イチオシ!

菜奈ちゃんが生きていたら…翔太くんとどんな冬を過ごしたかなあ。

 今日のうたコラムでは、作詞家・作家の“高橋久美子”さんによるスペシャル歌詞エッセイを3週に渡ってお届けいたします。今回はその第1弾です。これまで、作家としての活動と並行して、大原櫻子、コアラモード.、私立恵比寿中学、ももいろクローバーZ、足立佳奈など、数々のアーティストに歌詞を提供してきた彼女。
 
 2019年10月16日に“原田知世”がリリースしたバラード・セレクション・アルバム『Candle Lights』に収録される新曲「冬のこもりうた」の作詞も担当しております。尚、同アルバム収録の「銀河絵日記」と「2月の雲」も高橋久美子の作詞楽曲。そんな彼女が第1弾歌詞エッセイで綴ってくださったのは、新曲「冬のこもりうた」にまつわる“原田知世さんと菜奈ちゃん”のお話…。是非、最後までじっくりとご堪能くださいませ。

【歌詞エッセイ第1弾:原田知世さんと菜奈ちゃん】

 朝、パジャマのまま夢の続きを書くことがある。電車の中でふとあの子と似た人を見つけて物語ができることもある。洗濯物の取れたボタンを見て思いつくこともある。美しい景色を見て…というのはあまりないかもなあ。不思議だけど、書く必要のない完璧なものだからかもしれない。何気ない生活の中で、道行く人達が気づいてないだろう細やかな発見をしたとき私はメモをとる。同じ道を何百回歩いても何を見ているかは人によって違う。傍にあるものほど見えなかったりするし、映画を見た後にいつもの部屋に帰ると全く違う風に見えたりもする。じっと机に座っていても何も出てこない。締切が迫っても出てこない。町を歩き人々の営みを見つめる。家事をしながら、お風呂に入りながら、本を読みながらふとした気づきにニヤリとする。依頼をいただいてから作るので、もちろん歌い手を思い浮かべて書くけれど、どうしたって心にないことは書けない。

 原田知世さんの新しいアルバム『Candle Lights』が10月16日に発表された。冬の美しい寒さの中にCandleが灯り、静かに包みこんでくれるバラードセレクションアルバムだ。この中に収録された新曲「冬のこもりうた」と前作『L'Hetre Bleue』に収録され、今回リ・ワークされた「銀河絵日記」「2月の雲」の三曲の歌詞を担当している。作曲・プロデュースの伊藤ゴローさんが歌詞を先にどうぞと言ってくださるので、いつも詩を先に紡がせてもらう。実は私は詩先の方がちょっぴり得意で、そう言ってくださると胸が躍る。もちろん曲先には曲先の良さがあるけれど、書きたいことを羽をうーんと伸ばして書けるのはやっぱり楽しい。ありがたい。

 今作のボーカル録りは、原田さんが主演の“菜奈ちゃん”を務めたドラマ『あなたの番です』の最終回の前日行われた。私も半年間ずっと楽しみに見てきていたので「犯人は誰なんでしょうねえ」「それは明日のお楽しみですよ」なんて話しながら、原田さんと菜奈ちゃんを一緒に見ているような不思議な感覚があった。作詞していた8月頃はまさに『あな番』一色。亡くなった菜奈ちゃんと血眼で犯人を探す夫、翔太くんが少なからずこの歌詞にも投影されているだろうと思う。原田さんは原田さんであり、菜奈ちゃんは菜奈ちゃんなのだからそんな風に書くべきではないと言い聞かせながらも、どうしても拭い去ることができなかった。もし菜奈ちゃんが生きていたら…翔太くんとどんな冬を過ごしたかなあ。

“曇った窓ガラス 指でらくがきした ストーブのそば 子猫はまるまって眠る”

“粉雪 街中を染めて 眠れないね 降り積もるメロディー”


 「冬のこもりうた」なのに眠れないほど楽しい日々を送ったに違いない。

“さようなら また会おう 今頃 好きだよ”


 妻亡きあとに、気づく愛はたくさんあるだろうと思う。天国で続いていく愛も同じく。レコーディング終わりで、原田さんに「実は、菜奈ちゃんと翔太くんを思い浮かべながら書いたんです」とお話した。「それだけドラマに感情移入してくださったということだから、とっても嬉しいです。私も菜奈ちゃんの気持ちがまだ残っているんですよ」という言葉を聞いて何だかほっとした。

 前作「銀河絵日記」の歌録りにお邪魔したとき、原田さんの朗読するような歌がなんて心地いいんだと思った。言葉を私達の心にポンポンと置いていく。自然で、佇まいにフィットした歌い方だと感じた。きっと敢えて余白を残していて、だからこそ聞き手は様々なイメージを描く。

 歌録りも中盤の出来事だった。プロデューサーの伊藤さんが「やっぱり、こういうメロの方がいいかもなあ」と新たなAメロをキーボードで弾きはじめた。ええ!今から! 内心びっくりの私だが、原田さんは「そうですね。今の良かったんじゃないですか」と真摯に向き合う。歌録りは一時中断。「それじゃあ、ここの言葉はこう入れた方が面白いですね」と私も参加しながら、歌とメロディーと言葉が、その場の化学反応を起こす。すごいライブ感! バンドで曲のアレンジを考えている時みたいなドキドキワクワクする時間だった。デビュー35年を超えても、今にもたれかかることなく制作に没頭するお二人の姿に痺れたのだった。

 原田さんの透明感、可愛らしさ。その奥にある凛とした姿、逞しさ。そこに菜奈ちゃんと翔太くんの物語ものせて、冬の日々を彩ってくれる静かで美しい曲は完成したのだ。次回も引き続き、原田さん他、担当した歌詞の制作秘話を書いていきます!お楽しみに。

<高橋久美子>

◆紹介曲「冬のこもりうた
作詞:高橋久美子
作曲:伊藤ゴロー

◆原田知世バラード・セレクション・アルバム
『Candle Lights』
2019年10月16日発売
UCCJ-2171 3,000(+tax)

<収録曲>
1. Love Me Tender - Haruomi Hosono Rework
2. 冬のこもりうた (新曲)
3. ソバカス
4. 2月の雲 - Hiroshi Takano Rework
5. 夏に恋する女たち
6. イフ・ユー・ウェント・アウェイ
7. ハーモニー
8. 銀河絵日記 - Goro Ito Rework
9. いちょう並木のセレナーデ
10. ベイビー・アイム・ア・フール
11. SWEET MEMORIES
12. 夢のゆりかご
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
イチオシ! 関連トピックス