試聴する

影踏み

この曲の表示回数 3,128

心が戯れるまま夢中で遊んでた
母親の呼び声 もういいかい まだだよ
夕暮れの空には 上弦のお月さま
永遠の意味なんて知らなくてよかった

孤独が目覚めるその時まで
風も月も影も分かち合えたのに
いつから僕らは闇を見つめたの

遠ざかる声が夕日に溶けていく
はしゃいだ影はどこまでも伸びていく
しばらく君と話していたいから
今はまだどうか灯りを消さないで

二つの錆びたブランコが 互い違いに揺れた
サヨナラの重さなんて感じていなかった

夢から目覚めたその時まで
空も雨も雲も同じに映っていた
いつから互いに何を愛したの

もう戻らない日々 止まったままの時間(とき)を
静かに再び 動かし始めたい
しばらく君と会えなくなるから
今だけはどうか灯りを消さないで

引き離された傷が疼く頃 痛みはその心を呼び覚ましていく
どこかで僕らはまた巡り会う

遠ざかる声が夕日に溶けていく
はしゃいだ影はどこまでも伸びていく
もう戻らない日々 止まったままの時間(とき)を
静かに再び 動かし始めたい
いつかまた君と会いたくなったら
その時はこの手で灯りを灯せばいい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:影踏み 歌手:山崎まさよし

山崎まさよしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-11-13
商品番号:UPCH-20539
Universal Music =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP