みゆな

女の子目線からの「あのね、この話」。猫目線からの「あの猫の話」。

 2020年8月25日に“みゆな”が新曲「あのねこの話 feat. クボタカイ」を配信リリース!歌ネットでは、歌詞先行公開がスタート!詞曲は、みゆなとクボタカイによる共作です。ひとり夜の散歩に出かけたくなるような表現が散りばめられており、タイトルの「あのねこの話」は“ダブルミーニング”を持つ言葉となっております。
 
 さて、今日のうたコラムでは、そんな最新作を放つ“みゆな”による歌詞エッセイを、2週に渡りお届け!今回はその第1弾。HIP-HOPシーンを賑やかしている新世代ラッパーの代表格“クボタカイ”とのフィーチャリングのきっかけや、タイトルに込めた意味などを明かしていただきました…!歌詞と併せてお楽しみください!

~歌詞エッセイ#1~

「あのねこの話 feat. クボタカイ」。

クボタカイくんとは私と同じ宮崎県出身で、プライベートでも仲の良い友達です。お互いに自分の世界観があって、それぞれ違うんだけどなぜか混ざり合うし、彼と歌ってるとすごく楽しい。

たまに二人でテーマを決めて即興でセッションをしたりしていて、録音などはしていないから、良い楽曲が生まれたとしてもすぐに忘れてしまう。二度と同じ曲に出会えない儚さを楽しんでます(笑)。

そうやって話したり、歌って遊んでいる中で、二人で一回きちんと曲が作りたくなって、クボタくんもノリノリになってくれて。そこから今回のコラボが実現して「あのねこの話」が生まれました。

タイトルは、
「あのね、この話」/「あの猫の話」
どちらの意味でも、捉えられる。

素直になれなくて猫をかぶって、それを脱ぎたいのに、変わりたいのにできないでいる女の子。そんな女の子目線からの「あのね、この話」。

自由奔放に生きる野良猫。猫目線からの「あの猫の話」。

この2つのポイントを元にかわいいさもありながら、悲しくて苦しい、両方の意味を込めたストーリーを描いています。


私が思う「あのねこの話」とクボタくんが思う「あのねこの話」はきっと違うし、それぞれの正解がある。聴いてくださった方にもそれぞれの想像が生まれて、そのひとつひとつも正解だと思います。

歌詞とあわせて沢山聴いて、沢山想像してみてほしいです。そして、この楽曲を聴いた皆様が抱いた思いを大切にして欲しいなぁと思います。


レコーディングでは私が初めて福岡でライブをさせていただいたライブハウスの近くに、今回レコーディングをさせていただいたスタジオがあって、当時の事を思い出して懐かしい気持ちになりながらも、初めて自分だけが歌うのではなく、クボタくんと集まってアイデアを出し合いながら進めたので、新鮮でとても楽しみながら作品作りをすることができました。

作詞もクボタくんと私の二人で共作しているのですが、お互いのイメージが同じ曲に向き合っていても違ったり、それぞれの特徴や目線が感じられて面白かった。得意な事をうまく掛け合わせながら完成させられたんじゃないかな。

― To クボタカイ ―

沢山伝えているつもりだけれど、本当に出会えてよかったです。これからもたくさん音楽しよう。クボタくんのおかげでお友達もたくさん出来ました。感謝しています。クボタくんの音楽を愛してやまない気持ちをずっと応援しています。共に弾けよう~!

Question.
「猫になったら一番にどこ散歩する?」

― from みゆな ー

<みゆな>

◆紹介曲「あのねこの話 feat. クボタカイ
作詞:みゆな・クボタカイ
作曲:みゆな・クボタカイ
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
みゆなのうたコラム一覧