lull ~そして僕らは~

この曲の表示回数 43,569
歌手:

Ray


作詞:

川田まみ


作曲:

中沢伴行


肩をさらった 淡い潮風
駆ける 小さな背中を
僕は黙って ただ見つめてた
踏み出せない 狭間で

柔らかい日差し包む教室には
飾った写真達が 笑ったまま

止めどない明日に変わらない僕たちを
凪ぐ水面の先 どこまでも映して
このままでいい
その瞳に揺れてた儚い想いも
そっとしまって…

波が打ち寄せ 引いてゆく
心 距離はかるみたい
君の気持ちが知りたいけれど
触れた手を 払った

昇ってく水の泡 弾けそうな
危うい時が刻む 互いの夢

止めどない明日に変われない僕たちは
凪ぐ水面の上 漂う蜃気楼
守りたいだけで…
そう言いかけてつまる言葉が
届かない 夕暮れの海

この坂道登れば広がる
何気ない日々が また違って
水鏡照らす 光跳ねて
今が特別に感じた

止めどない明日に変わらない僕たちを
凪ぐ水面の先 どこまでも映して
またその場所で
輝く笑顔見続けたいよ
必ず 約束しよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:lull ~そして僕らは~ 歌手:Ray

Rayの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-10-30
商品番号:GNCA-0311
ジェネオン・ユニバーサル

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP