Hakubi

私が、あなたに救われてきたのだ。

 2021年9月8日に“Hakubi”がメジャーデビューアルバム『era』をリリース。先行配信シングル「アカツキ」「在る日々」「道化師にはなれない」、そして映画『浜の朝日の嘘つきどもと』の主題歌「栞」を含む全12曲を収録。バンドが歩んできたこれまでの歴史と、図らずもこの1年、一変した生活。その中で、自らと向き合いながら、それでも前に強く突き進んでいく、これから先の“時代”へのメッセージを詰め込んだ意欲作です。
 
 さて、今日のうたコラムではそんな最新作を放った“Hakubi”の片桐(Vo.)による歌詞エッセイをお届けいたします。今回は最終回。アルバム『era』を制作する前の気持ち、最終レコーディングのための締め切りが迫ってきた頃に気づいたこと、そして今とこれからの想いを明かしてくださいました。是非、歌詞と併せて受け取ってください…!
 
~歌詞エッセイ最終回:『era』~

お久しぶりです。Hakubi vo./gt. 片桐です。

3ヶ月連続で書かせていただいている
エッセイなるものも今回で最終回となります。

1st Album "era" が今日発売となりました。

やったー

自分はリリースの直前に
嬉しいのに楽しみなのに大丈夫だってわかってるのに
不安になったり、焦りを感じたりする

『リリースブルー(マリッジブルーのようだから)』が発生します。

今回のリリースブルーも強敵でしたが
アルバムのフラゲの連絡をたくさんの方にいただいて、
自分を取り戻し、打ち勝つことができました。

ですので、最終回となるHakubi 片桐のエッセイなるもの
安心して(?)お付き合いください。



"era"


2020年
誰もが孤独で行く当てのない悲しみを抱えた。

孤独の悲しみのその逃げ場が、よりどころが
せめて自分の音楽を信じてくれる人にだけでも
音楽がそんな場所になれたら良いと、
私はあさましくも差し出がましくもそう考えていた。

あなたの神様になりたい。
あなたの救世主になりたい。

本気で思っていた。

けれど、いくら言葉にしても安っぽく伝わらない。

その理由もわからず2、3ヶ月がすぎ、
最終 レコーディングのための締め切りが迫ってきた頃、

ふと今まであれほど考えてきていた、
「救いたい」という気持ちは
「救わなければいけない」と思い込んでいたことは
お門違いだったことに気づく。


私が、あなたに救われてきたのだ。
肯定されてきたのだ。
愛を受け取ってきたのだ。
生きる意味をもらってきたのだ。
聴いてくれている、知ってくれている、
それだけで私には大きな救いになっていたのだ。

やっと本当の形が見えた気がした。


私は私を、自分自身を切り刻んだ音楽を作り続ける。
あなたのためと歌い続ける。
その歌をここで聴いてはくれないだろうか。
私が歌い続けられるのはあなたがいるから
だから、ここで一緒に生きてはくれないだろうか。


私にとってeraは、この時代を生きた証明。


変わらずこの調子でいくよ。
まずは、1st album リリース。
これからもどうぞよろしく。


7月からの三ヶ月間、
お付き合いありがとうございました。
自分は、文章を読むのも書くのも好きなので、
連載が終わるのはとても残念ですが、
月末からは全国ツアーに出発するということで、
各地で直接皆さんにお会いできたら幸いです。
また、ライブハウスでお会いしましょう。
お元気で。

<Hakubi gt./vo. 片桐>

◆メジャーデビューアルバム『era』
2021年9月8日発売
初回限定盤 WPZL-31869 ¥4,000(税込)
通常盤 WPCL-13298 3,000(税込)

<収録曲>
1 栞
2 在る日々
3 辿る
4 フレア
5 :||
6 道化師にはなれない
7 color
8 灯
9 mirror
10 誰かの神様になりたかった
11 悲しいほどに毎日は
12 アカツキ
このトピックをシェアする
  • LINEで送る