山吹色の木の下で

タオルズ

山吹色の木の下で

作詞:西田遼二
作曲:西田遼二
発売日:2005/10/26
この曲の表示回数:4,561回

山吹色の木の下で
鮮やかな季節は遠ざかって 色褪せた風とすれ違って
沈む朱色 昇る黄色 君と歩いた夕暮れの町

長い髪が風に流されて 君はちょっぴり照れくさそうに
深い黒の 向こう側で 楽しそうに微笑んで見えた

枯れた声 笑い顔 いつも隣にいてほしかった
小さな手 細い指 離れていくようで怖かった

改札の前 僕は手を振る 君の姿が 見えなくなるまで
忘れたい 忘れられない 君のこと

次第に町は生まれ変わって 君の欠片が消えちゃいそうで
澄んだ青も 浮かぶ白も なおさら僕を切なくさせて

何もない 毎日も 君と居る時間が好きでした
もう一度 僕を見て 山吹色に染まる木の下で

君を思い出す 景色が滲む 君の涙は もう乾きましたか?
変わりたい 変われない 僕はまだ

交差点の脇の 赤い自販機で どれにしようか迷ってる
そういえば もうすぐ 君がミルクティーを買う季節がやってくる

君を思い出す 景色が滲む セピア色した あの頃のように
戻りたい 戻りたい 僕はまだ

君を思い出す 睫毛を濡らす 君を呼び止めて 抱きしめりゃよかった
忘れたい 忘れられない 君のこと 帰りたい 帰れない あの季節

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません