試聴する

アカネゾラ

この曲の表示回数 4,060
歌手:

タオルズ


作詞:

西田遼二


作曲:

西田遼二


秋と冬の季節の隙間ほんの少し見えた色
もう風が冷たいねって君は首をすくめる

明日も君が笑えるように君が君らしく居れるように
いつか泣きたくなったとき、僕がいつも笑わせてあげるから

黄色い木の葉が舞い落ちる秋色に染まる並木道
君と手を繋ぎ駆け抜ける四時半の茜空

秋の風と君の匂いが重なって心くすぐって
今日はきれいな三日月ねって、空を見上げる君を見てる

君のためにできること、大した事はできないけれど
いつか寂しくなったとき、僕がいつもそばにいてあげるから

君を抱きしめるそれだけで全ての不安は消え失せる
このまま君といれるのなら他に何も望まないよ

骨まで寒さが染み渡るもうすぐそんな季節になる
君を包み込む風になる、君を照らしだす太陽になる
そして二人で走り抜ける四時半の茜空…君と見たアカネゾラ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アカネゾラ 歌手:タオルズ

タオルズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-02
商品番号:COCP-32915
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP