試聴する

地下室の花

この曲の表示回数 14,794
歌手:


作詞:

三島想平


作曲:

cinema staff


知らない部屋のざわざわだ。
今にもなんか起きそうで僕の頭はどうかなっちまう。
毒にも薬にもならない新聞記事を読みながら
自分の番が来るのをじっと待っているのだった。

こんな地下室の端にもひっそり花は咲いていて
どれも同じように上を向いていたんだ。

その抱えた傷跡、すぐ瘡蓋になって
剥がしてはめくり、また繋いでいくのさ。
今小さな希望が集って混ざって
気づいたらきみは手を広げて飛んでいた。

汚い壁の落書きに妙な哲学を感じて僕の頭は冴え渡っている。
知らない奴が笑ってる新聞記事を破り捨て膨れ上がった妄想を叩き付けろ。

その抱えた傷跡、すぐ瘡蓋になって
剥がしてはめくり、また繋いでいくのさ。
今小さな希望が集って混ざって
気づいたらきみは手を広げて飛んだ。

重ねた想いは言霊になって
壊れては直しまた繋いでいくのさ。
いま大きな未来が集って混ざって
気づいたら僕は…。

知らない事だらけでさ。でも船は止められない。
だからもう一度だけ叫ぼう。いま世界が始まる。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:地下室の花 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

  • 熱源 / ♪いつかどこかでそのうち
  • pulse / ♪そう壊した積み上げた予防線
  • souvenir / ♪長い通りを抜け四つ角を左へ
  • メーヴェの帰還 / ♪少女は言うほら間違えた
  • 波動 / ♪夢の中あなたの声

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-04-22
商品番号:PCCA-4194
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP