真夜中のキャッチボール

この曲の表示回数 1,732
歌手:


作詞:

小椋佳


作曲:

小椋佳


真夜中 眠らず 深夜放送
聞いていたのは 昔なら 若者ばかり だったはず
つけっ放しの ラジオから 溢れ出てくる ポップスに
青春の 揺らぎ歪みを 紛らしていた
「ながら勉強」 そんな言葉が 使われもした

真夜中 眠らず 深夜放送
聞いているのが この頃は 若者の数 凌駕して
年寄りだよと 耳にした 私がそうで あるように
青春と キャッチボールを するのだろうか
あるいはさらに 宝探しの 挑みだろうか

より良い命 生きようとする 誰にとっても 日々これ挑み
悩み悲しみ 惑い 躊躇う 全て生きてる 証(あかし)と心得て

真夜中 眠らず 深夜放送
聞いてる人は みな仲間 その年齢に 関わらず
青春の憂い 身に潜め 青春の力 身に宿す
時超えて キャッチボールを 綴ってみよう
孤独凌いで 宝探しに 挑んでみよう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:真夜中のキャッチボール 歌手:小椋佳

小椋佳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-30
商品番号:GECN-5005
ゴッド・フィールド・エンタープライズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP