ソメイヨシノ

この曲の表示回数 52,814
歌手:


作詞:

ENDLICHERI☆ENDLICHERI


作曲:

ENDLICHERI☆ENDLICHERI


叫ぶ声がまた墜落した…

この眼がこの滴を 零す意味を
誰か教えてはくれませんか?
誰も知らない ぼくも知れない

理由がないから 拭えなかったよ
きみもそうなの? 抱いてあげたい

ソメイヨシノきみは
この季節抱くたび
どんな想いを僕らに
ピンクの花弁(はなびら)
美しく 身に纏って
風にもたれて
叫ぶ声がまた 墜落した

会えなくなる日は来る 何処かで待ってる
マイナスな唄は小鳥が嫌う
潜めて逝こうか 潜めて寝ようか

綺麗に整列している姿が
優しく滲み 熱くさせたよ

ソメイヨシノきみが
この季節泣くたび
どんな想いをぼくらに
まさか天へ昇った
あなたの分身とかではないよね?

叫ぶ声がまた あなたを過(よぎ)らせた
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ソメイヨシノ 歌手:ENDLICHERI☆ENDLICHERI

ENDLICHERI☆ENDLICHERIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-02-01
商品番号:JECN-0087
ジャニーズ・エンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP