秋時雨

この曲の表示回数 16,324
歌手:

雅夢


作詞:

三浦和人


作曲:

三浦和人


アスファルト雨にぬれて 濡れ尽した足音
何気なしに行き交う影 長く揺れて消えてく
人まち顔かげりひとつ 瞳の奥にやどし
風に心さらした時 甦える思い出よ

秋は枯葉の舞う道で
貴方の胸で戯れた
誓い言葉のぬくもりに
心暖めたはずなのに

今は遠い昔話し 心に言いきかせてみても
別れ告げた後姿 ぬぐいきれないままに

秋は枯葉の舞う道で
愛はひそかに立ち止まる
振り向くだけの道しるべ
かなし雨に心ぬらす

生きてゆくことそれさえも
心かなしさ色染めて
貴方の胸のぬくもりを
追いかけては涙流す
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:秋時雨 歌手:雅夢

雅夢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-11-21
商品番号:TECN-25198
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP