試聴する

故郷の空

この曲の表示回数 1,853
歌手:

冨永裕輔


作詞:

冨永裕輔


作曲:

飯田未知瑠


何も知らない僕に君が見せてくれた宝物
いつの間にか僕は忘れていたのかな…

あの丘越えたら空が近くなる
僕だけの秘密の場所さ
初めて誰かに見せてあげたくて
夕暮れに君の手をとる

大切な景色
大切なひとの瞳に映せば
光が増えた

何も知らない僕に君が見せてくれた宝物
いつの間にか僕は忘れていたのかな…

けんかした後は空も寂しげで
君の涙が染めてるの
強がりをやめてごめんねを言った
君の笑顔が溶けていく

強さとはきっと
自分の気持ちに素直になれたら
胸に宿るもの

何も知らない僕に君が見せてくれた宝物
いつの間にか僕は忘れていたのかな…

見上げればあの日と変わらない
遠い故郷の空
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:故郷の空 歌手:冨永裕輔

冨永裕輔の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-13
商品番号:FRCD-197
ファイルレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP