試聴する

夢待列車

この曲の表示回数 6,971
歌手:


作詞:

川村結花


作曲:

川村結花


いつかサヨナラする時が 来るとわかっていても
出会い 笑い 信じることを 僕らは止められない

ひとつ夜を越えるごとに ひとつ涙の意味を知って

夢待ち駅へ 夢叶う場所へ 向かう列車にゆられながら
こころに花を くちびるに歌を 微笑みを絶やさずに

たしかなものなんてなにも ないとわかっていても
祈り 願い 道行くことを 僕らは止められない

笑い合ってぶつかり合って 過ぎて来た季節は
きっと二度と巡り会えない たいせつな宝物

これからどんな明日を描き どんな景色が待ってるのだろう

夢待ち駅へ 夢叶う場所へ 向かう列車にゆられながら
荒れ野に花を かなしみに歌を 見つけながら灯しながら

いつか今日をふりかえって わかちあえますように
出会い 笑い 信じた日々を 胸に刻んでいよう
今 歩き出す 僕らの前に 時の花びらが降る
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢待列車 歌手:城南海

城南海の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-03-06
商品番号:PCCA-70363
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP