Hilcrhyme

最後に言わせて幸せだったと。

君はいた確かにここに
愛してくれた 誰より深く
誓いの指輪も神の契りも
この手にはないけど
君はいた確かにここに
愛してくれた 誰より深く
最後に言わせて幸せだったと
「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」/Hilcrhyme


 2019年8月28日に“Hilcrhyme”がニューシングル『事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)』をリリースしました。昨年よりMC・TOCによるソロプロジェクトとして、スタートを切った新生“Hilcrhyme”初のシングルの表題曲は、初めて女性アーティストをフィーチャリングに迎え、ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』主題歌として書き下ろされた楽曲です。
 
 このドラマの主人公は“事実婚”ながら愛する夫(平山浩行)と幸せな日々を送っていたシングルマザー。しかしある日、夫が何者かにより殺害。すると、自分以外にも「私も妻だ」と名乗る女性が…。彼は20代(岡本玲)・30代(小池栄子)・40代(りょう)、3人のシングルマザーと同時に事実婚をしていたことが判明したのです。そして遺言や嘘を巡り、騙し合い励まし合い、幸せのため突き進んでいく、残された3人の女性たち…。

貴方の全てを愛したわ
まるで子供のように無邪気に笑う
その笑顔にどれだけ救われた
消えない過去の傷ごと包まれた

日々は続く 幸せな
君の隣 でもこの幸せが怖い
愛に溺れ自分 見失った
何も言わず 君はいなくなった

待ち侘びたわ あなたからの連絡
あれ私なにかした?って詮索
一人にしないで 寂しい嫌だよ
思い出だけ残さないで
「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」/Hilcrhyme

 そんな“残された側”の気持ちを代弁するかのように描かれているのが、主題歌「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」です。よく歌詞を読んでみると、相手の表記が<貴方>、<君>、<あなた>と3パターンありますよね。これは、ドラマに登場する女性3人それぞれの想いではないでしょうか。つまり1曲に3人の<私>の本音が詰まっているということ。

 まず描かれるのは、1人目の<私>の心模様。楽しかった記憶にすがり、ただ<子供のように無邪気に笑う>姿を浮かべ、自分が<どれだけ救われた>か、噛みしめる想い。さらに“あの笑顔”ではなくて<その笑顔>と綴っていることから、記憶はまだ遠い過去じゃなく、まるで今、目の前に存在するかのように感じられるものだと伝わってきます。
 
 2人目の<私>は<いなくなった>という現実を、呆然と見つめているような印象です。一緒にいるときから<この幸せが怖い>と感じていた<私>は、心のどこかでこんな日が来ることを予感していたのかもしれませんね。3人目の<私>は、必死で現実を拒み、原因を考えている模様。でも押し寄せる<一人にしないで 寂しい嫌だよ 思い出だけ残さないで>という不安や孤独や悲しみに、今にも押しつぶされてしまいそう…。

君はいた確かにここに
愛してくれた 誰より深く
誓いの指輪も神の契りも
この手にはないけど
君はいた確かにここに
愛してくれた 誰より深く
最後に言わせて幸せだったと
「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」/Hilcrhyme

 しかし、Hilcrhymeと仲宗根泉の声が重なるサビでは、3人の<私>の想いがひとつに重なっているように思えます。大切なひとが突然いなくなって、抱く感情はそれぞれ。それでも、確かにここに<君はいた>こと。自分を<愛してくれた>こと。そして何より<幸せだった>ということ。それらはきっと、どの<私>にも共通しているのです。

じゃあまたね 愛した貴方
今はもう違う場所にいるけど
私は進むわ

君はいた確かにここに
愛してくれた 誰より深く
誓いの指輪も神の契りも
この手にはないけど
君はいた確かにここに
愛してくれた 誰より深く
最後に言わせて幸せだったと

それだけは消えない確かなモノ
「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」/Hilcrhyme

 尚、HilcrhymeのTOCはこの曲について「別れを経てもネガティブにならず、それを糧とし、前に強く進む女性像を描きました」とコメントをしておりました。その“前に強く進む女性像”が、歌が進むにつれ、どんどん色濃くなってゆくのが、この「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」なのです。

 みなさんも、大切なひとが突然、いなくなってしまったことってありませんか? SNSを急にブロックされたり、着信拒否されたり、婚約破棄されたり、亡くなってしまったり…。その現実はどうしようもなく苦しいですよね。でも、今まで過ごした時間や、もらった愛はなかったことにはなりません。<それだけは消えない確かなモノ>だから。いつかはあたたかい思い出を胸に<私は進むわ>と言える日が、あなたにも訪れますように…!

◆紹介曲「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)
作詞:TOC
作曲:TOC・Singo Kubota (Jazzin'park)

◆New Single「事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)」
2019年8月28日発売
初回限定盤 POCE-12125 ¥1944(税込)
通常盤 POCE-12126 ¥1200(税込)

<収録曲>
1.事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)
2.二人の女
3.事実愛 feat. 仲宗根泉(HY)-Original Instrumental-
4.二人の女 -Original Instrumental-
このトピックをシェアする
  • LINEで送る