CHESS

この曲の表示回数 15,642
歌手:

LUNA SEA


作詞:

RYUICHI


作曲:

SUGIZO


白い灰が空から静かに積もり
人の姿なく風だけが流れ
そんな風景の好きな女神さえ “死ねば”

あの歌声が耳に残れば 知らぬ間に手を
真紅く染める

創った世界に退屈を覚え
造り上げた人はオモチャの様に
馬鹿な歴史の最後に描かれる 真紅く

あの歌声が耳に残れば 知らぬ間に手を
真紅く染める

夢の中 抱き合った 足の無い二人が
微笑んで 近づく 女神に 気をつけろと 笑う

愛を語ったはずが恋人と殺し合い
戦場で私も10と6のコマに

ゲームを楽しむ神々が 笑う

あの歌声が耳に残れば 知らぬ間に手を
真紅く染める

夢の中 抱き合った 足の無い二人が
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:CHESS 歌手:LUNA SEA

LUNA SEAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-09-13
商品番号:XXC-1005
エクスタシー

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP