試聴する

キミドリ色の世界

この曲の表示回数 39,749
歌手:

スキマスイッチ


作詞:

スキマスイッチ


作曲:

スキマスイッチ


今月になってもう何回目なんだろう
気にしないフリなんて限界なんだよ

黄緑のカーテン、コーヒーカップ、カサにサンダル
選んだのはきっと君じゃない そうだろ?

時々探るように何気なく聞いても
そ知らぬ顔をされるのはもうイヤなんだ

僕と出会う前に ここでどんな奴と笑ってても
そう匂わせるのは なんだか合点がいかない
そろそろ思うことを言ったって僕らはもう壊れない!
…そう言い聞かせても 強気な言葉が見つからない

男は過去を探る生物なんだってさ
そうだな、僕もまた探りつづけてる

現在(いま)確かに君は僕のそばにいる
未来もこのままきっと続くだろう

なのにただ一つだけつまらない過去だけが
どうにもならないよ もう辛いんだ

そうだ! 何よりイヤなのは君の思い出になること
言ってみれば僕は選ばれた人なんだから
今はとにかく出来るだけ君のことを想えばいい
僕が輝くならまぶしくてアトは見えなくなる
…そう言ってみたものの、また気になりだしてるキミドリ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キミドリ色の世界 歌手:スキマスイッチ

スキマスイッチの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-23
商品番号:AUCK-11004
BMG JAPAN

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP