの先が どんな終点にたどり着くとしても 目をつむりつり革ぶら下がってあくまで お行儀良くね
ロストフワフワ漂うよ まだ 君へ繋がるキーワード 夕暮れ サボテン なびくカーテン  咲いたよ 桃色の花 君の予想通りだよ 春夏秋冬 越えて咲いたよ  リビングにポツリと持ち主を待つソファ 君のいない未来 描いては消して  ねぇ 迷い子みたいにさ 泣きじゃくったら 誰かが君を探してくれる? 時計の針は またいつものように時を刻む この部屋 僕だけ にじむリズム  路地だらけの駅前に綺麗なビル建つんだよ さよなら さよなら 懐かしい日々  馬鹿話ばかりだけどちゃんと憶えているさ 笑い声 泣き顔 重ねた夢  行き交う足音 悲しみ運んでくるから 耳をふさいでいるんだよ でもちゃんとわかってる 君のいない街 僕はここにいる  まっすぐに延びた道 やがていつかは誰かの道と十字路になる 一人じゃ生きられない 不完全に作られた意味を教えて 君はもう知ったのだろう?  ああ 僕らはなぜ  忘れることなんか出来やしない この街 この部屋 この身体 時計の針はまた いつものように時を刻む ゆっくり 記憶がにじんでも  まっすぐに延びた道 やがていつかは誰かの道と十字路になる 出会いと同じ数だけ 別れを繰り返してく 一歩ずつ 少しずつ 歩いて行こう さあ鈴村健一鈴村健一lottalottaフワフワ漂うよ まだ 君へ繋がるキーワード 夕暮れ サボテン なびくカーテン  咲いたよ 桃色の花 君の予想通りだよ 春夏秋冬 越えて咲いたよ  リビングにポツリと持ち主を待つソファ 君のいない未来 描いては消して  ねぇ 迷い子みたいにさ 泣きじゃくったら 誰かが君を探してくれる? 時計の針は またいつものように時を刻む この部屋 僕だけ にじむリズム  路地だらけの駅前に綺麗なビル建つんだよ さよなら さよなら 懐かしい日々  馬鹿話ばかりだけどちゃんと憶えているさ 笑い声 泣き顔 重ねた夢  行き交う足音 悲しみ運んでくるから 耳をふさいでいるんだよ でもちゃんとわかってる 君のいない街 僕はここにいる  まっすぐに延びた道 やがていつかは誰かの道と十字路になる 一人じゃ生きられない 不完全に作られた意味を教えて 君はもう知ったのだろう?  ああ 僕らはなぜ  忘れることなんか出来やしない この街 この部屋 この身体 時計の針はまた いつものように時を刻む ゆっくり 記憶がにじんでも  まっすぐに延びた道 やがていつかは誰かの道と十字路になる 出会いと同じ数だけ 別れを繰り返してく 一歩ずつ 少しずつ 歩いて行こう さあ
ROBOTプログラム起動します 安心完璧な鉄のボディ 指示通り時間通り 鈍行で運ばれてお勤め 9時2分すれ違う 流線型柔らかそうなあの子 install uninstall デリートできない電子頭脳  僕は壊れている? 強制終了 再起動  イタイダルイはいいわけで なんだかんだ逃げてんだ ツライ オモイ カラダには巡るよ キミモトム回路  単純作業繰り返すロボット マニュアル通りの玄人 それが僕です 肝心要の愛がフロート ホレタハレタは素人 むずがゆいんだ 流れる電流が  ジェットコースター バンジージャンプ 不干渉気味な鉄のハート 胸躍り期待通り 感じやすいルートを進め 20時5分すれ違い なんか言いたげに睨むあの子 warning warning emergency フリーズしている電子頭脳  何か間違えてる? コピー ペースト ショートカット  世間の目は置いといて グッとガッと迫るんだ ヤバイ クライ トライして届けよ 朴訥な感情  マンネリサイクル脱出プロット 描くとしたら君に 追いつけますか? 突拍子ないタイミングで泣いた 君を解析したいんだ ぐるぐるしている観覧車が笑う  狭い世界にバイバイして もっともっと騒ぐんだ カタイ フルイ アタマごと 晒すよ 見ててよ キミオモウ愛情  単純作業繰り返すロボット 杓子定規でフラット それが僕でした ずっと捜してた完成型の 鍵がここにあるんだ 変わり始めた僕の将来は 君がいるからバーションアップしていくんだ鈴村健一鈴村健一萩原慎太郎・佐々木聡作佐々木聡作プログラム起動します 安心完璧な鉄のボディ 指示通り時間通り 鈍行で運ばれてお勤め 9時2分すれ違う 流線型柔らかそうなあの子 install uninstall デリートできない電子頭脳  僕は壊れている? 強制終了 再起動  イタイダルイはいいわけで なんだかんだ逃げてんだ ツライ オモイ カラダには巡るよ キミモトム回路  単純作業繰り返すロボット マニュアル通りの玄人 それが僕です 肝心要の愛がフロート ホレタハレタは素人 むずがゆいんだ 流れる電流が  ジェットコースター バンジージャンプ 不干渉気味な鉄のハート 胸躍り期待通り 感じやすいルートを進め 20時5分すれ違い なんか言いたげに睨むあの子 warning warning emergency フリーズしている電子頭脳  何か間違えてる? コピー ペースト ショートカット  世間の目は置いといて グッとガッと迫るんだ ヤバイ クライ トライして届けよ 朴訥な感情  マンネリサイクル脱出プロット 描くとしたら君に 追いつけますか? 突拍子ないタイミングで泣いた 君を解析したいんだ ぐるぐるしている観覧車が笑う  狭い世界にバイバイして もっともっと騒ぐんだ カタイ フルイ アタマごと 晒すよ 見ててよ キミオモウ愛情  単純作業繰り返すロボット 杓子定規でフラット それが僕でした ずっと捜してた完成型の 鍵がここにあるんだ 変わり始めた僕の将来は 君がいるからバーションアップしていくんだ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 毎日
  3. 366日
  4. 宇宙戦艦ヤマト
  5. Dear

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. hanataba
  4. 永久 -トコシエ-
  5. LOVE BANDITZ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×