試聴する

碧い家

この曲の表示回数 1,457
歌手:

JYOCHO


作詞:

中川大二朗


作曲:

中川大二朗


月をみていた

見慣れた春が無かった頃は 正しいことが唯一だった
二つの木の前に並べられた 壊れた誓いが込められている

(一つ) 舟を建てる 欠けた倫理を治す
(二つ) 碧く染めて 繰り返す暗示をかける

覚めない季節の中 “こたえ”に似たものしか出会えなかった
信じたものだけは今も 手の中と足元にずっと残りつづけてる気がした

月をみていた 月をみていた?
天文台をめざす 望遠鏡のぞいた

僕ら一度だけじゃないから 今叫んでいた此処でも、
生まれた過去光今それよりも
遥か決められた流線上 意味もなく無限に反響しただけだと思う

覚めない季節の中 “こたえ”に似たものしか出会えなかった
信じたものだけは今も 手の中と足元にずっと残りつづけてる気がした

「波をみて 名前を一つずつ 決めるその仕草が 意味を持つか なんて」
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:碧い家 歌手:JYOCHO

JYOCHOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-09-13
商品番号:NBPC-45
No Big Deal Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP