試聴する

諦める喉の隙間に新しい僕の声が吹く

この曲の表示回数 1,957
歌手:


作詞:

猪狩翔一


作曲:

猪狩翔一


まだ何者でもない
丘の星空に僕宛の言葉 探したよ
絵空事の未来みたい
部屋の隅っこで行く宛ない言葉 残ってる

彼は時々 悲しみの対価に
生きる術を貰う
理想とは少し違っても日々を守る

諦める喉の隙間に新しい僕の声が吹く
ハロー この血は愚かに でも強く燃える

人波に紛れて
星のない空に君宛の言葉 失くしたのを数えても切りがないけど
街の隅っこで強がりに詰めて話してよ

誰も時々 喜びを対価に
生きる意味を貰う
理想から又 食み出しても日々を守る

立ち止まる夜の静寂に懐かしい人の声が降る
まだ この世は愚かにも美しく見える

離れ離れにある程に何時何時でも傍にいる
ハロー この世の何処かに物語は続く
夜の静寂に新しい僕の声が吹く
今 この血は愚かに でも強く燃える
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:諦める喉の隙間に新しい僕の声が吹く 歌手:tacica

tacicaの新着情報

  • mori / ♪1 2 3 sir 独り言が
  • YELLOW / ♪最初に眼にした色
  • 群青 / ♪遠くの方の僕達の家に
  • youth / ♪断りなく鳴り出す音が
  • 回転盤 / ♪灰や光に塗れて世の中の片隅で

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-08-30
商品番号:SECL-2199
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP