試聴する

アイスコーヒー

この曲の表示回数 1,353
歌手:


作詞:

銀色夏生


作曲:

原田晃


終わりの見えない話の途中
もう何度も時計を見ている
わかったから もういいでしょう
ここで話し込んでいても
いつからこんなになってしまったんだろう
君の言葉が通りすぎていく
もちろんそうだ 君のいう通り
僕には弱いところがある そうだよ

愛しているからって君のものにはなれないよ
どんな人も君のものじゃない
自由なはずだ

ごめんなさい僕がいけなかったのです
最初はただ軽はずみの恋

その手を離して その目をそらして
なんて言ったら別れてくれるんだろう

愛しているからって誰のものにもならないよ
どんな人もどんな時も

アイスコーヒーの氷がだんだん溶けていけば
コップのふちの透明な湖の中に
この店もこの街も
どんどん吸い込まれてく ほら

愛しているからって君のものにはならないよ
透きとおった君がゆれる
約束もため息も
このきれいな湖に吸い込まれて
形を失くす

もう行くよ ここに置いていくよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アイスコーヒー 歌手:遠藤舞

遠藤舞の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-09-21
商品番号:AVCH-78093
AMC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP