私をたどる物語

この曲の表示回数 22,477
歌手:

熊木杏里


作詞:

武田鉄矢


作曲:

熊木杏里


頬をぶたれた少年がひとり
日暮れの道で泣いている
父が憎いと声とがらせて
涙でゆがんだ 空見てる

遠い未来が不安でならず
呼ばれて返事しなかった
だけどやっぱりきみが悪いよ
自分を隠しているからさ

さあ鉛筆しっかり握りしめ
私という字を書くのです
白いノートの私にだけは
夢を話してゆくのです
君しか書けないその物語
私という名の物語

髪を切られた少女がひとり
鏡の前で 泣いている
母が嫌いと声をつまらせ
自分を悔しくにらんでる

ちがう親から生まれていたら
ちがう自分になれたという
だけどやっぱりきみはちがうよ
そしたらきみはいなくなる

さあ鉛筆しっかり握りしめ
私という字を書くのです
白いノートの私とだけは
ずっと仲よくするのです
君がたどってゆく物語
私という名の物語
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:私をたどる物語 歌手:熊木杏里

熊木杏里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-02-23
商品番号:KICS-1150
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP