試聴する

戻り橋暮色

この曲の表示回数 12,570
歌手:


作詞:

杉紀彦


作曲:

徳久広司


(台詞)
大阪は みなみの新地のあたりに
子連れの女が流れてきまして ちょっと大きな声では
人に言えん様な商売をはじめたんです
どこの誰の子やら回りの誰も知りませんでした
その子が少し大きゅうなって
いつやったか母親に聞いたんですわ
(うちのお父ちゃんどこにいたはんのん)
女のこたえは いっつも決ってました
(あんたのお父ちゃんはな戦争に行ったはんねん)
それからしばらくたって その女に 新しいええ人が出来まして
ちょこちょこ家にも来る様になりました
(このおっちゃん どこの人やのん) 子供に聞かれて
(何ゆうてんねん あんたのお父ちゃんやないか
戦争から帰ってきやはったんや) 女はそうこたえました
ようあることですねんけど
三ヶ月程たったら その男はもう来んようになりまして
女は毎日泣いとりました それを見て その子が
(お母ちゃん お父ちゃん又戦争に行かはったんやろ
そんなら うち もどってきゃはるまで
毎日あの橋のとこへむかえに行ったるさかい もうないたらあかん)
その橋ですけど 戦争が終る頃まで もどり橋と 呼ばれてたそうです

西陽の橋を 陽炎(かげろう)みたいに
ゆらゆらあの人消えて行(い)く うそやない……
あの人にみんな上げた
すきやったから何もかもあげた
一人前(いちにんまえ)に愛されるほど
きれいな女じゃないけれど
涙ぽろぽろ三人前(さんにんまえ)
誰も帰って来ないから
泣いてます 泣いてます 戻り橋

私のいのち 奪ってくれたら
こんなに涙は流さない うそやない……
あの人は優しかった
私にだけは優しさをくれた
やくざな人と皆んなが怖れ
背中の傷あと見たけれど
それは心の古い傷
誰も帰って来ないから
暮れて行(ゆ)く 暮れて行(ゆ)く 戻り橋
一人前(いちにんまえ)に愛されるほど
きれいな女じゃないけれど
涙ぽろぽろ三人前(さんにんまえ)
誰も帰って来ないから
泣いてます 泣いてます 戻り橋
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:戻り橋暮色 歌手:大月みやこ

大月みやこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-27
商品番号:KICX-697
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP