試聴する

忘れたいのに

この曲の表示回数 7,750

いつか逢えなくなる日が
来ると思った
暖かいまなざしに
包まれた時

通りすがりの庭先
香るモクセイ
打水の音の中
寄りそって見上げた

茜色の花の雫が
何も言わず 髪を濡らした

夕映えに 抱かれながら
先にさよなら告げた
貴方から「ごめん」なんて
言ってほしくはないから

離れたら 続かないと
そっと瞳を閉じた
強がりな 私だけど
いつか淋しくなるから
しかたないね 笑ったあの日

誰も知らない涙を
時が消しても
少しだけ 優しさに
甘えたい夜なの

萄色の霧のとばりが
飾り窓を 越えて こぼれる

夕映えに 抱かれながら
二人話した夢を
なつかしく思うくらい
別の私になりたい

思い出の中につもる
蒼い時間のかけら
泣いただけ 強くなれる
それは嘘ではないけど
壊れそうな 心ひとひら

夕映えに 抱かれながら
二人話した夢を
なつかしく思うくらい
別の私になりたい

思い出の中につもる
蒼い時間のかけら
輝きが色あせても
悲しみは消えないのね
みんな みんな 忘れたいのに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:忘れたいのに 歌手:生稲晃子

生稲晃子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-08-17
商品番号:PCCA-2504
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP