VINUSHKA

この曲の表示回数 38,677
歌手:


作詞:


作曲:

DIR EN GREY


VINUSHKA

雲と交わす 呼吸を止めて 嗚呼 ただ 盲目の殻
此処が底か?陰りに身を焼かれ 嗚呼 ただ 忘れていたい
蟻の巣へと 欲を滑らせ さあ 今 生まれ変わればいい

明日を眠らせて 振り向く安らぎ
鋭く尖る 感情に身を任せて
うねる流れさえ生きてる証と
涙に耽る明日を誘う

うえつくドグラ、マグラ
斑の痛みと唯一の人格
色取り取りに飾りつけられた瞳も、もういらない
また偽善が連れ去って行くのか?
独りきりの真っ赤な夜舞台
湧き上がる立役者に捧げる
此処が真実だ

誤魔化せない心の片隅には「まだ此処に居たい」
許せないのは誰?
冷えた声を響かせ 誓う

業と歩む 天地裂けた我この身と叫ぶ
罰と刻む 風と消えろ我の証は?

「金剛に輝く月はもう 見飽きそうなくらい眺めたんだ
狼にもなれそうにない 闇に狂いそうだ
首を喰らいたい 儚き残骸 眠らせはしないから
甘えたい年頃か…小夜なら 君に狂いそうだ」

誰しもが幸福とばかりに 手を伸ばし闇に潜む鬼となる
もうすでに終わりは生まれた
形は零に生まれ子宮に這い戻り腐る
繰り返す度 崩れてゆくお前等の面が

耳を砕く真相には 誰も触れやしない
抑圧された意思

罪を贖い命よ去れ

儚きアンチテーゼ 咽び泣く地へと
テーゼに浸る共有に骨を埋めて
憂鬱、背負うまま ざらつく津波に
さらわれ苦い涙と笑う
価値を見出せず 首縊り十三階段
手を叩き馴れ合う人
女々しい思想に混ざり傷付ける
そんな君がなんだか悲しすぎる

血しぶく 本能 踏み潰し
死を語る

業と歩む 天地裂けた我この身と叫ぶ
罰と刻む 風と消えろ我の証は?

耳を砕く真相には 誰も触れやしない
抑圧された意思

罪を贖い命よ去れ

俺が悪であるが故に
生きる意味さえ罪なのか
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:VINUSHKA 歌手:DIR EN GREY

DIR EN GREYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-11-12
商品番号:SFCD-65
Fire Wall Division

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP