プラチナ

この曲の表示回数 2,148
歌手:

和久井映見


作詞:

康珍化


作曲:

門倉有希


イヤリングだけを変えて急ぎ足で来た
あなた先に約束の店で待ってた
ねぇ 食事のあとで
近くの公園まで歩いたけど
なんだかぎこちなくて

あのとき特別な一日になると思った
小さな噴水に腰かけ
跳ねる水の音 聞いた
付き合いはじめみたいに

映画だってずっとひとりきりで観た
仕事だけのそんな横顔をうらんだ
もう 恋の終わりの合図と
友達からおどかされて
本気で気になってた

あの夜 特別な一日になると思った
言葉に詰まるたび何度も
深く深呼吸したね
あんな顔はじめて見た

平凡すぎて
笑われるかな
きみをいつまでも
守りたい そう言ったね

ねぇ 不思議な夜

あのとき特別な一日になると思った
あなたがポケットに
隠してたちいさなリング
空にはプラチナの満月
もっと眩しい何かを
あなたがくれた気がする
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:プラチナ 歌手:和久井映見

和久井映見の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-04-25
商品番号:PSCR-5302
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP