試聴する

最後の制服

この曲の表示回数 18,175
歌手:


作詞:

秋元康


作曲:

伊藤心太郎


あの白い雲が流され千切れながら
青い空にそれぞれの道を選ぶように
同じ教室の窓 一緒に眺めた日々
明日から私たちは 違う空を探す

卒業式が終わる頃 深呼吸したら泣けて来た
サヨナラ(サヨナラ)
友達(友達)
サヨナラ

人は誰も この場所から 長い道を歩き始める
門を出たら一歩一歩 遥か彼方の夢に向かって…
最後の制服を着た今日を 私は忘れない

なぜ 古い校舎バックに写真撮るの?
当たり前だった景色も 今は 宝物ね
あの日 手紙渡した東の渡り廊下や
みんなで泣いた美術室 ふざけ合った踊り場

三月の風に揺れて 桜の枝が手を振るように
ありがとう(ありがとう)
今日まで(今日まで)
ありがとう

人は誰も 帰る場所を 記憶の中 残しているよ
つらい時や悲しい時 今来た道を振り向きながら
あの日の眩しい木洩れ陽を 私は思い出す

人は誰も この場所から 長い道を歩き始める
門を出たら一歩一歩 遥か彼方の夢に向かって…
最後の制服を脱ぎながら 涙が止まらない

私は忘れない
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最後の制服 歌手:AKB48

AKB48の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-02-27
商品番号:DFCL-1447
DefSTAR RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP