試聴する

日向かい風に乗って

この曲の表示回数 1,308
歌手:

冨永裕輔


作詞:

冨永裕輔


作曲:

冨永裕輔


悲しいことがあると 一人歩いた
一ツ橋の海岸 潮の香りが今も

遠く離れてても 一人眠る夜は
耳に残る波の 子守歌を聴いている

たまゆらの悲しみが 消えて夜が明ける

日向かい風に乗って 今 この手を翼にして
東に昇る 太陽を信じていこう

嬉しいことがあると 君と歩いた
照葉の森には 甘い香りが今も

もしも明日が見えず 一人泣いてるなら
今日は僕が君の その手を引いてあげる

たまゆらの涙雨が 過ぎて虹を架ける

日向かい風に乗って 今 僕らは鳥になって
東に架ける虹を渡っていこう

日向かい風に乗って 今 その手を翼にして
東に昇る太陽を信じていこう

日向かい風に乗って 今 僕らは鳥になって
東に架ける虹を渡っていこう

日向かい風に乗って
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:日向かい風に乗って 歌手:冨永裕輔

冨永裕輔の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP