Tandem

この曲の表示回数 4,239
歌手:

天野浩成


作詞:

松井五郎


作曲:

大貫成一


汚れたガラス窓に
空の続きが映る
乗り遅れた一日から
気分が堕ちる

こぼれた餌を漁る
蟻のような存在
ダメな僕を もうひとりの
僕が見てるよ

もっとうまい
生き方があるのかな ねぇ
右か左かも
よくわからないんだ

だけどいつもいつも君といたい
それは絶えず正しいから
街を押し流す人の群れからはずれた
胸の音が 聴こえる場所で
君の声を 待っているんです

形あるものばかり
心は見ようとする
欠けはじめた 月の影も
ないわけじゃない

君の笑顔
どれだけ守れるかな ねぇ
ことばだけだったら
いくらでもあるのに

だけどいつもいつも君といたい
どんな無理を強いられても
愛を語るくちびるが渇かないくらい
同じ時間 重ね合わせて
僕らはきっと 大丈夫なんです
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Tandem 歌手:天野浩成

天野浩成の新着情報

  • P.S. / ♪古い時計の文字盤にはいまの
  • A day in the life / ♪夜明けに沈む月がふたつの影を
  • コーヒー / ♪君はいま笑ってるの
  • 希望ヶ丘 / ♪町の外れこの丘で朝焼け待ってる
  • DEPARTURE / ♪あなたと出会ってすぐに火が

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-03-29
商品番号:AVCD-17939
エイベックス・トラックス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP