月冴えて

この曲の表示回数 4,001
歌手:


作詞:

円香乃


作曲:

伊戸のりお


かんざし気取って 刈萱(かるかや)を
さして振り向く 川原(かわ)の端(はた)
小石を拾って 投げるたび
世間捨ててく 音がする
ねぇ…あなた この身体(からだ)
燃えて焦がれて 溶けるまで
ずっと抱いてて くれますか
そのため誰か 泣かせても
あぁ 煌々と月冴えて
都忘れの 秋が去(ゆ)く

すがった小袖に ホロホロと
落ちてこぼれる 露しぐれ
この世で添えない 恋ならば
夜に隠れて 逃げましょう
ねぇ…あなた 女って
嘘も情けも 裏切りも
ずっと覚えて いるのです
どんなに遠く 離れても
あぁ ざわざわと野分(かぜ)渡り
二百十日の 秋が去く

ねぇ…あなた この命
何度生まれて 来ようとも
きっと見つけて くれますか
姿がたとえ 変わろうと
あぁ 煌々と月が冴えて
都忘れの 秋が去く
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月冴えて 歌手:青山和子

青山和子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-01-06
商品番号:CRCN-1930
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP