春告鳥

この曲の表示回数 9,591

春というのに 私の胸の
厚い氷は 解けないの
おまえは俺の 生き甲斐だよと
あなたが口説いて くれるまで
春告鳥は 歌えない
ほんとの歌が 歌えない

生きているのは 愛するためよ
愛が女の 支えなの
すべてを奪い すべてをささげ
二人が一つに なれるまで
春告鳥は 翔べないの
青空さして 翔べないの

早く解かして 私の胸の
厚い氷の 花びらを
もう迷わない 一生かけて
おまえを守ると 言われたら
春告鳥は 歌い出す
命の歌を 歌い出す
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春告鳥 歌手:キム・ヨンジャ

キム・ヨンジャの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-01
商品番号:VPCA-84112
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP