イチオシ!

恋愛対象の人に対しての曲はすべて漢字の<貴方>にしています。

「僕は君が好き」

「私は貴方が好き」

「俺はお前が好き」

「僕はあなたが好き」

「わたしはあなたが好き」


 英語にすれば「I LOVE YOU」で済むのに、日本語だといくつもパターンが思い浮かぶこの言葉。ただ「I」と「YOU」の表記を変えるだけでも、だいぶ印象が違いますよね。たとえば「僕は君が好き」と綴ると、中性的であり、男性目線でも女性目線でも捉えやすい気がします。また、相手の表記が「あなた」になると年上の方や両親を対象にしても違和感がありません。さらに「貴方」だと、より“敬意”が含まれるのではないでしょうか。

 「わたしはあなたが好き」なら、どこか柔らかい印象。「俺はお前が好き」なら、主人公の男らしさが強調される。このように、表記ひとつで伝わるものが変わってくるからこそ、アーティストたちは“歌詞”を書く際、人称にもこだわりを持つのです。さて、今日のうたコラムでは【前編】【中編】【後編】に分け、過去のインタビューをもとに『人称にまつわるこだわり』の回答をご紹介いたします!今回は【後編】をお届け…!

<大塚愛>
みなさんに「さくらんぼ」を歌っていただくとき、こんなにひらがなでちゃんと<あたし>と表記しているのに“わたしさくらんぼ~♪”と歌う方が本当に多いんです!でも<わたし>と<あたし>ではまったく違うんですよ。

<わたし>って、もうちょっと年齢が高いというか、地に足がついているイメージなんですね。ちゃんとしているんですよ。一方で「さくらんぼ」は爆進力が大切なので、若いエネルギッシュな強さがある<あたし>じゃないと絶対にダメなんです!<わたし>じゃダメなんです!ここ、見出しに書いておいてください(笑)。


<米津玄師>
(女性目線の楽曲について) ただひたすら「あたし」って歌いたいと思う瞬間があって。コードやメロディーを作っている段階で「あ、これは女の子の曲だな」と思って、必然的に女性目線の歌詞になっていきます。

イラストでも、単純に女の子のほうが描いていて楽しいんですよね(笑)。やっぱり美しいなぁと思うし。だからそういう自分にないものを補完するために、女の子の目線で歌ったりするのかもしれないですね。


<GLIM SPANKY・松尾レミ>
私は、歌の主人公の性別をすごく考えるんですけど、どちらでも捉えられる<僕>っていう言葉をよく使うようにしています。まぁ男の子が使うものだけれど、女の子が使っても違和感がないし、中性的なので。そういう表現をしたいなと思っています。逆に<俺>とかは使ったことない。自分のものにできないので。そういう言葉は使わないですね。


<スキマスイッチ・常田真太郎>
(楽曲「未来花(ミライカ)」はスキマスイッチには珍しい<あなた>という表記を使っている) まさにそう気づいてほしかったというか、聴いたひとに「どうして<あなた>なんだろうって考えてほしいという想いを込めたところがあります。あとやっぱり<君>よりも<あなた>のほうが、いろんな対象のひとに当てはまるので、広く取ってもらえるかなという話もしました。自分にとっての<あなた>が誰に当てはまるかなって思い浮かべてほしいんですよね。


<スキマスイッチ・大橋卓弥>
歌詞の人称に関しては、女性ボーカルが羨ましいなぁって思うことのひとつなんですよ。女性の方は<僕>って歌っても<君>って歌っても、響きが良い気がするんですよ。だけど男性ボーカルが自分のことを<私>っていうのは難しいなって。それと同じでやっぱり<あなた>も普段とは違う想いが乗っからないとなかなか歌えない。歌い手としてすごく意識します。

だからこそ僕が<あなた>って言葉を歌っているところに、気づいてもらえたら、心に引っかかってもらえたら、曲としてすごく正解だったなと思いますね。たとえば、女性が男性に急に「お前さぁ」って言われたときにドキッ!とするような感覚というか(笑)。それはなんか歌にも通じるんじゃないかなぁと思って。そういうところはポエムとはまた違う、音楽の面白いところだなぁと感じますね。


<阿部真央>
私は好きになった人をかなり敬っちゃうので、今でも恋愛対象の人に対しての曲はすべて漢字の<貴方>にしています。あと、たとえば「まだ僕は生きてる」では<貴女>と“女性”を意味する表記にしているんですね。それは私の母親のことなんです。さらにこの曲にはひらがなの<あなた>も出てきて、それはファンの方たち。

そういう、誰に向かって歌っているかの住み分けは、自分のなかでこだわっていて。なんか私は…貴方、貴女、あなた、ずっと特定の誰かに向けて歌ってきたんですよね。だからあまり「私が!私が!」っていう内容の歌詞はないかもしれない。他にも<YOU>とか<あいつ>とか<あんた>とか<お前>とか、相手を呼ぶ言葉が非常に多い気がします。


 今、聴いている曲は<私>なのか<わたし>なのか<あたし>なのか。<あなた>なのか<貴方>なのか<貴女>なのか<貴男>なのか。それは歌詞を文字で読んでこそわかるお楽しみです。是非、いろんな人称にも注目しながら、また、深読みしなら、その歌をご堪能ください。聴くだけでは気づけなかった、新たな発見があるかもしれません…!

【前編はこちら!
【中編はこちら!
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
イチオシ! 関連トピックス