歌詞を

ヘルプ

たまの歌詞一覧リスト

54 曲中 1-54 曲を表示
2019年3月22日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
さよなら人類たま柳原幼一郎柳原幼一郎二酸化炭素をはきだして
パルテノン銀座通りたま滝本晃司滝本晃司とても君らしい時間に君がぼくの
オゾンのダンスたま柳原幼一郎柳原幼一郎月の光をあびながら
あっけにとられた時のうたたまさくらももこ知久寿焼朝もはよから父さんが
レインコートたま滝本晃司滝本晃司強いひざしも強い影も強く
あるぴのたま知久寿焼知久寿焼あるぴの白くすきとおった身体で
学校にまにあわないたま石川浩司たま百万階建てのビルディング
おやすみいのししたま知久寿焼たまミシンの上にいのしし眠る夜
ここはもののけ番外地たま知久寿焼知久寿焼ねぇいっしょにあそんでおくれ
月食仮面たま知久寿焼知久寿焼頭のいびつな子供が
あんてなたま知久寿焼知久寿焼夏の時計台の針が上手に
デキソコナイの行進たま石川浩司石川浩司デキソコナイ達が行進してゆくよ
夏の前日たま滝本晃司たま光る空たどる瞳そこから
ねむれないさめたま知久寿焼知久寿焼眠れないさめおよいでばっかりで
青い靴たま石川浩司石川浩司僕らはいつからか破けた青い靴
さよなら人類(オリジナル・ヴァージョン)たま柳原幼一郎柳原幼一郎二酸化炭素をはきだして
らんちうたま知久寿焼知久寿焼あんまりのこころさむさに
全裸でゴ・ゴ・ゴーたま石川浩司石川浩司満員電車で毎日通うジリジリ
方向音痴たま知久寿焼知久寿焼たのしい方向音痴から
くだものたま知久寿焼たま遠くせつない記憶のほとり
星を食べるたま滝本晃司たまポケットの中でよくみがいた石
終わりのない顔たま滝本晃司滝本晃司そこにあるものはただなんにも
なぞのなぞりの旅たま滝本晃司滝本晃司庭のまん中でまるく小さくなった
きみしかいないたま知久寿焼たま最終避難場所のともだちとキス
牛乳たま知久寿焼たまきのう牛乳を飲み過ぎたので
おるがんたま知久寿焼知久寿焼ぼくが死んだ日おじいさんは
かわいい流れ蛸たま吉田戦車知久寿焼長いお山の通学路下の川には
れいこおばさんの空中遊泳たま柳原幼一郎たまれいこおばさんが空に浮いて
100mmの雨たま滝本晃司滝本晃司雨の中で君とまちあわせ
笑う信号たま石川浩司石川浩司青はすすめ黄色は注意赤は
ロシヤのパンたま知久寿焼知久寿焼お母さんはロシヤのパンを焼く
満月の丸バナナたま知久寿焼知久寿焼おなかすかしてどこまでも
夜のどん帳たま柳原幼一郎たま三十二色のクレヨンで
どんぶらこたま柳原幼一郎柳原幼一郎川の中をオレンジでおなかを
ツルラのテーマたま吉田戦車・石川浩司石川浩司+知久寿焼・滝本晃司ツルラツツツルラツルラー
ねむけざましのうたたま知久寿焼たま耳がやたらに嘘をつく
日本でよかったたま滝本晃司滝本晃司その春は理解にくるしみ
満月小唄たま柳原幼一郎たまブリキの馬が逃げてゆく
たかえさんたま柳原幼一たま絵のない絵本ながめて笑う
ワルツおぼえてたま滝本浩司滝本浩司蒼い月のぬれた影から
こわれたたま滝本晃司たま一番最初にお父さんがこわれた
あくびの途中でたま滝本晃司たま体は汗をかかないのに
植木鉢たま知久寿焼たま古い植木鉢の下でふたりで
温度計たま滝本晃司たま口ごもるニュースのあとで
ゴーゴー川で泳ごうよたま石川浩司石川浩司もうすぐ夏がくる来たら野原に
丘の上たま滝本晃司たま10時すぎのぼくをたて向きの
リヤカーマンたま石川浩司たまリヤカーマンやってきた
自転車たま柳原幼一郎たま森へいこうよ今夜自転車に
ぼくはヘリコプターたま柳原幼一郎たまぼくはヘリコプターはねを回し
たま石川浩司たま砂の時間にめざめ砂のおなか
おなかパンパンたま石川浩司たま体温計11時ボンと打った時
ガウディさんたま石川浩司たま耳の長い男信号待ちしている
みみのびるたま石川浩司たま猫のヒザの上お昼寝すれば
とこやはどこやたま柳原幼一郎たま僕はとこやでくらしたい

たまは日本の音楽バンド。フォークロックを主体にしながら非常に独創的な音楽性で異彩を放った。1984年に結成され、1990年にメジャーデビューし、2003年に解散した。 wikipedia